月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【マラソン】福岡国際マラソン規模縮小で開催、招待と推薦と上位80名に

昨年福岡国際マラソン日本人トップの藤本拓(優勝選手はドーピング発覚)
福岡国際マラソン(12月6日開催予定)の主催者は大会要項を発表し、新型コロナウイルスの影響により規模を縮小して行うと明記した。参加資格は、昨年はおよそ500名が18年12月以降にフル2時間25分以内、ハーフ1時間4分以内の記録を持つ選手のうち上位80名(ハーフ上位10名)に加え、主催者の招待選手と推薦選手。昨年はおよそ500名が出場している。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com