HOME 学生長距離

2023.12.06

【Playback箱根駅伝】第11回/早大が4区でブレーキも山下りで逆転! 前年の優勝記録を10分近くも更新
【Playback箱根駅伝】第11回/早大が4区でブレーキも山下りで逆転! 前年の優勝記録を10分近くも更新

第11回箱根駅伝・6区で慶大を逆転した早大の鈴木憲雄

2024年に箱根駅伝は第100回大会を迎える。記念すべき100回に向けて、これまでの歴史を改めて振り返る『Playback箱根駅伝』を企画。第1回大会から第99回大会まで、大会の様子を刻んでいく。(所属などは当時のもの)

第11回(1930年/昭和5年)
慶大が往路初優勝 9区でアクシデントの日大は最下位フィニッシュ

前回と同じく9校が出場。第1回大会の優勝校の東京高師は、この大会から東京文理科大に校名変更した。

広告の下にコンテンツが続きます

レース序盤は早大が主導権を握る。1区の小山勝太が区間新記録の走りで先行すると、2区の吉田芳春、3区の小原孝一も区間2位と好走して首位をキープした。

4区では3分20秒差の3位でスタートした日大の渡辺信男が前を行く早大と慶大を交わして首位に浮上。25秒差で慶大が続き、区間7位と苦戦した早大は38秒差の3位に転落した。

5区では慶大の渡辺弥太郎が日大を抜いて先頭を奪う。渡辺は前回区間賞の早大・藤木勲を突き放す区間賞の快走で、慶大が往路初優勝を果たした。2位は早大が48秒差でゴール。48秒差は第40回大会で中大が日大を13秒差で抑えるまで、往路の僅差記録として長い間破られなかった。小田原を首位通過した日大は5区で区間6位と苦戦して8分43秒差の3位に終わった。

復路では6区で早大の鈴木憲雄が2年連続となる区間賞の走りで慶大を逆転。区間8位と苦戦した慶大に2分9秒の差をつけた。

広告の下にコンテンツが続きます

早大はその後も8区の中島幸基が区間賞を獲得するなど盤石の走りでリードを拡大。戸塚の時点で2位の日大と12分35秒の大差がついていた。

9区では先頭の早大を追う日大にアクシデントが起こる。鶴見中継所手前の生麦で早瀬道雄が転倒して走行不能となり、補欠の伊藤祐之が戸塚から再出発するという不運に見舞われた。その結果、日大はこの区間で3時間19分50秒を擁し、最下位転落を余儀なくされた。

最後まで堅実な走りを続けた早大が2位の明大に18分48秒差をつける13時間23分29秒で2年ぶり4回目の優勝。前年に出されたばかりの大会記録(13時間32分50秒)を10分近く更新した。若干のコース変更はあるもの、3年前までは優勝記録が14時間台だっただけに、学生ランナーの競技力向上が著しく進んでいた。また、往路優勝の慶大は復路7位と苦戦して中大に次ぐ4位に終わった。

参考文献:箱根駅伝90回記念誌(関東学生連盟)

広告の下にコンテンツが続きます
2024年に箱根駅伝は第100回大会を迎える。記念すべき100回に向けて、これまでの歴史を改めて振り返る『Playback箱根駅伝』を企画。第1回大会から第99回大会まで、大会の様子を刻んでいく。(所属などは当時のもの)

第11回(1930年/昭和5年) 慶大が往路初優勝 9区でアクシデントの日大は最下位フィニッシュ

前回と同じく9校が出場。第1回大会の優勝校の東京高師は、この大会から東京文理科大に校名変更した。 レース序盤は早大が主導権を握る。1区の小山勝太が区間新記録の走りで先行すると、2区の吉田芳春、3区の小原孝一も区間2位と好走して首位をキープした。 4区では3分20秒差の3位でスタートした日大の渡辺信男が前を行く早大と慶大を交わして首位に浮上。25秒差で慶大が続き、区間7位と苦戦した早大は38秒差の3位に転落した。 5区では慶大の渡辺弥太郎が日大を抜いて先頭を奪う。渡辺は前回区間賞の早大・藤木勲を突き放す区間賞の快走で、慶大が往路初優勝を果たした。2位は早大が48秒差でゴール。48秒差は第40回大会で中大が日大を13秒差で抑えるまで、往路の僅差記録として長い間破られなかった。小田原を首位通過した日大は5区で区間6位と苦戦して8分43秒差の3位に終わった。 復路では6区で早大の鈴木憲雄が2年連続となる区間賞の走りで慶大を逆転。区間8位と苦戦した慶大に2分9秒の差をつけた。 早大はその後も8区の中島幸基が区間賞を獲得するなど盤石の走りでリードを拡大。戸塚の時点で2位の日大と12分35秒の大差がついていた。 9区では先頭の早大を追う日大にアクシデントが起こる。鶴見中継所手前の生麦で早瀬道雄が転倒して走行不能となり、補欠の伊藤祐之が戸塚から再出発するという不運に見舞われた。その結果、日大はこの区間で3時間19分50秒を擁し、最下位転落を余儀なくされた。 最後まで堅実な走りを続けた早大が2位の明大に18分48秒差をつける13時間23分29秒で2年ぶり4回目の優勝。前年に出されたばかりの大会記録(13時間32分50秒)を10分近く更新した。若干のコース変更はあるもの、3年前までは優勝記録が14時間台だっただけに、学生ランナーの競技力向上が著しく進んでいた。また、往路優勝の慶大は復路7位と苦戦して中大に次ぐ4位に終わった。 参考文献:箱根駅伝90回記念誌(関東学生連盟)

第11回箱根駅伝総合成績をチェック

●総合成績 1位 早大  13時間23分29秒 2位 明大  13時間42分17秒 3位 中大  13時間46分53秒 4位 慶大  13時間52分42秒 5位 法大  13時間56分20秒 6位 東京文理科大 14時間02分08秒 7位 日本歯科医専 14時間22分52秒 8位 東農大 14時間28分42秒 9位 日大  15時間39分22秒 ●区間賞 1区 小山勝太(早大)  1時間16分32秒 2区 岩本哲一郎(慶大) 1時間14分42秒 3区 北本正路(慶大)  1時間15分42秒 4区 小島道雄(明大)  1時間11分06秒 5区 渡辺弥太郎(慶大) 1時間42分28秒 6区 鈴木憲雄(早大)  1時間27分48秒 7区 権泰夏(明大)   1時間15分32秒 8区 中島幸基(早大)  1時間17分48秒 9区 引田二郎(法大)  1時間12分24秒 10区 浜田耕作(明大)  1時間17分18秒

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

女王・北口榛花が渡欧前に弾みの逆転V!「余力が残っている状態で勝てた」パリに向かって“チーム一丸”/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

2024.05.20

遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子5000mはイマニエル・マル(トヨタ紡織)が13分18秒94で優勝 […]

NEWS 400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

2024.05.20

400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われた。 広告の下にコンテンツが続きます 男子400mハードルで好記録が誕生 […]

NEWS 400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

2024.05.20

400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

◇第66回東日本実業団選手権(5月18日~19日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場) 5月20日、東日本実業団選手権の最終日が行われ、男子400mハードルは山本竜大(SEKI A.C.)が49秒96で優勝を飾った。 […]

NEWS 【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

2024.05.20

【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

国立競技場で開催されたセイコーゴールデングランプリ(5月19日)の男子100mは、昨年のブダペスト世界陸上代表のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)がそろい踏みしたなか、栁 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top