HOME 国内

2023.09.24

三段跳・髙島真織子が貫禄勝ち 世界陸上経験し「世界の決勝で戦いたい」/全日本実業団
三段跳・髙島真織子が貫禄勝ち 世界陸上経験し「世界の決勝で戦いたい」/全日本実業団

23年全日本実業団選手権女子三段跳で快勝した髙島真織子

◇第71回全日本実業団対抗選手権大会(9月22~24日/岐阜メモリアルセンター長良川)

全日本実業団対抗の3日目に女子三段跳が行われ、ブダペスト世界選手権代表の髙島真織子(九電工)が13m18(+2.2)で優勝した。

髙島は2回目に13m05(+0.2)をマークすると、5回目に13m10(+2.2)、6回目にも13m18(+2.2)と、ただ1人13mオーバーの記録で貫禄を示した。

世界選手権の際に踏み切り側の右足首を痛め、帰国後の練習で悪化したという髙島。この日も「2回目から少し痛みが出た」。

それでも「足をまっすぐ着くなど、あまり負担をかけないように意識してできました」とテーマと絞って出場。しっかり勝ちきった。

今季は13m82(日本歴代3位)まで記録を伸ばし、初めて世界の舞台に立った。ブダペストでは「本当に楽しかった。何より本当に決勝の舞台で戦いたいというふうに思えた」と髙島。「決勝の舞台もそう遠くないこともわかりましたし、出場前よりも目標が明確になりました」。

日本記録(14m16)ラインを跳べば決勝は十分に見えるだけに、「あとはそこに向けて調整していく」。今季はこれでシーズンオフ。「フィジカル面から鍛え直して、スピードはついてきているので、それを跳躍につなげられるように背筋など上体を鍛えていきたい」と語る。

日本記録保持者・森本麻里子(内田建設AC)とともに世界への扉を開いた髙島。パリ五輪に向けて、この冬季を大きなステップにする。

◇第71回全日本実業団対抗選手権大会(9月22~24日/岐阜メモリアルセンター長良川) 全日本実業団対抗の3日目に女子三段跳が行われ、ブダペスト世界選手権代表の髙島真織子(九電工)が13m18(+2.2)で優勝した。 髙島は2回目に13m05(+0.2)をマークすると、5回目に13m10(+2.2)、6回目にも13m18(+2.2)と、ただ1人13mオーバーの記録で貫禄を示した。 世界選手権の際に踏み切り側の右足首を痛め、帰国後の練習で悪化したという髙島。この日も「2回目から少し痛みが出た」。 それでも「足をまっすぐ着くなど、あまり負担をかけないように意識してできました」とテーマと絞って出場。しっかり勝ちきった。 今季は13m82(日本歴代3位)まで記録を伸ばし、初めて世界の舞台に立った。ブダペストでは「本当に楽しかった。何より本当に決勝の舞台で戦いたいというふうに思えた」と髙島。「決勝の舞台もそう遠くないこともわかりましたし、出場前よりも目標が明確になりました」。 日本記録(14m16)ラインを跳べば決勝は十分に見えるだけに、「あとはそこに向けて調整していく」。今季はこれでシーズンオフ。「フィジカル面から鍛え直して、スピードはついてきているので、それを跳躍につなげられるように背筋など上体を鍛えていきたい」と語る。 日本記録保持者・森本麻里子(内田建設AC)とともに世界への扉を開いた髙島。パリ五輪に向けて、この冬季を大きなステップにする。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の選考競技 […]

NEWS 日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top