HOME 国内

2023.10.16

女子100m壹岐あいこがシーズンベストV 坂井隆一郎や泉谷駿介が50mで小中学生と勝負/住友電工フェスタ
女子100m壹岐あいこがシーズンベストV 坂井隆一郎や泉谷駿介が50mで小中学生と勝負/住友電工フェスタ

住友電工フェスタ100mに出場した壹岐あいこ

日本記録更新に挑戦する「第12回日本記録挑戦会兼住友電工杯」が10月15日、住友総合グランド(兵庫県伊丹市)で行われた。

この大会は100m、5000mなどのほか、60mや300mといった日本選手権等では実施されない特殊な種目で日本記録に挑戦し、更新することで陸上競技を盛り上げようという趣旨で始まった。

広告の下にコンテンツが続きます

2017年には男子200mハードルで渡部佳朗(城西大=当時)が22秒54のアジア最高記録&日本最高記録を樹立したこともある。

今大会では、女子100mは11秒67(-1.1)のシーズンベストで壹岐あいこ(大阪ガス)が優勝。壹岐がただ1人の11秒台。向かい風のなか、2位の坂野七海(竹鶴油業)らを寄せつけなかった。

女子100mハードルは梅原紗月(住友電工)が13秒51(+0.8)の自己ベストで制するなど見せ場があった。2位に13秒66で藤原未来(住友電工)が続き、久しぶりのレースとなったヘンプヒル恵(アトレ)は13秒88で4位だった。男子110mハードルは河嶋亮太(旭油業NEXT)が14秒15(+1.3)で大会新Vを飾っている。

男子100mは宮下峻(大東大)と壇上翔多郎(中大)が10秒53。1000分の1秒差で宮下に軍配が上がった。

広告の下にコンテンツが続きます

住友電工杯4×200mリレーは、男子は大東大が中大をフィニッシュ直前で逆転、1分24秒11で制した。女子は中大が1分39秒40で、園田学園女大と甲南大に競り勝った。

競技開始前には「Sprint 50 Challenge」が行われ、泉谷駿介(住友電工)や坂井隆一郎(大阪ガス)、丸山優真(住友電工)らが小・中学生と50m対決。坂井が5秒88をマークし、泉谷は6秒21だった。

日本記録は生まれなかったが、競技とともに、住友電工の泉谷、丸山のほか、小池祐貴伊東利来也、御家瀬緑の各選手が指導する、地元小中学生対象の陸上競技教室(参加約200名)が開催されるなど、陸上競技の普及にも資する大会として、選手たちの力走と交流が最後まで途切れなかった。

日本記録更新に挑戦する「第12回日本記録挑戦会兼住友電工杯」が10月15日、住友総合グランド(兵庫県伊丹市)で行われた。 この大会は100m、5000mなどのほか、60mや300mといった日本選手権等では実施されない特殊な種目で日本記録に挑戦し、更新することで陸上競技を盛り上げようという趣旨で始まった。 2017年には男子200mハードルで渡部佳朗(城西大=当時)が22秒54のアジア最高記録&日本最高記録を樹立したこともある。 今大会では、女子100mは11秒67(-1.1)のシーズンベストで壹岐あいこ(大阪ガス)が優勝。壹岐がただ1人の11秒台。向かい風のなか、2位の坂野七海(竹鶴油業)らを寄せつけなかった。 女子100mハードルは梅原紗月(住友電工)が13秒51(+0.8)の自己ベストで制するなど見せ場があった。2位に13秒66で藤原未来(住友電工)が続き、久しぶりのレースとなったヘンプヒル恵(アトレ)は13秒88で4位だった。男子110mハードルは河嶋亮太(旭油業NEXT)が14秒15(+1.3)で大会新Vを飾っている。 男子100mは宮下峻(大東大)と壇上翔多郎(中大)が10秒53。1000分の1秒差で宮下に軍配が上がった。 住友電工杯4×200mリレーは、男子は大東大が中大をフィニッシュ直前で逆転、1分24秒11で制した。女子は中大が1分39秒40で、園田学園女大と甲南大に競り勝った。 競技開始前には「Sprint 50 Challenge」が行われ、泉谷駿介(住友電工)や坂井隆一郎(大阪ガス)、丸山優真(住友電工)らが小・中学生と50m対決。坂井が5秒88をマークし、泉谷は6秒21だった。 日本記録は生まれなかったが、競技とともに、住友電工の泉谷、丸山のほか、小池祐貴、伊東利来也、御家瀬緑の各選手が指導する、地元小中学生対象の陸上競技教室(参加約200名)が開催されるなど、陸上競技の普及にも資する大会として、選手たちの力走と交流が最後まで途切れなかった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS “初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

2024.02.25

“初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

NEWS 山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

2024.02.25

山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

2024.02.25

豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

2024.02.25

男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top