月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【100m】兒玉が日本歴代3位の11秒35で優勝/日本IC


日本インカレ(新潟)2日目が行われ、女子100mで兒玉芽生(福岡大)が日本歴代3位、学生歴代2位の11秒35(-0.2)で優勝した。兒玉は準決勝で11秒51(+1.2)をマークし、大会記録を10年ぶりに更新。その勢いのまま制した。

兒玉兒玉は全国小学生陸上100mを小5、6と連覇と早くから活躍。大分雄城台高3年のインターハイ100mも制している。昨年は日本選手権200m優勝。今季も好調を維持しており、ゴールデングランプリ100mは11秒62で優勝した。

■日本インカレ女子100m(-0.2)
兒玉 芽生(福岡大)11.35=大会新、日本歴代3位、学生歴代2位
壹岐あいこ(立命大)11.65
前川 梨花 (日体大)11.65(着差あり)
三浦 由奈(筑波大)11.68
齋藤 愛美(大阪成蹊大) 11.74
渡邊  輝(福岡大)11.89
田路 遥香(中大)11.90
座間味里奈(九州共立大)12.09

女子100m日本歴代5傑
11.21 1.7  福島 千里 10年
11.32 1.9  高橋萌木子 09年
11.35 -0.2 兒玉芽生 20年
11.36 1.8 二瓶秀子 01年
11.39 1.1 坂上香織 04年
11.39 1.1 小島初佳 04年



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com