HOME 駅伝

2023.09.24

創価大1年の小池莉希が13分34秒82! 今季大学1年最高タイム 青学大勢は6人が13分30秒台/絆記録挑戦会

24日、町田市の町田市立競技場で第10回絆記録挑戦会が行われ、男子5000mで大学1年の小池莉希(創価大)が13分34秒82のU20歴代9位の好タイムをマークした。

小池はチームメイトのリーキー・カミナ(創価大)が作るペースについていき、同じ組を走った青学大の主力勢にも先着。今年7月のホクレンディスタンスチャレンジ深川大会でマークしたばかりの13分54秒27を20秒近く更新した。

小池は佐久長聖高(長野)出身。高校時代は5000m14分26秒29のベストを持っていたものの、同校の厚い選手層に阻まれ、全国高校駅伝には出場していない。

大学に入学した今季は4月の法大競技会で14分18秒34と自己記録を更新すると、その後2レース連続でベストを塗り替えるなど勢いに乗っている。10000mは7月に29分23秒86を出しており、10月の出雲駅伝のエントリーメンバーにも選出。試合後、自身のSNSで「夏合宿順調に積めたことが今回の結果に繋がりました。出雲駅伝に向けて残り2週間しっかり仕上げていきたいと思います」とコメントした。

また、同レースに出場した青学大勢では山内健登(4年)が13分35秒04の3着でトップ。佐藤一世(4年)が13分36秒43の4着となり、黒田朝日(2年)が13分36秒55、1年生の鳥井健太が13分36秒73、野村昭夢(3年)が13分36秒93、小原響(4年)が13分39秒50と13分30秒台で続いた。

24日、町田市の町田市立競技場で第10回絆記録挑戦会が行われ、男子5000mで大学1年の小池莉希(創価大)が13分34秒82のU20歴代9位の好タイムをマークした。 小池はチームメイトのリーキー・カミナ(創価大)が作るペースについていき、同じ組を走った青学大の主力勢にも先着。今年7月のホクレンディスタンスチャレンジ深川大会でマークしたばかりの13分54秒27を20秒近く更新した。 小池は佐久長聖高(長野)出身。高校時代は5000m14分26秒29のベストを持っていたものの、同校の厚い選手層に阻まれ、全国高校駅伝には出場していない。 大学に入学した今季は4月の法大競技会で14分18秒34と自己記録を更新すると、その後2レース連続でベストを塗り替えるなど勢いに乗っている。10000mは7月に29分23秒86を出しており、10月の出雲駅伝のエントリーメンバーにも選出。試合後、自身のSNSで「夏合宿順調に積めたことが今回の結果に繋がりました。出雲駅伝に向けて残り2週間しっかり仕上げていきたいと思います」とコメントした。 また、同レースに出場した青学大勢では山内健登(4年)が13分35秒04の3着でトップ。佐藤一世(4年)が13分36秒43の4着となり、黒田朝日(2年)が13分36秒55、1年生の鳥井健太が13分36秒73、野村昭夢(3年)が13分36秒93、小原響(4年)が13分39秒50と13分30秒台で続いた。

絆記録挑戦会で好走した小池莉希

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日)

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日/神奈川・平塚、ハンマー投のみ東海大) ●男子 100m   200m   400m   800m   1500m  東秀太(広島経大3)  3分49秒40 50 […]

NEWS 100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

2024.06.14

100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

◇日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)1日目 “学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権の1日目が行われ、女子100mハードルは髙橋亜珠(筑波大)が13秒35(+0.3)をマーク […]

NEWS パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

2024.06.14

パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

今夏のパリ五輪出場資格の獲得条件となる世界陸連(WA)のワールドランキング(Road to Paris)が更新された。6月7日~12日に行われた欧州選手権の結果が反映され、各種目で日本人が順位を落としている。 パリ五輪の […]

NEWS 久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、第40回U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top