HOME 国内

2023.06.04

100m2位の栁田大輝「勝ちたかった。悔しい」と涙 自己タイの10秒13も「勝ちきれないとダメ」/日本選手権
100m2位の栁田大輝「勝ちたかった。悔しい」と涙 自己タイの10秒13も「勝ちきれないとダメ」/日本選手権

10秒13の自己タイで23年日本選手権2位の栁田大輝

◇第107回日本選手権(6月1日~4日/大阪・ヤンマースタジアム長居)4日目

ブダペスト世界選手権の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権の最終日に男子100m決勝が行われ、坂井隆一郎(大阪ガス)が10秒11(-0.2)で初優勝を飾った。

広告の下にコンテンツが続きます

力強く、美しい走りで2位に食い込んだのが栁田大輝(東洋大)。セイコーゴールデングランプリの予選で出した自己記録と同じ10秒13(-0.2)をマークした。しかし、レース後は涙がこぼれ、何度も目を覆った。「悔しいっス……」。これまで見せたことのないほどの表情。それだけ「今まで以上に絶対に優勝するという気持ち」と、本気で狙ったレースだった。

前日の予選から鬼気迫る集中力を見せ、しっかり加速して10秒19(+0.2)。準決勝でも同じく10秒19(±0)で1着通過を果たした。

ヒリヒリするような決勝も、高2から数えてこれで4度目。スタートから飛び出した時には勝機が見られたが、「坂井さんが速かったです」。フィニッシュすると倒れ込んだ。

「連戦でやれることをやって、準備万全やってきた。最後は自分のツメの甘さが出た」

広告の下にコンテンツが続きます

ただ、これまでで最もハイアベレージで、一流スプリンターの仲間入りを果たすような強烈な印象を残した栁田。「勝ちきれなかったら全然ダメ。次は負けないようにしたいです」。

2位に入ったことでアジア選手権代表入りも近づいた。もっと強く、もっと速く。この悔しさが栁田をより成長させていく。

◇第107回日本選手権(6月1日~4日/大阪・ヤンマースタジアム長居)4日目 ブダペスト世界選手権の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権の最終日に男子100m決勝が行われ、坂井隆一郎(大阪ガス)が10秒11(-0.2)で初優勝を飾った。 力強く、美しい走りで2位に食い込んだのが栁田大輝(東洋大)。セイコーゴールデングランプリの予選で出した自己記録と同じ10秒13(-0.2)をマークした。しかし、レース後は涙がこぼれ、何度も目を覆った。「悔しいっス……」。これまで見せたことのないほどの表情。それだけ「今まで以上に絶対に優勝するという気持ち」と、本気で狙ったレースだった。 前日の予選から鬼気迫る集中力を見せ、しっかり加速して10秒19(+0.2)。準決勝でも同じく10秒19(±0)で1着通過を果たした。 ヒリヒリするような決勝も、高2から数えてこれで4度目。スタートから飛び出した時には勝機が見られたが、「坂井さんが速かったです」。フィニッシュすると倒れ込んだ。 「連戦でやれることをやって、準備万全やってきた。最後は自分のツメの甘さが出た」 ただ、これまでで最もハイアベレージで、一流スプリンターの仲間入りを果たすような強烈な印象を残した栁田。「勝ちきれなかったら全然ダメ。次は負けないようにしたいです」。 2位に入ったことでアジア選手権代表入りも近づいた。もっと強く、もっと速く。この悔しさが栁田をより成長させていく。

栁田再びの10秒13! 男子100m学生歴代11傑をチェック!

9.98 1.8 桐生 祥秀(東洋大4) 2017. 9. 9 10.05 1.9 末續 慎吾(東海大4) 2002. 5. 6 10.07 1.9 江里口匡史(早大3)  2009. 6.28 10.07 1.3 山縣 亮太(慶大2)  2012. 8. 4 10.07 1.8 多田 修平(関学大3) 2017. 9. 9 10.10 2.0 和田  遼(東洋大4) 2022. 7.16 10.11 0.3 川畑 伸吾(法大4)  2000. 9. 2 10.11 2.0 原田  暁(福岡大4) 2022. 7.31 10.12 1.0 坂井隆一郎(関大4)  2019. 6. 8 10.12 1.4 本郷 汰樹(名大M2) 2022.11. 3 10.13 1.9 田島 宣弘(日体大4) 2022. 5. 6 10.13 -0.2 栁田 大輝(東洋大2) 2023. 5.21

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top