月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【海外】ファン・ニーケアクがケガからの復帰戦45秒58


復帰戦を迎えたファン・ニーケアク
9月15日、スイス・ベリンツォナでカステリ・ガラが開催された。

この大会で、男子400mの世界記録保持者、W.ファン・ニーケアク(南アフリカ)45秒58で優勝した。2017年にラグビーをしている最中に膝を負傷して以来、ケガの問題が長引いており、これが国際試合への復帰。英国AW MAGAZINEの記事によれば、8月上旬にイタリアでのレースを予定していたが、新型コロナウイルスの検査で陽性と報告され、復帰は予定より遅れていた。だが、症状は見られず、後に偽陽性であるされたという。

同大会では、H.ヘイン(ノルウェー)が女子800mで1分58秒10の今季世界最高、ノルウェー記録で優勝している。リザルトはこちらから確認できる。

また、同日、クロアチアのザグレブではコンチネンタル・ツアー・ゴールドが開催され、各国から選手が出場した。男子円盤投では、昨年のドーハ世界選手権の覇者D.スタール(スウェーデン)が68m87の大会記録で優勝。同じくスウェーデンから、女子走幅跳ではK.サグニアが6m92(+0.2)の自己ベストで優勝を果たした。男子砲丸投ではR.クルーザーが22m74の大会記録を出して制している。
リザルトはこちら



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com