HOME ニュース、国内

2020.09.08

【三段跳】池畠「一発屋じゃない」追い風参考ながら16m62/富士北麓
【三段跳】池畠「一発屋じゃない」追い風参考ながら16m62/富士北麓


富士北麓ワールドトライアルの三段跳を制した池畠
 9月6日、富士北麓ワールドトライアル(山梨県・富士北麓公園)の男子三段跳は、6回目に16m62(+2.7)を跳んだ池畠旭佳瑠(駿河台大学AC)で優勝した。

 7月の東京選手権で日本歴代9位となる16m75を跳んでいる池畠。この日は1回目に15m91(-0.3)、2回目14m61(+0.7)と落ち着かない風に苦しみ、2番手で4回目に進んだ。以降は強い追い風基調に。「追い風参考でもいいから跳びたいと思って」。それでも、4、5回目と16mを超えられず。しかし、その2回で「脚を使えていない」部分を少しずつ修正。最終6回目に16m62(+2.7)を跳んで逆転。仲間やコーチ陣から「笑ったほうが跳べるぞ」と声をかけられ、リラックスして好記録につなげた。

 伸び盛りの今年26歳。埼玉・聖望学園高から東海大へ進み、卒業後は駿河台大のコーチを務めながら競技を続けてきた。なかなか大舞台で結果が出ることはなかったが、それでも続けてきたのは悔しさから。

 2012年の新潟インターハイ。池畠は15m42を跳び、トップと同記録ながら2番目の記録の差で2位。それ以降、「ずっと一番を取りたいと思ってやってきた」。身長173cmと小柄ながら、今季は体幹の強化により、持ち前の反発を得るバネを垂直方向から水平方向へと進められるようになったという。

 東京選手権、そして富士北麓と16m中盤を超えた。「これで一発屋じゃないというのを証明できたと思います」と笑顔。「日本記録(17m15)の更新」が大きな目標だが、その前に、やるべきことが残っている。

「今年の日本選手権で1位を取りたいです」

 10月に行われる日本一決定戦。舞台は新潟。8年前の忘れ物を、取り返しにいく。

■試技内容
15m91(-0.3)/14m61(+0.7)/15m81(-0.4)/15m13(+0.2)/15m61(+0.7)/16m62(+2.7)

文/向永拓史

【関連ページ】
富士北麓ワールドトライアル リザルト

富士北麓ワールドトライアルの三段跳を制した池畠  9月6日、富士北麓ワールドトライアル(山梨県・富士北麓公園)の男子三段跳は、6回目に16m62(+2.7)を跳んだ池畠旭佳瑠(駿河台大学AC)で優勝した。  7月の東京選手権で日本歴代9位となる16m75を跳んでいる池畠。この日は1回目に15m91(-0.3)、2回目14m61(+0.7)と落ち着かない風に苦しみ、2番手で4回目に進んだ。以降は強い追い風基調に。「追い風参考でもいいから跳びたいと思って」。それでも、4、5回目と16mを超えられず。しかし、その2回で「脚を使えていない」部分を少しずつ修正。最終6回目に16m62(+2.7)を跳んで逆転。仲間やコーチ陣から「笑ったほうが跳べるぞ」と声をかけられ、リラックスして好記録につなげた。  伸び盛りの今年26歳。埼玉・聖望学園高から東海大へ進み、卒業後は駿河台大のコーチを務めながら競技を続けてきた。なかなか大舞台で結果が出ることはなかったが、それでも続けてきたのは悔しさから。  2012年の新潟インターハイ。池畠は15m42を跳び、トップと同記録ながら2番目の記録の差で2位。それ以降、「ずっと一番を取りたいと思ってやってきた」。身長173cmと小柄ながら、今季は体幹の強化により、持ち前の反発を得るバネを垂直方向から水平方向へと進められるようになったという。  東京選手権、そして富士北麓と16m中盤を超えた。「これで一発屋じゃないというのを証明できたと思います」と笑顔。「日本記録(17m15)の更新」が大きな目標だが、その前に、やるべきことが残っている。 「今年の日本選手権で1位を取りたいです」  10月に行われる日本一決定戦。舞台は新潟。8年前の忘れ物を、取り返しにいく。 ■試技内容 15m91(-0.3)/14m61(+0.7)/15m81(-0.4)/15m13(+0.2)/15m61(+0.7)/16m62(+2.7) 文/向永拓史 【関連ページ】 富士北麓ワールドトライアル リザルト

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

2024年インターハイ地区大会情報

各地区で行われるインターハイ地区大会。全11地区分の大会関連ページ、結果ページです! インターハイ出場への道 ・各地区大会上位6位までがインターハイ出場 ※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで […]

NEWS アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

2024.05.30

アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

アディダス ジャパンは30日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場でランニングシリーズ「ADIZERO(アディゼロ)」の最新作シューズ「ADIZERO SL 2(アディゼロ エスエル ツー)」の商品プレゼンテー […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

2024.05.30

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」 5月のコラムは関東 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年 […]

NEWS 新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top