月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【海外】IAAF前会長ディアク氏に禁固4年の有罪判決


贈収賄などの罪に問われている国際陸連(IAAF、現世界陸連=WA)の前会長であるディアク被告に対し、フランスの裁判所は禁固4年(うち執行猶予2年)の有罪判決を言い渡した。また、罰金50万ユーロ(約6280万円)も科された。ディアク氏は立場を利用し、ロシア選手のドーピング隠蔽に関わり、金銭を獲得したとして汚職、マネーロンダリングなどで起訴されていた。また、ディアク氏の息子、パパ・マッサタ・ディアク被告も同様の罪に問われ、禁固5年、罰金100万ユーロ(約1億2500万円)を科された。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com