HOME 駅伝

2023.10.09

1区は駒大・篠原倖太朗が制す「区間賞を取らないといけない」2区・佐藤圭汰で独走へ!IVYリーグ選抜が続く V候補中大は13位スタート/出雲駅伝
1区は駒大・篠原倖太朗が制す「区間賞を取らないといけない」2区・佐藤圭汰で独走へ!IVYリーグ選抜が続く V候補中大は13位スタート/出雲駅伝

1区で区間賞を獲得した篠原倖太朗

◇第35回出雲駅伝(10月9日/6区間45.1km:島根・出雲大社正面鳥居前スタート、出雲ドームフィニッシュ)

学生三大駅伝の初戦となる出雲駅伝がスタートした。天候は曇り、気温24度、穏やかな風が吹く絶好のコンディションのなか、1区(8km)最初の1kmは2分52秒とややスローペースで通過。2km過ぎにアイビーリーグ選抜のヒューゴ・ミルナーが先頭に立ち、ややペースが上がった。

5kmを14分10秒で通過したあたりで先頭争いはミルナー、駒大の篠原倖太朗(3年)に絞られ、最後は強烈なスパートを放った篠原が22分45秒で区間賞を獲得した。篠原は「3冠のためにも自分が区間賞を取らないといけないと思っていました」と語る。

2位は8秒差でアイビーリーグ選抜が続き、3位以下は國學院大、早大、創価大、東洋大、青学大の順で2区につないだ。優勝候補の中大はまさかの13位スタートとなっている。

駒大は続く2区の佐藤圭汰(2年)も快調に飛ばし、トップで中継。2位の青学大とは39秒差となっている。

◇第35回出雲駅伝(10月9日/6区間45.1km:島根・出雲大社正面鳥居前スタート、出雲ドームフィニッシュ) 学生三大駅伝の初戦となる出雲駅伝がスタートした。天候は曇り、気温24度、穏やかな風が吹く絶好のコンディションのなか、1区(8km)最初の1kmは2分52秒とややスローペースで通過。2km過ぎにアイビーリーグ選抜のヒューゴ・ミルナーが先頭に立ち、ややペースが上がった。 5kmを14分10秒で通過したあたりで先頭争いはミルナー、駒大の篠原倖太朗(3年)に絞られ、最後は強烈なスパートを放った篠原が22分45秒で区間賞を獲得した。篠原は「3冠のためにも自分が区間賞を取らないといけないと思っていました」と語る。 2位は8秒差でアイビーリーグ選抜が続き、3位以下は國學院大、早大、創価大、東洋大、青学大の順で2区につないだ。優勝候補の中大はまさかの13位スタートとなっている。 駒大は続く2区の佐藤圭汰(2年)も快調に飛ばし、トップで中継。2位の青学大とは39秒差となっている。

出雲駅伝1区区間賞 篠原倖太郎のコメント

「予想していた展開になり、上手に選手を利用させてもらいました。新体制になってから3冠を目指すと決めて取り組んできました。そのためにも自分が区間賞を取らないといけないと思っていたので、達成できてうれしいです」

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の選考競技 […]

NEWS 日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top