HOME 国内、大学

2023.05.13

三段跳・大塚葉月が12m73で優勝「もう少し跳べた」青学大勢この種目初V/関東IC
三段跳・大塚葉月が12m73で優勝「もう少し跳べた」青学大勢この種目初V/関東IC

23年関東インカレ女子三段跳を制した大塚葉月

◇第102回関東インカレ(5月11日~14日/神奈川・ギオンスタジアム相模原)3日目

関東インカレ3日目に行われた女子三段跳は大塚葉月(青学大)が12m73(+1.6)で初優勝を飾った。

広告の下にコンテンツが続きます

大塚は1回目から12m70(+1.2)を跳ぶと、優勝を決めた6回目に記録を3cm伸ばした。日本学生個人選手権(3位)の自己記録12m84には届かず、「コンディション(雨)も良くなかったですが、もう少し跳べたかな」と喜びつつも悔しさも見せる。

この日は「冬季でやってきた助走の出だしや、脚を回してしまって押せないという課題を修正できてきました」と言い、4回で12m50オーバー。石川・星稜高2年の全国陸上大会(優勝)で出していた昨年までのベスト(12m51)付近をそろえて「アベレージくらいにできた」と自身の成長を実感した。

青学大では、昨年から筑波大出身の犬井亮介コーチが指導にあたる。京都・洛南高時代に桐生祥秀(日本生命)、山川夏輝(佐賀県スポ協)と同期で三段跳で活躍してきた。まだまだ身体も動き、「犬井先生のお手本がすごく参考になります」と大塚は言う。

さらに、後輩にはインターハイ女王の佐々木千翔や田中美憂といった強力ルーキーも入り、「負けられない」と刺激を受けている。

広告の下にコンテンツが続きます

「今年は日本選手権で入賞、日本インカレで3位以内を目指します。トップの先輩たちが強いので刺激をもらいながら記録を伸ばしていきたいです」と力強く語った。

鴨下若菜(日体大)が12m62(+2.5)で2位。3位に入った3年前の優勝者・鞍田沙耶佳(駿河台大)と同記録ながら、セカンド記録で上回った。

鴨下のセカンド記録は高校時代に出した12m47のベストを4年ぶりに1cm更新。「プレッシャーもあって、ここまで長かったですし、去年は記録も出なくて本当に嫌になりましたが、大学でやってきた助走からの流れや着地動作を出せました」と、長いトンネルを抜けて笑顔を見せた。

◇第102回関東インカレ(5月11日~14日/神奈川・ギオンスタジアム相模原)3日目 関東インカレ3日目に行われた女子三段跳は大塚葉月(青学大)が12m73(+1.6)で初優勝を飾った。 大塚は1回目から12m70(+1.2)を跳ぶと、優勝を決めた6回目に記録を3cm伸ばした。日本学生個人選手権(3位)の自己記録12m84には届かず、「コンディション(雨)も良くなかったですが、もう少し跳べたかな」と喜びつつも悔しさも見せる。 この日は「冬季でやってきた助走の出だしや、脚を回してしまって押せないという課題を修正できてきました」と言い、4回で12m50オーバー。石川・星稜高2年の全国陸上大会(優勝)で出していた昨年までのベスト(12m51)付近をそろえて「アベレージくらいにできた」と自身の成長を実感した。 青学大では、昨年から筑波大出身の犬井亮介コーチが指導にあたる。京都・洛南高時代に桐生祥秀(日本生命)、山川夏輝(佐賀県スポ協)と同期で三段跳で活躍してきた。まだまだ身体も動き、「犬井先生のお手本がすごく参考になります」と大塚は言う。 さらに、後輩にはインターハイ女王の佐々木千翔や田中美憂といった強力ルーキーも入り、「負けられない」と刺激を受けている。 「今年は日本選手権で入賞、日本インカレで3位以内を目指します。トップの先輩たちが強いので刺激をもらいながら記録を伸ばしていきたいです」と力強く語った。 鴨下若菜(日体大)が12m62(+2.5)で2位。3位に入った3年前の優勝者・鞍田沙耶佳(駿河台大)と同記録ながら、セカンド記録で上回った。 鴨下のセカンド記録は高校時代に出した12m47のベストを4年ぶりに1cm更新。「プレッシャーもあって、ここまで長かったですし、去年は記録も出なくて本当に嫌になりましたが、大学でやってきた助走からの流れや着地動作を出せました」と、長いトンネルを抜けて笑顔を見せた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目の男女混合競歩リレーではイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告 […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top