HOME 国内、大学

2023.04.21

100mH伊藤彩香と本田怜が0.02秒差の激戦!ともに準決勝で学生歴代上位の大会新刻む/学生個人
100mH伊藤彩香と本田怜が0.02秒差の激戦!ともに準決勝で学生歴代上位の大会新刻む/学生個人

2023日本学生個人選手権100mH優勝の伊藤(左)と2位の本田

◇2023日本学生個人選手権(2023年4月21~23日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)

ワールドユニバーシティゲームズの代表選考会を兼ねた日本学生個人選手権の1日目が行われ、女子100mハードルはハイレベルな争いとなった。

広告の下にコンテンツが続きます

コンディションに恵まれたこともあり、予選1組で伊藤彩香(福岡大)が13秒35(+0.6)の快走、2位に本田怜(順大)が13秒41で続く。この2人が準決勝、決勝と激突した。

準決勝(追い風1.4m)では本田が鋭いハードリングから13秒22をマーク。学生歴代4位タイに入る好走で、伊藤は同7位に入る13秒25を叩き出す。決勝ではタイムこそ落ちたものの、今度は13秒32をマークした伊藤が0.02秒差で本田を抑えた。

「調子が良くて自分のパフォーマンスが出せました」と笑顔。フィニッシュ後は指導する信岡沙希重コーチと涙を浮かべて抱擁した。昨年の日本インカレでは4×100mリレーの1走を務めて優勝しているようにスプリントが持ち味。「強い先輩たちと練習してスプリントが上がっています。4月上旬から走れているのを感じていました」と手応えをつかんでいた。

「これほどの記録が出るとは思っていなかったです優勝は目指していました。ここがスタートなので、シニアの方々に食らいついて、日本選手権では決勝に立ちたいです」と力強く語った。

広告の下にコンテンツが続きます

2位の本田は、昨年の日本インカレでも同タイム2位だった。「あの時は初めての全国大会決勝でうれしかったですが、今回は悔しい。メンタル面で弱さが出ました」と唇を噛む。「1台目が遅いのが課題。どんな舞台でも自分の走りができるようにしたいです。日本学生記録(13秒15)を更新したい」と次を見据えていた。

日本記録が連発するなど活況の女子スプリントハードル。若い力も着々と育っている。

ライブ配信は「あすリートチャンネル」の日本学生個人選手権特設ページ

広告の下にコンテンツが続きます
◇2023日本学生個人選手権(2023年4月21~23日/神奈川・レモンガススタジアム平塚) ワールドユニバーシティゲームズの代表選考会を兼ねた日本学生個人選手権の1日目が行われ、女子100mハードルはハイレベルな争いとなった。 コンディションに恵まれたこともあり、予選1組で伊藤彩香(福岡大)が13秒35(+0.6)の快走、2位に本田怜(順大)が13秒41で続く。この2人が準決勝、決勝と激突した。 準決勝(追い風1.4m)では本田が鋭いハードリングから13秒22をマーク。学生歴代4位タイに入る好走で、伊藤は同7位に入る13秒25を叩き出す。決勝ではタイムこそ落ちたものの、今度は13秒32をマークした伊藤が0.02秒差で本田を抑えた。 「調子が良くて自分のパフォーマンスが出せました」と笑顔。フィニッシュ後は指導する信岡沙希重コーチと涙を浮かべて抱擁した。昨年の日本インカレでは4×100mリレーの1走を務めて優勝しているようにスプリントが持ち味。「強い先輩たちと練習してスプリントが上がっています。4月上旬から走れているのを感じていました」と手応えをつかんでいた。 「これほどの記録が出るとは思っていなかったです優勝は目指していました。ここがスタートなので、シニアの方々に食らいついて、日本選手権では決勝に立ちたいです」と力強く語った。 2位の本田は、昨年の日本インカレでも同タイム2位だった。「あの時は初めての全国大会決勝でうれしかったですが、今回は悔しい。メンタル面で弱さが出ました」と唇を噛む。「1台目が遅いのが課題。どんな舞台でも自分の走りができるようにしたいです。日本学生記録(13秒15)を更新したい」と次を見据えていた。 日本記録が連発するなど活況の女子スプリントハードル。若い力も着々と育っている。 ライブ配信は「あすリートチャンネル」の日本学生個人選手権特設ページ

【動画】大会新が誕生した女子100mハードル準決勝

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top