HOME 駅伝

2023.12.03

順大・浅井皓貴が日本学生最高の46分05秒で優勝! 国際の部は上武大のパトリックがV /甲佐10マイルロード
順大・浅井皓貴が日本学生最高の46分05秒で優勝! 国際の部は上武大のパトリックがV /甲佐10マイルロード

23年全日本大学駅伝で8区に出場した浅井皓貴

12月3日、熊本県甲佐町で第48回熊本甲佐10マイルロードレースが行われ、一般の部は大学3年生の浅井皓貴(順大)が46分05秒の日本人学生最高タイムで優勝した。

同時スタートの国際の部に出場したカマウ・パトリック(上武大)やメヤン・クレオファス(三菱重工)といったケニア人ランナーがレースを引っ張るなか、浅井は古賀淳紫(安川電機)や牧瀬圭斗(トヨタ自動車九州)らとともに先頭集団を形成。

広告の下にコンテンツが続きます

10km過ぎに仕掛けたクレオファスのスパートには引き離されたものの、12km付近からは古賀と激しい一騎打ちに。最後まで抜きつ抜かれつの鍔迫り合いが続いたが、残り200mからのスプリント勝負を制した浅井がトップでフィニッシュした。

浅井は愛知・豊川高出身。高校時代には全国高校駅伝で3区22位の実績を持つ。23年箱根駅伝では7区区間3位と好走。トラックでは関東インカレ1部10000m4位と成長を遂げ、出雲、全日本とも区間6位とチームの主力として活躍を続ける。

優勝タイムは18年のこの大会で塩尻和也(現・富士通)がマークした日本人学生最高記録(46分06秒)を1秒上回るもの。MGCにも出場した実力者の古賀を抑えての優勝に、箱根駅伝に向けての弾みとなった。

古賀が3秒差の46分08秒で2位、牧瀬が46分19秒で3位。学生では野沢悠真(創価大2)が47分06秒で22位、吉岡大翔(順大1)が47分07秒で23位でフィニッシュしている。

広告の下にコンテンツが続きます

国際の部はパトリックが45分46秒で制し、1秒差でクレオファスが続いた。

12月3日、熊本県甲佐町で第48回熊本甲佐10マイルロードレースが行われ、一般の部は大学3年生の浅井皓貴(順大)が46分05秒の日本人学生最高タイムで優勝した。 同時スタートの国際の部に出場したカマウ・パトリック(上武大)やメヤン・クレオファス(三菱重工)といったケニア人ランナーがレースを引っ張るなか、浅井は古賀淳紫(安川電機)や牧瀬圭斗(トヨタ自動車九州)らとともに先頭集団を形成。 10km過ぎに仕掛けたクレオファスのスパートには引き離されたものの、12km付近からは古賀と激しい一騎打ちに。最後まで抜きつ抜かれつの鍔迫り合いが続いたが、残り200mからのスプリント勝負を制した浅井がトップでフィニッシュした。 浅井は愛知・豊川高出身。高校時代には全国高校駅伝で3区22位の実績を持つ。23年箱根駅伝では7区区間3位と好走。トラックでは関東インカレ1部10000m4位と成長を遂げ、出雲、全日本とも区間6位とチームの主力として活躍を続ける。 優勝タイムは18年のこの大会で塩尻和也(現・富士通)がマークした日本人学生最高記録(46分06秒)を1秒上回るもの。MGCにも出場した実力者の古賀を抑えての優勝に、箱根駅伝に向けての弾みとなった。 古賀が3秒差の46分08秒で2位、牧瀬が46分19秒で3位。学生では野沢悠真(創価大2)が47分06秒で22位、吉岡大翔(順大1)が47分07秒で23位でフィニッシュしている。 国際の部はパトリックが45分46秒で制し、1秒差でクレオファスが続いた。

第48回熊本甲佐10マイルロード上位成績

一般の部 1位 浅井皓貴(順大)      46分05秒 2位 古賀淳紫(安川電機)    46分08秒 3位 牧瀬圭斗(トヨタ自動車九州)46分19秒 4位 住田優範(愛知製鋼)    46分21秒 5位 山野力(九電工)      46分29秒 6位 右田綺羅(トヨタ自動車九州)46分33秒 7位 中村信一郎(九電工)    46分34秒 8位 漆畑瑠人(安川電機)    46分40秒 9位 鈴木大貴(YKK)       46分41秒 10位 長田駿佑(SUBARU)     46分43秒 11位 齋藤椋(旭化成)      46分47秒 12位 橋本龍一(プレス工業)   46分48秒 13位 細森大輔(YKK)       46分52秒 14位 村山謙太(旭化成)     46分56秒 15位 坂本佳太(愛知製鋼)    46分58秒 16位 西研人(大阪ガス)     47分00秒 17位 河野琉威(トヨタ自動車九州)47分01秒 18位 志水佑守(トヨタ自動車九州)47分01秒 19位 設楽悠太(西鉄)      47分02秒 20位 緒方貴典(トヨタ自動車九州)47分03秒 21位 大津顕杜(サンベルクス)  47分04秒 22位 野沢悠真(創価大)     47分06秒 23位 吉岡大翔(順大)      47分07秒 24位 野中恒亨(國學院大)    47分08秒 25位 市山翼(サンベルクス)   47分10秒 26位 伊東大暉(西鉄)      47分11秒 27位 木下拓斗(NTN)       47分12秒 28位 加藤大誠(旭化成)     47分16秒 29位 延藤潤(マツダ)      47分18秒 30位 大畑和真(安川電機)    47分22秒

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

パリ五輪マラソン代表3枠目は誰の手に!?最後の大一番・東京マラソンに鈴木健吾、服部勇馬、山下一貴らが挑む

アボット・ワールドマラソンメジャーズの一つ、東京マラソン2024が3月3日に行われる。 JMCシリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジの男子ラストレース。つまり、こ […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

2024.02.29

【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

学生長距離Close-upインタビュー 伊福陽太 Ifuku Yota 早稲田大学3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。36回目は、早大の伊福 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

2024.02.29

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

NEWS マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

NEWS 第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top