HOME 国内、世界陸上、日本代表
3度目代表の橋岡優輝「新しい気持ちで」ケガで苦しむも「いつも通り」で臨む/世界陸上
3度目代表の橋岡優輝「新しい気持ちで」ケガで苦しむも「いつも通り」で臨む/世界陸上

世界選手権入賞に向けて、スタジアムで軽めの調整を行った男子走幅跳橋岡優輝(右)。左は森長正樹コーチ

ブダペスト世界選手権の開幕を明日(8月19日)に控えるなか、日本代表がメイン会場となるナショナルスタジアムで練習を行った。

「もう代表が3回目か、と思いますが、新しい気持ちで」と、男子走幅跳の橋岡優輝(富士通)。これまでの19年ドーハで8位入賞、21年東京五輪では6位とステップアップしてきた。

広告の下にコンテンツが続きます

ただ、昨年からはケガに苦しみ、前回のオレゴンも決勝には進んだものの入賞ならず。自身も「苦しんでいます」と言うように、今季は日本選手権も3連覇を逃した。

ダイヤモンドリーグ・ローザンヌで3位となったものの、7月のスウェーデンの競技会で左脚ハムストリングスを肉離れ。初めて参加標準記録を突破できず、ワールドランキングでの出場となる。

それでも、「状態は悪くないです。2週間くらいで練習を再開して、万全とは言えませんが、今は脚も治りました。ケガの状況から鑑みるといい状態。不安はないです」と上向いている。

冬に米国に渡り助走も大幅に改良。まだ噛み合わせている最中だが、「今更、元に戻れない。先々週の助走の確認ではいい感じだったので、あとは本番で集中力が上がってハマれば記録もついてくる」と語る。

広告の下にコンテンツが続きます

これまでにない苦境からの世界大会となるが、「治れば大丈夫と思ってやってきました。最大限の力を発揮する舞台。いつも通りやるだけです」。

男子フィールドのエースとして、これまでのように逆境を大きく飛び越えるビッグジャンプを見せる。

男子走幅跳は日本時間の8月23日の18時15分から予選、同24日深夜2時30分から決勝が行われる。

ブダペスト世界選手権の開幕を明日(8月19日)に控えるなか、日本代表がメイン会場となるナショナルスタジアムで練習を行った。 「もう代表が3回目か、と思いますが、新しい気持ちで」と、男子走幅跳の橋岡優輝(富士通)。これまでの19年ドーハで8位入賞、21年東京五輪では6位とステップアップしてきた。 ただ、昨年からはケガに苦しみ、前回のオレゴンも決勝には進んだものの入賞ならず。自身も「苦しんでいます」と言うように、今季は日本選手権も3連覇を逃した。 ダイヤモンドリーグ・ローザンヌで3位となったものの、7月のスウェーデンの競技会で左脚ハムストリングスを肉離れ。初めて参加標準記録を突破できず、ワールドランキングでの出場となる。 それでも、「状態は悪くないです。2週間くらいで練習を再開して、万全とは言えませんが、今は脚も治りました。ケガの状況から鑑みるといい状態。不安はないです」と上向いている。 冬に米国に渡り助走も大幅に改良。まだ噛み合わせている最中だが、「今更、元に戻れない。先々週の助走の確認ではいい感じだったので、あとは本番で集中力が上がってハマれば記録もついてくる」と語る。 これまでにない苦境からの世界大会となるが、「治れば大丈夫と思ってやってきました。最大限の力を発揮する舞台。いつも通りやるだけです」。 男子フィールドのエースとして、これまでのように逆境を大きく飛び越えるビッグジャンプを見せる。 男子走幅跳は日本時間の8月23日の18時15分から予選、同24日深夜2時30分から決勝が行われる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top