月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【三段跳】池畠「一発屋じゃない」追い風参考ながら16m62/富士北麓


富士北麓ワールドトライアルの三段跳を制した池畠
 9月6日、富士北麓ワールドトライアル(山梨県・富士北麓公園)の男子三段跳は、6回目に16m62(+2.7)を跳んだ池畠旭佳瑠(駿河台大学AC)で優勝した。

 7月の東京選手権で日本歴代9位となる16m75を跳んでいる池畠。この日は1回目に15m91(-0.3)、2回目14m61(+0.7)と落ち着かない風に苦しみ、2番手で4回目に進んだ。以降は強い追い風基調に。「追い風参考でもいいから跳びたいと思って」。それでも、4、5回目と16mを超えられず。しかし、その2回で「脚を使えていない」部分を少しずつ修正。最終6回目に16m62(+2.7)を跳んで逆転。仲間やコーチ陣から「笑ったほうが跳べるぞ」と声をかけられ、リラックスして好記録につなげた。

 伸び盛りの今年26歳。埼玉・聖望学園高から東海大へ進み、卒業後は駿河台大のコーチを務めながら競技を続けてきた。なかなか大舞台で結果が出ることはなかったが、それでも続けてきたのは悔しさから。

 2012年の新潟インターハイ。池畠は15m42を跳び、トップと同記録ながら2番目の記録の差で2位。それ以降、「ずっと一番を取りたいと思ってやってきた」。身長173cmと小柄ながら、今季は体幹の強化により、持ち前の反発を得るバネを垂直方向から水平方向へと進められるようになったという。

 東京選手権、そして富士北麓と16m中盤を超えた。「これで一発屋じゃないというのを証明できたと思います」と笑顔。「日本記録(17m15)の更新」が大きな目標だが、その前に、やるべきことが残っている。

「今年の日本選手権で1位を取りたいです」

 10月に行われる日本一決定戦。舞台は新潟。8年前の忘れ物を、取り返しにいく。

■試技内容
15m91(-0.3)/14m61(+0.7)/15m81(-0.4)/15m13(+0.2)/15m61(+0.7)/16m62(+2.7)

文/向永拓史

【関連ページ】
富士北麓ワールドトライアル リザルト



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com