HOME 国内、大学

2023.08.05

男子200mで西裕大が銀メダル! 8位稲毛碧と早大勢がW入賞 110mH豊田兼は予選で日本歴代6位の13秒29/ユニバ
男子200mで西裕大が銀メダル! 8位稲毛碧と早大勢がW入賞 110mH豊田兼は予選で日本歴代6位の13秒29/ユニバ

ワールドユニバーシティーゲームズ男子200mで銀メダルを獲得した西裕大

◇第31回FISUワールドユニバーシティゲームズ 陸上競技(8月1日~6日)4日目

ワールドユニバーシティゲームズ(中国・成都)の陸上競技4日目が行われ、男子200mで西裕大(早大)が20秒46(+0.5)で銀メダルを獲得した。

広告の下にコンテンツが続きます

前日の予選を20秒85(-0.1)の3着で通過していた西は、準決勝で20秒43(+0.9)の大幅自己新の1着で決勝に進出。8レーンに入った決勝では序盤のコーナーこそ4番手での通過となったが、直線に入ってから追い込みを見せ、東京五輪代表の嚴海濱(中国)や100mで10秒25のベストを持つA.ブルゴハイン(インド)をかわしてフィニッシュした。

西は埼玉・栄東高時代はインターハイ200mに出場し、準決勝にまで進んだ。1年の浪人生活を経て早大に入学し、2年時の関東学生新人で20秒76をマークして頭角を現していた。今季は4月の日本学生個人選手権で鵜澤飛羽(筑波大)を抑えて優勝。5月には静岡国際で20秒58の自己ベスト、関東インカレでも1位に輝いている。

進境著しい若手スプリンターだが、競技は大学までで退く意向を示している。4月には「ラストシーズンなので狙えるものはすべて狙いたい」と意気込んでいたが、最初で最後の世界大会で大きな足跡を残した。

また、同じく決勝に進出していた稲毛碧(早大)が21秒10で8位に入り、早大勢がダブル入賞を果たしている。

広告の下にコンテンツが続きます

このほか、午前中に行われた男子110mハードル予選で豊田兼(慶大)が日本歴代6位となる13秒29(+1.1)の好タイムをマークして決勝に進出。同種目では宮﨑匠(中大)も予選を突破した。男子やり投の巖優作(筑波大)と鈴木凜(九州共立大)、同5000mの安原太陽(駒大)、石原翔太郎(東海大)も決勝へと駒を進めている。

ワールドユニバーシティーゲームズの陸上競技は6日まで行われる。

◇第31回FISUワールドユニバーシティゲームズ 陸上競技(8月1日~6日)4日目 ワールドユニバーシティゲームズ(中国・成都)の陸上競技4日目が行われ、男子200mで西裕大(早大)が20秒46(+0.5)で銀メダルを獲得した。 前日の予選を20秒85(-0.1)の3着で通過していた西は、準決勝で20秒43(+0.9)の大幅自己新の1着で決勝に進出。8レーンに入った決勝では序盤のコーナーこそ4番手での通過となったが、直線に入ってから追い込みを見せ、東京五輪代表の嚴海濱(中国)や100mで10秒25のベストを持つA.ブルゴハイン(インド)をかわしてフィニッシュした。 西は埼玉・栄東高時代はインターハイ200mに出場し、準決勝にまで進んだ。1年の浪人生活を経て早大に入学し、2年時の関東学生新人で20秒76をマークして頭角を現していた。今季は4月の日本学生個人選手権で鵜澤飛羽(筑波大)を抑えて優勝。5月には静岡国際で20秒58の自己ベスト、関東インカレでも1位に輝いている。 進境著しい若手スプリンターだが、競技は大学までで退く意向を示している。4月には「ラストシーズンなので狙えるものはすべて狙いたい」と意気込んでいたが、最初で最後の世界大会で大きな足跡を残した。 また、同じく決勝に進出していた稲毛碧(早大)が21秒10で8位に入り、早大勢がダブル入賞を果たしている。 このほか、午前中に行われた男子110mハードル予選で豊田兼(慶大)が日本歴代6位となる13秒29(+1.1)の好タイムをマークして決勝に進出。同種目では宮﨑匠(中大)も予選を突破した。男子やり投の巖優作(筑波大)と鈴木凜(九州共立大)、同5000mの安原太陽(駒大)、石原翔太郎(東海大)も決勝へと駒を進めている。 ワールドユニバーシティーゲームズの陸上競技は6日まで行われる。

男子110mH日本歴代10傑

13.04 -0.9 泉谷 駿介(住友電工)       2023. 6. 4 13.10 0.6 高山 峻野(ゼンリン)       2022. 8. 6 13.16 1.7 金井 大旺(ミズノ)        2021. 4.29 13.18 0.9 村竹ラシッド(順大4)       2023. 7.29 13.20 0.9 野本 周成(愛媛陸協)       2023. 7.29 13.29 1.1 豊田  兼(慶大3)        2023. 8. 4 13.33 0.9 横地 大雅(TeamSSP)        2023. 7.29 13.36 0.3 石川 周平(富士通)        2023. 5.21 13.39 1.5 谷川  聡(ミズノ)        2004. 8.24 13.40 0.0 増野 元太(ヤマダ電機)      2017. 6.24

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

NEWS 【大会結果】第32回金栗記念選抜長距離(2024年4月13日)

2024.04.13

【大会結果】第32回金栗記念選抜長距離(2024年4月13日)

【大会結果】第32回金栗記念選抜陸上中長距離熊本大会(2024年4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) ●男子 GP800m  髙梨有仁(関大)       1分48秒96 GP1500m  G.アブラハム(阿見AC) […]

NEWS 女子800mは高校生・久保凛が田中希実に先着して優勝!「自己新や高校記録を狙っていきたい」/金栗記念

2024.04.13

女子800mは高校生・久保凛が田中希実に先着して優勝!「自己新や高校記録を狙っていきたい」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子800mは久保凛(東大阪大敬愛高2大阪)が田中希実(New Balance)を抑えて、 […]

NEWS 三段跳世界女王・ロハスが左アキレス腱損傷 五輪連覇の夢ついえる

2024.04.13

三段跳世界女王・ロハスが左アキレス腱損傷 五輪連覇の夢ついえる

女子三段跳世界記録保持者のユイマール・ロハス(ベネズエラ)の五輪連覇の夢が絶たれた。 自身のSNSを更新し、病院のベッドにいる写真とともに練習中に左アキレス腱損傷を負ったことを明かし、「パリ五輪には参加できない」と綴った […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top