HOME ニュース、海外

2020.09.15

【七種競技】16歳のイェーガーがU18世界最高の6301点
【七種競技】16歳のイェーガーがU18世界最高の6301点

9月12~13日、ノルウェーのモスで開催された大会で、U18の規格における女子七種競技でH.イェーガー(ノルウェー)が6301点を記録した。この記録はU18の世界最高記録(従来の記録はスペインのM.ヴィセンテが18年に出した6221点)。競技の内訳は13秒21(+2.7)-1m69-13m69-23秒36(+2.1)-6m33(-1.3)-35m71-2分11秒37。イェーガーは2003年生まれの17歳。一般規格の女子七種競技では今年7月に5875点を出している。七種競技のみならず、単独種目の走幅跳(6m33)でもU18今季世界最高、200m(23秒53)、400m(52秒52)もそれぞれU18今季世界2位など(すべて9月15日時点)、世代を牽引。今後の活躍に注目が集まる。

9月12~13日、ノルウェーのモスで開催された大会で、U18の規格における女子七種競技でH.イェーガー(ノルウェー)が6301点を記録した。この記録はU18の世界最高記録(従来の記録はスペインのM.ヴィセンテが18年に出した6221点)。競技の内訳は13秒21(+2.7)-1m69-13m69-23秒36(+2.1)-6m33(-1.3)-35m71-2分11秒37。イェーガーは2003年生まれの17歳。一般規格の女子七種競技では今年7月に5875点を出している。七種競技のみならず、単独種目の走幅跳(6m33)でもU18今季世界最高、200m(23秒53)、400m(52秒52)もそれぞれU18今季世界2位など(すべて9月15日時点)、世代を牽引。今後の活躍に注目が集まる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.18

パリ五輪女子マラソン補欠・細田あいが10000m日本人トップ!32分18秒02で復帰レース好走/中国実業団

第62回中国実業団選手権(5月11日、18日~19日/広島・三次)の2日目が行われ、女子10000mはムワンギ・レベッカ(ダイソー)が32分00秒69で優勝。日本人トップの2位に続いたのが細田あい(エディオン)で、32分 […]

NEWS 【男子ハンマー投】アツオビン・アンドリュウ(花園高3)67m37=高校歴代7位

2024.05.18

【男子ハンマー投】アツオビン・アンドリュウ(花園高3)67m37=高校歴代7位

南丹春季強化記録会(4月29日/京都・丹波自然公園陸上競技場)高校男子ハンマー投で、アツオビン・アンドリュウ(花園3京都)が高校歴代7位の67m37を放った。 今季は2月から自己記録を更新しているアツオビン。これまでの自 […]

NEWS 橋岡優輝「明日はしっかり跳びたい」村竹「状態良い」佐藤拳「記録は自ずと出る」/セイコーGGP

2024.05.18

橋岡優輝「明日はしっかり跳びたい」村竹「状態良い」佐藤拳「記録は自ずと出る」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリを前日に控えた5月18日、国立競技場で前日会見が開かれ、出場するトップ選手が登壇 […]

NEWS 田中希実「ギラギラした私を見て」日本記録持つ1500mに出場/セイコーGGP

2024.05.18

田中希実「ギラギラした私を見て」日本記録持つ1500mに出場/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリを前日に控えた5月18日、国立競技場で前日会見が開かれ、女子1500mに出場する […]

NEWS やり投・北口榛花「コンディションをチェックできる試合に」渡欧前の弾みつけるか/セイコーGGP

2024.05.18

やり投・北口榛花「コンディションをチェックできる試合に」渡欧前の弾みつけるか/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリを前日に控えた5月18日、国立競技場で前日会見が開かれ、女子やり投の北口榛花(J […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top