月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【TF】全日本実業団9月18日に開幕 飯塚、澤野らトップ選手が出場


9月18日から3日間の日程で、全日本実業団対抗陸上が埼玉・熊谷で開催される。

男子100m、200mにはリオ五輪4×100mリレー銀メダリストの飯塚翔太(ミズノ)らが出場予定。また、山縣亮太(セイコー)も100mにエントリーしている。なお、100m、200mの2種目出場を予定していた小池祐貴(住友電工)は欠場が判明している。

男子110mハードルには、日本記録保持者の高山峻野(ゼンリン)や今季好調の金井大旺(ミズノ)、石川周平(富士通)らがエントリー。同5000m競歩には、すでに20km競歩で東京五輪代表に決まっている山西利和(愛知製鋼)が出場する。

男子棒高跳にはリオ五輪入賞、昨年ドーハ世界選手権代表の澤野大地(富士通)が出場。澤野は9月16日に誕生日を迎え、40歳に。日本陸上界の“レジェンド”による、40歳初跳躍に注目が集まる。

女子では、青山聖佳(大阪成蹊AC)が200mと400mに出場予定。10000mに新谷仁美(積水化学)、やり投に北口榛花(JAL)と佐藤友佳(ニコニコのり)といった、昨年ドーハ世界選手権代表組がエントリーしている。100mハードルにも、寺田明日香(パソナグループ)、青木益未(七十七銀行)、木村文子(エディオン)といった上位選手がエントリー。

今年で68回目となる大会で、例年秋に行われているが、今年は東京五輪の参加標準記録突破に向けた大会にするため5月15日から17日(長居)で準備が進められてきた。しかし、新型コロナウイルスの影響により五輪延期、全日本実業団も9月へと延期された。

大会の模様は日本実業団陸上競技連合・公式チャンネルでライブ配信される。

■全日本実業団対抗
9月18日~20日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園
大会HP
エントリー一覧



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com