HOME 国内、大学

2023.04.22

棒高跳・台信愛が4m18の大会新V「4年生の意地」2位・大坂谷明里、3位・小林美月も大会新/学生個人
棒高跳・台信愛が4m18の大会新V「4年生の意地」2位・大坂谷明里、3位・小林美月も大会新/学生個人

2023日本学生個人選手権女子棒高跳。優勝した台信(中央)、2位の大坂谷(左)、3位の小林

◇2023日本学生個人選手権(2023年4月21~23日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)

ワールドユニバーシティゲームズの代表選考会を兼ねた日本学生個人選手権の1日目が行われ、女子棒高跳は台信愛(日体大)が4m18の大会新記録で優勝した。

見応えのある空中戦だった。4m03を成功したのが台信、大坂谷明里(園田学園女大)、そしてルーキーの小林美月(日体大)の3人。いずれも2回目で成功し、バーの高さは4m13になった。

大坂谷が「ハマった感覚がありました」と、自己記録4m10を更新する高さを1回で成功させてプレッシャーをかける。

すると、小林が3回目に成功。昨年のインターハイ女王は「2週間前にポールの保持を変えた」のが功を奏す。大会前のベストは昨年4月とインターハイでマークした4m00だったが、これを一気に13cmも更新。「目標だった」という台信の持つ日体大記録4m11も塗り替えた。

これに燃えたのが台信。「大坂谷選手に跳ばれて、美月に日体大記録も塗り替えられて、3回目は4年生の意地でした」と、土壇場でクリアして3人が4m13で並んだ。

そして続く4m18。「4m13の時に感覚をつかめた」という台信は2回目に見事にクリアした。学生歴代4位の好記録で優勝決定。「ポールが遅れがちなところも改善できて、冷静に試合を運べました」と言い、「うれしさもありますが、一安心です」と先輩の意地を見せて安堵の表情を浮かべた。

今季は「関東インカレ、日本インカレと3冠したいです」と笑顔で意気込みを語る。

2位の大坂谷は惜しくもタイトルを逃したものの、「踏み切りの入りや左手の使い方、空中動作など変えているところ」と言い、「ハマれば4m30から40も跳べる感覚があります」と手応えをつかんだ。2日後の兵庫リレーカーニバルにも出場予定だ。

小林は「最近は調子が悪かったのですが、大きな大会でスイッチが入りました」とさすがの勝負強さを見せた。4m13はU20日本歴代3位タイ。大学に入ってから「ウエイトトレーニングもしっかりやっています。4m20以上を跳んで、1年生というのは関係なく日本インカレで勝ちたいです」と力強かった。

4月1日に諸田実咲(アットホーム)が4m41の日本新を樹立。日体大競技会だったが、その時に「白旗を挙げた」のが審判をしていた台信だった。3人ともが「刺激になりました」と言い、台信は「この記録でも喜べないですし、歴史が変わってきている感じがします」と話す。

前日本記録保持者・我孫子智美がロンドン五輪に出てから閉ざされている世界への扉。少しずつ重い扉が開こうとしている。

ライブ配信は「あすリートチャンネル」の日本学生個人選手権特設ページ

◇2023日本学生個人選手権(2023年4月21~23日/神奈川・レモンガススタジアム平塚) ワールドユニバーシティゲームズの代表選考会を兼ねた日本学生個人選手権の1日目が行われ、女子棒高跳は台信愛(日体大)が4m18の大会新記録で優勝した。 見応えのある空中戦だった。4m03を成功したのが台信、大坂谷明里(園田学園女大)、そしてルーキーの小林美月(日体大)の3人。いずれも2回目で成功し、バーの高さは4m13になった。 大坂谷が「ハマった感覚がありました」と、自己記録4m10を更新する高さを1回で成功させてプレッシャーをかける。 すると、小林が3回目に成功。昨年のインターハイ女王は「2週間前にポールの保持を変えた」のが功を奏す。大会前のベストは昨年4月とインターハイでマークした4m00だったが、これを一気に13cmも更新。「目標だった」という台信の持つ日体大記録4m11も塗り替えた。 これに燃えたのが台信。「大坂谷選手に跳ばれて、美月に日体大記録も塗り替えられて、3回目は4年生の意地でした」と、土壇場でクリアして3人が4m13で並んだ。 そして続く4m18。「4m13の時に感覚をつかめた」という台信は2回目に見事にクリアした。学生歴代4位の好記録で優勝決定。「ポールが遅れがちなところも改善できて、冷静に試合を運べました」と言い、「うれしさもありますが、一安心です」と先輩の意地を見せて安堵の表情を浮かべた。 今季は「関東インカレ、日本インカレと3冠したいです」と笑顔で意気込みを語る。 2位の大坂谷は惜しくもタイトルを逃したものの、「踏み切りの入りや左手の使い方、空中動作など変えているところ」と言い、「ハマれば4m30から40も跳べる感覚があります」と手応えをつかんだ。2日後の兵庫リレーカーニバルにも出場予定だ。 小林は「最近は調子が悪かったのですが、大きな大会でスイッチが入りました」とさすがの勝負強さを見せた。4m13はU20日本歴代3位タイ。大学に入ってから「ウエイトトレーニングもしっかりやっています。4m20以上を跳んで、1年生というのは関係なく日本インカレで勝ちたいです」と力強かった。 4月1日に諸田実咲(アットホーム)が4m41の日本新を樹立。日体大競技会だったが、その時に「白旗を挙げた」のが審判をしていた台信だった。3人ともが「刺激になりました」と言い、台信は「この記録でも喜べないですし、歴史が変わってきている感じがします」と話す。 前日本記録保持者・我孫子智美がロンドン五輪に出てから閉ざされている世界への扉。少しずつ重い扉が開こうとしている。 ライブ配信は「あすリートチャンネル」の日本学生個人選手権特設ページ

2023日本学生個人選手権1日目の優勝者をチェック!

●男子 1500m 高村比呂飛(日体大)3分43秒70=大会新 10000m 山本唯翔(城西大) 29分29秒98 110mH 豊田兼(慶大) 13秒50(+1.1)=大会新 10000m競歩 吉川絢斗(東京学芸大) 40分36秒18 走幅跳 鳥海勇斗(日大) 7m91(+3.2) 砲丸投 池田大晟(鹿屋体大) 16m99 円盤投 北原 博企(新潟医療福祉大) 54m91 ●女子 1500m 樫原沙紀(筑波大) 4分24秒80 10000m 山﨑りさ(日体大) 32分40秒40 100mH 伊藤彩香(福岡大) 13秒32(+0.9) 棒高跳 台信 愛(日体大) 4m18=大会新 走幅跳 木村美海(四国大院) 6m11(+1.2) 砲丸投 大野史佳(筑波大院) 14m93 円盤投 齋藤真希(東海大院) 55m66=大会新

【動画】大会新連発!日本学生個人選手権1日目のハイライトをチェック!

https://youtu.be/Br8ZVvOVV4w ライブ配信は「あすリートチャンネル」の日本学生個人選手権特設ページ

【動画】棒高跳で大ジャンプ!日体大・台信愛と小林美月のインタビュー

次ページ:

ページ: 1 2 3 4

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

NEWS 全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

2024.06.24

全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6月21~30日/米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100mはノア・ライルズが自己タイの9秒83(+0.4)で制し、この種目で初の五輪出場権を手に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top