HOME 高校

2023.06.01

三森咲大朗が八種競技で大会新の5337点 女子4×100mRで宮崎北が46秒29の県高校新!神山菜々は短距離3冠/IH宮崎県大会
三森咲大朗が八種競技で大会新の5337点 女子4×100mRで宮崎北が46秒29の県高校新!神山菜々は短距離3冠/IH宮崎県大会

男子八種競技で5337点の大会新で2連覇した三森咲大朗(宮崎工2)

8月の北海道インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。

宮崎県大会は5月27日~30日の4日間、生目の杜運動公園競技場で行われ、男女6つの大会新が生まれるなど好記録が続出した。

広告の下にコンテンツが続きます

男子八種競技では4月に5445点を出している三森咲大朗(宮崎工2)が、5337点の大会新で2連覇。三森は3走を務めた4×400mリレーも3分16秒46で制覇した。

男子1500mは陳内紫音(小林3)が3分52秒50の大会新で優勝。チームメイトの親川聖來(3年)が3分55秒20で続き、ワン・ツーフィニッシュを飾った。男子円盤投では大会新の43m87で竹内海斗(飯野3)が2連覇を果たしている。

女子短距離は宮崎北が活躍し、100mでは神山菜々(3年)が12秒06(-0.9)で1位。2位には木原万里花(2年)が12秒31(-0.9)、3位は渡邉ひより(1年)が12秒45(-0.9)と続いた。200mでも神山と木原がそれぞれ24秒98(-0.6)、25秒38(-0.6)で1、2位に立った。宮崎北は1走・木原、2走・神山とつないだ女子4×100mリレーでも46秒29と、県高校記録を更新する好記録で圧勝。神山は3冠を手にしている。

女子4×400mリレーでは宮崎商が3分49秒70の大会新で快勝した。400mに56秒44で優勝の内山田玲(宮崎商2)を筆頭に2位に8秒近く差をつける圧巻の継走を見せた。

広告の下にコンテンツが続きます

また、女子400mハードルは原田エミリー(宮崎南3)が61秒04の大会新でトップに輝いた。

学校対抗総合では男子がフィールド種目で得点を重ねた宮崎工が215点で優勝。女子は都城商が124点で制した。

南九州大会は6月16日から4日間、鹿児島県の白波スタジアム(県立鴨池競技場)で行われ、全国大会の北海道インターハイは8月2日から6日に札幌市の厚別公園競技場で開催される。

8月の北海道インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 宮崎県大会は5月27日~30日の4日間、生目の杜運動公園競技場で行われ、男女6つの大会新が生まれるなど好記録が続出した。 男子八種競技では4月に5445点を出している三森咲大朗(宮崎工2)が、5337点の大会新で2連覇。三森は3走を務めた4×400mリレーも3分16秒46で制覇した。 男子1500mは陳内紫音(小林3)が3分52秒50の大会新で優勝。チームメイトの親川聖來(3年)が3分55秒20で続き、ワン・ツーフィニッシュを飾った。男子円盤投では大会新の43m87で竹内海斗(飯野3)が2連覇を果たしている。 女子短距離は宮崎北が活躍し、100mでは神山菜々(3年)が12秒06(-0.9)で1位。2位には木原万里花(2年)が12秒31(-0.9)、3位は渡邉ひより(1年)が12秒45(-0.9)と続いた。200mでも神山と木原がそれぞれ24秒98(-0.6)、25秒38(-0.6)で1、2位に立った。宮崎北は1走・木原、2走・神山とつないだ女子4×100mリレーでも46秒29と、県高校記録を更新する好記録で圧勝。神山は3冠を手にしている。 女子4×400mリレーでは宮崎商が3分49秒70の大会新で快勝した。400mに56秒44で優勝の内山田玲(宮崎商2)を筆頭に2位に8秒近く差をつける圧巻の継走を見せた。 また、女子400mハードルは原田エミリー(宮崎南3)が61秒04の大会新でトップに輝いた。 学校対抗総合では男子がフィールド種目で得点を重ねた宮崎工が215点で優勝。女子は都城商が124点で制した。 南九州大会は6月16日から4日間、鹿児島県の白波スタジアム(県立鴨池競技場)で行われ、全国大会の北海道インターハイは8月2日から6日に札幌市の厚別公園競技場で開催される。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.19

和田遼がDL廈門・男子100mに出場決定! オレゴン金のカーリー、先輩の桐生祥秀らと対決

4月19日、ダイヤモンドリーグ(DL)の主催者は20日に行われる第1戦廈門大会のスタートリストを発表し、男子100mに和田遼(ミキハウス)が新たにエントリーされたことが明らかとなった。 和田は東洋大卒の23歳。京都・洛南 […]

NEWS 北京ハーフマラソンで優勝した何傑を含む上位4人の成績を取り消し アフリカ選手がフィニッシュ前に順位譲り国際的な問題に

2024.04.19

北京ハーフマラソンで優勝した何傑を含む上位4人の成績を取り消し アフリカ選手がフィニッシュ前に順位譲り国際的な問題に

4月19日、北京ハーフマラソン組織委員会は、14日のレースで優勝した何傑(中国)を含む、上位4人の成績を取り消すことを発表した。 このレースでは何が1時間3分44秒で優勝を飾ったが、フィニッシュ寸前で先導していたケニアの […]

NEWS 編集部コラム「新年度スタート」

2024.04.19

編集部コラム「新年度スタート」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 広告の下にコンテンツが続きます 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り […]

NEWS 十種競技・右代啓祐が7164点 06年から続く7000点超えを“19年連続”に伸ばす/マウントサックリレー

2024.04.19

十種競技・右代啓祐が7164点 06年から続く7000点超えを“19年連続”に伸ばす/マウントサックリレー

4月17日、18日の両日、米国カリフォルニア州ウォルナットで第64回マウントサックリレーの1日目、2日目が行われ、男子十種競技に出場した右代啓祐(国士舘クラブ)が7164点で14位に入った。 8308点の日本記録を持つ右 […]

NEWS 大学駅伝新年度開幕!青学大に折田壮太ら13分台6人 駒大に期待の桑田駿介 3000m障害高校新の永原颯磨は順大

2024.04.19

大学駅伝新年度開幕!青学大に折田壮太ら13分台6人 駒大に期待の桑田駿介 3000m障害高校新の永原颯磨は順大

第101回箱根駅伝に向けた新たなシーズンが開幕した。今年も各地から有力な高校生が数多く関東の大学に進学。注目の世代最強ランナーや高校記録保持者など、各校の新戦力を確認していく。 今年1月の第100回大会で駒大の2年連続学 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top