HOME 世界陸上、海外

2023.08.25

女子400mHフェムケ・ボルがついに金メダル獲得!「リレーの失敗もみんなが励ましてくれた」/世界陸上
女子400mHフェムケ・ボルがついに金メダル獲得!「リレーの失敗もみんなが励ましてくれた」/世界陸上

400mHのボル(23年世界選手権)

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)6日目

ブダペスト世界陸上6日目のアフタヌーンセッションが行われ、女子400mハードルではフェムケ・ボル(オランダ)がパフォーマンス世界歴代8位の51秒70で優勝。2位に1秒以上の大差をつける圧勝で、悲願の金メダルを手にした。

この種目の東京五輪、オレゴン世界選手権金メダリストで世界記録保持者のシドニー・マクラフリン・レブロン(米国)が400mに移行したうえに、ケガで世界選手権出場を回避するなか、ボルは7月に世界歴代2位となる51秒45をマークし、優勝候補の筆頭に立っていた。

今季は2月に室内の400mで49秒26の室内世界記録を樹立するなど、スピードを磨いていたボル。今大会初日での男女混合4×400mリレーでもオランダの4走を務めトップを快走していたが、フィニッシュ手前わずか5mのところで転倒し、途中棄権となっていた。

「私がバトンを持ったとき、多くの人が簡単に金メダルが取れると思ったと思うけど、取れなかった。だから、私は強くなる必要があると思ったし、自分のレースを実行する必要があった」と並々ならぬ決意で400mハードルに臨んでいた。

レースでは「これまでで一番の入りだった」というほどの飛び出しを見せ、後半の200mもスピードの減速を最小限に抑える。他のライバルが残りの直線で苦しい表情を見せる一方、ボルだけは笑顔でのフィニッシュを迎えた。

「リレーでの失敗はなかなか忘れることはできなかったが、チームメイトがはげましてくれた。やり遂げる強さを感じたし、ここブダペストでのレースを本当に楽しんでいます」を笑って応えた新女王。

まだ23歳だが、これで21年の東京五輪銅メダル、22年世界選手権銀メダルに続き、個人で3つ目のメダルを獲得。次は来年のパリ五輪で再びの頂点を目指す。

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)6日目 ブダペスト世界陸上6日目のアフタヌーンセッションが行われ、女子400mハードルではフェムケ・ボル(オランダ)がパフォーマンス世界歴代8位の51秒70で優勝。2位に1秒以上の大差をつける圧勝で、悲願の金メダルを手にした。 この種目の東京五輪、オレゴン世界選手権金メダリストで世界記録保持者のシドニー・マクラフリン・レブロン(米国)が400mに移行したうえに、ケガで世界選手権出場を回避するなか、ボルは7月に世界歴代2位となる51秒45をマークし、優勝候補の筆頭に立っていた。 今季は2月に室内の400mで49秒26の室内世界記録を樹立するなど、スピードを磨いていたボル。今大会初日での男女混合4×400mリレーでもオランダの4走を務めトップを快走していたが、フィニッシュ手前わずか5mのところで転倒し、途中棄権となっていた。 「私がバトンを持ったとき、多くの人が簡単に金メダルが取れると思ったと思うけど、取れなかった。だから、私は強くなる必要があると思ったし、自分のレースを実行する必要があった」と並々ならぬ決意で400mハードルに臨んでいた。 レースでは「これまでで一番の入りだった」というほどの飛び出しを見せ、後半の200mもスピードの減速を最小限に抑える。他のライバルが残りの直線で苦しい表情を見せる一方、ボルだけは笑顔でのフィニッシュを迎えた。 「リレーでの失敗はなかなか忘れることはできなかったが、チームメイトがはげましてくれた。やり遂げる強さを感じたし、ここブダペストでのレースを本当に楽しんでいます」を笑って応えた新女王。 まだ23歳だが、これで21年の東京五輪銅メダル、22年世界選手権銀メダルに続き、個人で3つ目のメダルを獲得。次は来年のパリ五輪で再びの頂点を目指す。

【動画】2位に1秒差をつける圧勝!新女王に輝いた女子400mHボルの走りをチェック!

【動画】インタビューアーに茶目っ気たっぷりに金メダルを見せびらかしたボル

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

NEWS 100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

2024.07.17

100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

富士通は7月17日、女子100mハードルでパリ五輪代表に内定した田中佑美のオンライン会見を開いた。 日本選手権で2位となった田中。参加標準記録(12秒77)には届かず、ワールドランキングではターゲットナンバー(出場枠)4 […]

NEWS 女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

2024.07.17

女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

女子800mのP.ギル(英国)がプーマとの契約締結を自身のSNSで発表した。 ギルは2007年4月生まれの17歳。800mで今年5月のベルファスト・アイリッシュ・マイラーズ・ミーティング(英国)でU18世界歴代2位、U2 […]

NEWS トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

2024.07.17

トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

関東学連が主催する第19回トワイライト・ゲームス(7月21日)のスタートリストが更新され、男子110mハードルに日本記録を持つ泉谷駿介(住友電工)が出場することがわかった。 泉谷は13秒04の日本記録保持者。今年はこれま […]

NEWS 「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

2024.07.16

「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

スイスのスポーツブランド「On(オン)」およびオン・ジャパンは、レーシングシューズやスパイクシューズを含むランニングシューズコレクションの最高峰「Prism Capsule(プリズム カプセル)」4品番を7月11日から発 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top