HOME 海外

2023.05.10

北京五輪走高跳金メダリストアンドレイ・シルノフ 資格停止中の競技会参加により1年間の追加処分

不正監視を行う世界陸連の独立機関のAIU(アスリート・インテグリティ・ユニット)は5月9日、男子走高跳08年北京五輪金メダリストのアンドレイ・シルノフ(ロシア)に対し、2025年4月7日から2026年4月6日まで1年間の資格停止処分を科すことを発表した。

シルノフは2021年4月7日から2025年4月6日まで4年間の資格停止処分を受けているが、期間中に10条14項1の「資格停止中の参加禁止」に関する規則に違反があったとして追加処分を受ける。21年8月にロシアで開催された大会で表彰のプレゼンターを務めたことがモスクワ地域陸連のインスタグラムの投稿から判明したため。

シルノフは21年にドーピング違反(禁止物質ののため4年間の資格停止処分)が決まり、13年7月8日以降の記録は取り消されている。現在38歳で、自己記録は2m38。の自己記録を持ち、16年にはロシア陸連の副会長を務めていた。

不正監視を行う世界陸連の独立機関のAIU(アスリート・インテグリティ・ユニット)は5月9日、男子走高跳08年北京五輪金メダリストのアンドレイ・シルノフ(ロシア)に対し、2025年4月7日から2026年4月6日まで1年間の資格停止処分を科すことを発表した。 シルノフは2021年4月7日から2025年4月6日まで4年間の資格停止処分を受けているが、期間中に10条14項1の「資格停止中の参加禁止」に関する規則に違反があったとして追加処分を受ける。21年8月にロシアで開催された大会で表彰のプレゼンターを務めたことがモスクワ地域陸連のインスタグラムの投稿から判明したため。 シルノフは21年にドーピング違反(禁止物質ののため4年間の資格停止処分)が決まり、13年7月8日以降の記録は取り消されている。現在38歳で、自己記録は2m38。の自己記録を持ち、16年にはロシア陸連の副会長を務めていた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.17

110mH古賀ジェレミーが13秒91!11年ぶり高2最高「自信持って楽しみました」全国で13秒8台へ/IH南関東

◇インターハイ南関東地区大会(6月14~17日/東京・駒沢陸上競技場、大井陸上競技場)4日目 夏の福岡インターハイ出場を懸けた南関東地区大会の4日目が行われ、男子110mハードルで古賀ジェレミー(東京2)が優勝した。村竹 […]

NEWS ぴあ株式会社が東京世界陸上とスポンサー契約を締結 多くの大規模イベントでチケッティングサービスの実績

2024.06.17

ぴあ株式会社が東京世界陸上とスポンサー契約を締結 多くの大規模イベントでチケッティングサービスの実績

東京2025世界陸上財団は6月178日、ぴあ株式会社とスポンサー契約を締結したことを発表した。これまで多くのイベントでチケットの販売や入場管理業務の実績を持つ同社は、2025年に開催される東京世界陸上をサポートしていくと […]

NEWS ケジェルチャが10000m世界歴代7位の26分31秒01! アレガヴィも歴代8位 17歳メハリーが26分37秒93

2024.06.17

ケジェルチャが10000m世界歴代7位の26分31秒01! アレガヴィも歴代8位 17歳メハリーが26分37秒93

6月14日、エチオピアの10000m五輪トライアルがスペイン・ネルハで開催され、男子10000mではドーハ世界選手権銀メダルのY.ケジャルチャが今季世界最高、世界歴代7位の26分31秒01で優勝した。 ケジャルチャは東京 […]

NEWS ワニョニイが800m歴代3位の1分41秒70 オマニャラ9秒79 キピエゴンは1500m、5000mで五輪代表に

2024.06.17

ワニョニイが800m歴代3位の1分41秒70 オマニャラ9秒79 キピエゴンは1500m、5000mで五輪代表に

6月14~15日、ケニア・ナイロビでケニアの五輪選考会が開催され、男子800mではブダペスト世界選手権銀メダルのE.ワニョニイが世界歴代3位の1分41秒70で優勝した。 19歳のワニョニイは、昨年の世界選手権銀メダリスト […]

NEWS 男子走高跳・全中王者の清水怜修がジャンプオフ制す 山﨑天心が短距離2冠 女子200mは同記録V/IH南関東

2024.06.17

男子走高跳・全中王者の清水怜修がジャンプオフ制す 山﨑天心が短距離2冠 女子200mは同記録V/IH南関東

◇インターハイ南関東地区大会(6月14~17日/東京・駒沢陸上競技場、大井陸上競技場)3日目 夏の福岡インターハイ出場を懸けた南関東地区大会の3日目が行われ、酷暑の中でも多くの好勝負が生まれ、男子走高跳は1位と6位に2人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top