月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【七種競技】16歳のイェーガーがU18世界最高の6301点

9月12~13日、ノルウェーのモスで開催された大会で、U18の規格における女子七種競技でH.イェーガー(ノルウェー)が6301点を記録した。この記録はU18の世界最高記録(従来の記録はスペインのM.ヴィセンテが18年に出した6221点)。競技の内訳は13秒21(+2.7)-1m69-13m69-23秒36(+2.1)-6m33(-1.3)-35m71-2分11秒37。イェーガーは2003年生まれの17歳。一般規格の女子七種競技では今年7月に5875点を出している。七種競技のみならず、単独種目の走幅跳(6m33)でもU18今季世界最高、200m(23秒53)、400m(52秒52)もそれぞれU18今季世界2位など(すべて9月15日時点)、世代を牽引。今後の活躍に注目が集まる。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com