HOME 駅伝

2023.11.26

JP日本郵政グループが2位!鈴木亜由子「みんなが頑張ったお陰」/クイーンズ駅伝
JP日本郵政グループが2位!鈴木亜由子「みんなが頑張ったお陰」/クイーンズ駅伝

23年クイーンズ駅伝2位のJP日本郵政グループ。鈴木亜由子から和田有菜への中継

◇第43回全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝:11月26日/宮城・松島町文化観光交流館前~弘進ゴムアスリートパーク仙台、6区間42.195km)

実業団女子駅伝日本一を決めるクイーンズ駅伝が行われ、積水化学が2時間13分33秒で2年ぶり2度目の頂点に立った。2位に入ったのはJP日本郵政グループ。1分28秒差の2時間14分58秒ながら、前回3位から1つ順位を上げた。

広告の下にコンテンツが続きます

16年、19年、20年と3度の優勝を誇るJP日本郵政グループ。1区の菅田雅香は区間12位とまずまずのスタートを切ると、拓大卒のルーキー・牛佳慧が6人抜きの走りを見せる。

タスキを受けたのがエースの廣中璃梨佳。春先はケガに泣きながら、ブダペスト世界選手権10000m7位と魂の復活劇を見せていた廣中は、「前半は攻めつつ、後半が大事だと思っていた」と、5km付近で資生堂を捕らえると、7.5kmで積水化学の佐藤早也伽に追いついた。「なかなか伸びのある走りができなかった。練習の成果が思う存分発揮できたかというと悔しい」と振り返るように、最後はさすがに突っ込んだ分で離されたが、10.6kmを33分04秒で走破。区間賞で2位中継した。

4区の小坂井智絵はやや苦しい走りも3位をキープ。5区に入った鈴木亜由子はマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)以来のレースで、「もう少し頑張りたかった」と区間6位にとどまり1つ順位を落とすも、和田有菜が復活を示す区間4位で2人を抜いてフィニッシュした。

鈴木は「みんなが頑張ったお陰で2位。今のベストの結果で、昨年を越えられて良かったです」とホッと一息をついた。髙橋昌彦監督は「前回を上回るの狙った通りの結果。3区でトップに出て、その貯金をどう守るかでした。トップに立てなかったので、積水化学が一枚も二枚も上手でした」と脱帽した。

広告の下にコンテンツが続きます

【大会結果】全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝/2023年11月26日)をチェック!

◇第43回全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝:11月26日/宮城・松島町文化観光交流館前~弘進ゴムアスリートパーク仙台、6区間42.195km) 実業団女子駅伝日本一を決めるクイーンズ駅伝が行われ、積水化学が2時間13分33秒で2年ぶり2度目の頂点に立った。2位に入ったのはJP日本郵政グループ。1分28秒差の2時間14分58秒ながら、前回3位から1つ順位を上げた。 16年、19年、20年と3度の優勝を誇るJP日本郵政グループ。1区の菅田雅香は区間12位とまずまずのスタートを切ると、拓大卒のルーキー・牛佳慧が6人抜きの走りを見せる。 タスキを受けたのがエースの廣中璃梨佳。春先はケガに泣きながら、ブダペスト世界選手権10000m7位と魂の復活劇を見せていた廣中は、「前半は攻めつつ、後半が大事だと思っていた」と、5km付近で資生堂を捕らえると、7.5kmで積水化学の佐藤早也伽に追いついた。「なかなか伸びのある走りができなかった。練習の成果が思う存分発揮できたかというと悔しい」と振り返るように、最後はさすがに突っ込んだ分で離されたが、10.6kmを33分04秒で走破。区間賞で2位中継した。 4区の小坂井智絵はやや苦しい走りも3位をキープ。5区に入った鈴木亜由子はマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)以来のレースで、「もう少し頑張りたかった」と区間6位にとどまり1つ順位を落とすも、和田有菜が復活を示す区間4位で2人を抜いてフィニッシュした。 鈴木は「みんなが頑張ったお陰で2位。今のベストの結果で、昨年を越えられて良かったです」とホッと一息をついた。髙橋昌彦監督は「前回を上回るの狙った通りの結果。3区でトップに出て、その貯金をどう守るかでした。トップに立てなかったので、積水化学が一枚も二枚も上手でした」と脱帽した。 【大会結果】全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝/2023年11月26日)をチェック!

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.26

駒大・唐澤拓海が小森コーポレーションへ!チームが入寮報告 一線退く決意も一転、27分台ランナーが実業団へ

小森コーポレーションは2024年度から駒大の唐澤拓海が入社すると発表した。チームのSNSで2月26日に入寮した様子が公開されている。 唐澤は埼玉・花咲徳栄高出身。大学2年時の関東インカレ(2部)で5000mと10000m […]

NEWS EKIDEN GRAPHIC 2023-2024

2024.02.26

EKIDEN GRAPHIC 2023-2024

EKIDEN GRAPHIC 2023-2024の内容 多彩なグラフィックで学生駅伝を刻む「EKIDEN GRAPHIC」2023-2024シーズン編! 広告の下にコンテンツが続きます 出雲駅伝、全日本大学駅伝、そして第 […]

NEWS 中大・風間歩佳、益田東高・石田萌笑が4月から資生堂に入社 「感謝の気持ちを忘れず日々努力」

2024.02.26

中大・風間歩佳、益田東高・石田萌笑が4月から資生堂に入社 「感謝の気持ちを忘れず日々努力」

2月26日、資生堂は風間歩佳(中大)と石田萌笑(益田東高・島根)が今年4月1日付で入社することを発表した。 千葉県出身の風間は、船橋旭中時代から全中1500mで2年連続全国入賞するなど活躍。3年のジュニア五輪では3000 […]

NEWS グラスゴー世界室内 100mH日本記録保持者・福部真子が出場辞退 60mHで代表、追加招集はナシ

2024.02.26

グラスゴー世界室内 100mH日本記録保持者・福部真子が出場辞退 60mHで代表、追加招集はナシ

日本陸連は3月1日から3日まで英国・グラスゴーで行われる世界室内選手権の日本代表について、女子60mハードルで代表に選ばれていた福部真子(日本建設工業)が出場を辞退したと発表した。コンディション不良のためとしている。これ […]

NEWS 女子はアメバウが圧勝でツアー4勝目 男子はディクメナヨが最終戦を飾る/WAクロカンツアー

2024.02.26

女子はアメバウが圧勝でツアー4勝目 男子はディクメナヨが最終戦を飾る/WAクロカンツアー

2月25日、世界陸連(WA)クロスカントリーツアー・ゴールドの第47回アーモンド・ブロッサム国際クロカンがポルトガル・アルブフェイラが男女いずれも9.13kmのコースで行われ、男子はT.ディクメナヨ(スペイン)が27分1 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top