HOME 国内、中学

2023.10.14

100m片山瑛太が10秒54の中学新!!!「こんなに強くなれたんだ」/鹿児島国体
100m片山瑛太が10秒54の中学新!!!「こんなに強くなれたんだ」/鹿児島国体

23年鹿児島国体で100m10秒54の中学記録を樹立した片山瑛太

◇鹿児島特別国体(10月13~17日/鹿児島・鴨池陸上競技場)2日目

鹿児島特別国体の2日目に行われ、少年男子B100mで片山瑛太(千葉・鎌ケ谷二中3)が10秒54(+1.4)をマークして優勝。宮本大輔(周陽中・山口)が2014年に出し、自身も8月に出していた中学記録10秒56を0.02秒更新し、9年ぶりの中学新記録を樹立した。

広告の下にコンテンツが続きます

「身体を起こした時に横一線だったので、これは勝てると思いました」と得意の後半で一気に加速すると、そのままフィニッシュラインを駆け抜けた。タイマーに目をやり、両手をパンッと叩いて喜びを爆発させる。

「(8月の)関東大会で10秒56を出してから、中学記録というのが頭にありました。それを更新できて自信になりますし、自分はこんなに強くなれたんだってすごくうれしいです」

予選(10秒65/+2.1)、準決勝(10秒69/+0.9)とハイアベレージながら、「自分の走りができなかった」。決勝では「記録も無理だなと思っていたのですが、やっぱり最後まで自分を信じて、絶対に出せると思って走りました」。

小学生の時はドッジボールに励み、「足が速くなりたい」「負けず嫌いで、個人で勝負したい」と中学入学後の6月から陸上部へ。昨年までのベストは11秒23だったが今季は急成長。10秒56の中学記録保持者として臨んだ全中でも優勝を飾った。

広告の下にコンテンツが続きます

その後はプレッシャーもあり、「動きが硬くなることもありました」と言う。それでも「まずは全力で陸上を楽しんで、その中で順位や結果を狙っていきたい」と、走る楽しみを第一に取り組み、ついに“中学最速”の称号を手にした。

「高校に入ると、2、3年生とはレベルの差があると思いますが、1年目からインターハイに出られるように頑張りたい」

あこがれの存在に、日本記録保持者の山縣亮太(セイコー)の名を挙げた片山。U18大会でシーズンを終え、来季は堂々と高校陸上界に乗り込んでいく。

◇鹿児島特別国体(10月13~17日/鹿児島・鴨池陸上競技場)2日目 鹿児島特別国体の2日目に行われ、少年男子B100mで片山瑛太(千葉・鎌ケ谷二中3)が10秒54(+1.4)をマークして優勝。宮本大輔(周陽中・山口)が2014年に出し、自身も8月に出していた中学記録10秒56を0.02秒更新し、9年ぶりの中学新記録を樹立した。 「身体を起こした時に横一線だったので、これは勝てると思いました」と得意の後半で一気に加速すると、そのままフィニッシュラインを駆け抜けた。タイマーに目をやり、両手をパンッと叩いて喜びを爆発させる。 「(8月の)関東大会で10秒56を出してから、中学記録というのが頭にありました。それを更新できて自信になりますし、自分はこんなに強くなれたんだってすごくうれしいです」 予選(10秒65/+2.1)、準決勝(10秒69/+0.9)とハイアベレージながら、「自分の走りができなかった」。決勝では「記録も無理だなと思っていたのですが、やっぱり最後まで自分を信じて、絶対に出せると思って走りました」。 小学生の時はドッジボールに励み、「足が速くなりたい」「負けず嫌いで、個人で勝負したい」と中学入学後の6月から陸上部へ。昨年までのベストは11秒23だったが今季は急成長。10秒56の中学記録保持者として臨んだ全中でも優勝を飾った。 その後はプレッシャーもあり、「動きが硬くなることもありました」と言う。それでも「まずは全力で陸上を楽しんで、その中で順位や結果を狙っていきたい」と、走る楽しみを第一に取り組み、ついに“中学最速”の称号を手にした。 「高校に入ると、2、3年生とはレベルの差があると思いますが、1年目からインターハイに出られるように頑張りたい」 あこがれの存在に、日本記録保持者の山縣亮太(セイコー)の名を挙げた片山。U18大会でシーズンを終え、来季は堂々と高校陸上界に乗り込んでいく。

男子100m中学歴代10傑

10.54 1.4 片山 瑛太(鎌ケ谷二3千葉) 2023.10.14 10.56 1.5 宮本 大輔(周陽3山口)   2014. 5.17 10.60 2.0 米山 和磨(茅ケ崎3神奈川) 2022.10. 1 10.61 1.4 年綱 晃広(塩瀬3兵庫)   2021. 8. 6 10.61 2.0 安田夢雄生(星峯3鹿児島)  2023. 7.15 10.62 2.0 中山 智貴(亀山中部3三重) 2019. 7.29 10.63 1.1 矢澤 煌希(川越城南3埼玉) 2023. 6.14 10.64 1.8 日吉 克実(修善寺3静岡)  2010. 8.23 10.66 1.7 土井カハル(枚方一3大阪)  2023. 7.24 10.67 2.0 梨本 真輝(流山南部3千葉) 2008. 7.28

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

女王・北口榛花が渡欧前に弾みの逆転V!「余力が残っている状態で勝てた」パリに向かって“チーム一丸”/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

2024.05.20

遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子5000mはイマニエル・マル(トヨタ紡織)が13分18秒94で優勝 […]

NEWS 400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

2024.05.20

400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われた。 広告の下にコンテンツが続きます 男子400mハードルで好記録が誕生 […]

NEWS 400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

2024.05.20

400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

◇第66回東日本実業団選手権(5月18日~19日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場) 5月20日、東日本実業団選手権の最終日が行われ、男子400mハードルは山本竜大(SEKI A.C.)が49秒96で優勝を飾った。 […]

NEWS 【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

2024.05.20

【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

国立競技場で開催されたセイコーゴールデングランプリ(5月19日)の男子100mは、昨年のブダペスト世界陸上代表のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)がそろい踏みしたなか、栁 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top