HOME 特集

2023.04.19

学生No.1は!?三浦由奈、森山静穂、山本亜美ら注目のスプリント! 学生記録持つ船田茜理、村上来花ら女子注目選手をピックアップ/学生個人
学生No.1は!?三浦由奈、森山静穂、山本亜美ら注目のスプリント! 学生記録持つ船田茜理、村上来花ら女子注目選手をピックアップ/学生個人

左から森山静穂(福岡大)・山本亜美(立命大)・船田茜理(武庫川女大院)・村上来花(九州共立大)

2023日本学生個人選手権が4月21日から3日間、神奈川県平塚市のレモンガススタジアム平塚で開催される(ハンマー投は東海大学湘南校舎陸上競技場)。

同大会は今夏に中国・成都で行われるワールドユニバーシティゲームズ(以下、ユニバ)の代表選考会。学生個人ナンバー1、そして学生日本代表を勝ち取るのは!? 女子の注目選手をピックアップする。

広告の下にコンテンツが続きます

昨年、100mの準決勝で11秒47の大会記録を樹立、決勝も制した青山華依(甲南大)はケガのためエントリーせず。ランキングトップは11秒55の三浦由奈(筑波大)。昨年の関東インカレ女王が頂点に立つか。石堂陽奈(環太平洋大)、城戸優来(福岡大)、ケガから調子を上げてきた石川優(青学大)、出雲陸上を制した三浦愛華(園田学園女大)らが覇権を争う。ルーキーの藏重みう(甲南大)も虎視眈々と狙う。

400mで注目なのが森山静穂(福岡大)。昨年は53秒62まで記録を短縮し、日本インカレ優勝など飛躍を遂げた。学生ラストシーズンを迎えた髙島咲季(青学大)は復活なるか。マルチスプリンター・安達茉鈴(園田学園女大)、児島柚月(立命大)も注目だ。

5000mには名城大の次期エース・米澤奈々香らがエントリー。10000mにも増渕祐香、谷本七星、原田紗希らが名城大から出場を予定している。北川星瑠(大阪芸大)、村松灯(立命大)らとの激突か。

ハードルは多士済々。100mハードルは日本インカレ優勝の田中きよの(駿河台大)、400mハードルは山本亜美(立命大)に注目が集まる。ヨンパー陣は川村優佳ら早大勢、前回女王の青木穂花(青学大)が優勝争いをしそう。

広告の下にコンテンツが続きます

日本記録が樹立されて盛り上がる棒高跳は、高校記録(4m16)保持者の村田蒼空(筑波大)、インターハイ女王の小林美月(日体大)といった有力ルーキーが、4m11がベストの台信愛(日体大)、大坂谷明里(園田学園女大)らに挑む。

学生記録保持者がいる三段跳とハンマー投には好記録の予感。三段跳の船田茜理(武庫川女大院)は昨年13m81をジャンプしており、14m台に乗る可能性もある。ハンマー投の村上来花(九州共立大)は4月に65m33を投げている。さらに記録を伸ばせるか。円盤投は齋藤真希(東海大院)が日本記録(59m03)近くまで放ってもおかしくない。

やり投では59m49のベストを持つ木村玲奈(新潟医療福祉大)、辻萌々子(九州共立大)、山元祐季(九州共立大院)、村上碧海(日体大)らが学生5人目となる60mオーバーを目指す。

インカレのような学校対校とは違う「個人ナンバー1」決定戦。その称号とユニバ代表を懸けた一戦が幕を開ける。

広告の下にコンテンツが続きます

大会の様子は「あすリートチャンネル」でライブ配信。ロンドン五輪代表の江里口匡史さん(大阪ガスコーチ)、北京五輪代表の竹澤健介さん(摂南大ヘッドコーチ)、ロンドン五輪代表の木﨑良子さん(ダイハツ)といった豪華メンバーが解説を務める。「あすリートチャンネル×月陸Online」のコラボ企画では、動画・記事・SNSの両面で大会を盛り上げていく。

■あすリートチャンネル「日本学生個人選手権」特設ページ

2023日本学生個人選手権が4月21日から3日間、神奈川県平塚市のレモンガススタジアム平塚で開催される(ハンマー投は東海大学湘南校舎陸上競技場)。 同大会は今夏に中国・成都で行われるワールドユニバーシティゲームズ(以下、ユニバ)の代表選考会。学生個人ナンバー1、そして学生日本代表を勝ち取るのは!? 女子の注目選手をピックアップする。 昨年、100mの準決勝で11秒47の大会記録を樹立、決勝も制した青山華依(甲南大)はケガのためエントリーせず。ランキングトップは11秒55の三浦由奈(筑波大)。昨年の関東インカレ女王が頂点に立つか。石堂陽奈(環太平洋大)、城戸優来(福岡大)、ケガから調子を上げてきた石川優(青学大)、出雲陸上を制した三浦愛華(園田学園女大)らが覇権を争う。ルーキーの藏重みう(甲南大)も虎視眈々と狙う。 400mで注目なのが森山静穂(福岡大)。昨年は53秒62まで記録を短縮し、日本インカレ優勝など飛躍を遂げた。学生ラストシーズンを迎えた髙島咲季(青学大)は復活なるか。マルチスプリンター・安達茉鈴(園田学園女大)、児島柚月(立命大)も注目だ。 5000mには名城大の次期エース・米澤奈々香らがエントリー。10000mにも増渕祐香、谷本七星、原田紗希らが名城大から出場を予定している。北川星瑠(大阪芸大)、村松灯(立命大)らとの激突か。 ハードルは多士済々。100mハードルは日本インカレ優勝の田中きよの(駿河台大)、400mハードルは山本亜美(立命大)に注目が集まる。ヨンパー陣は川村優佳ら早大勢、前回女王の青木穂花(青学大)が優勝争いをしそう。 日本記録が樹立されて盛り上がる棒高跳は、高校記録(4m16)保持者の村田蒼空(筑波大)、インターハイ女王の小林美月(日体大)といった有力ルーキーが、4m11がベストの台信愛(日体大)、大坂谷明里(園田学園女大)らに挑む。 学生記録保持者がいる三段跳とハンマー投には好記録の予感。三段跳の船田茜理(武庫川女大院)は昨年13m81をジャンプしており、14m台に乗る可能性もある。ハンマー投の村上来花(九州共立大)は4月に65m33を投げている。さらに記録を伸ばせるか。円盤投は齋藤真希(東海大院)が日本記録(59m03)近くまで放ってもおかしくない。 やり投では59m49のベストを持つ木村玲奈(新潟医療福祉大)、辻萌々子(九州共立大)、山元祐季(九州共立大院)、村上碧海(日体大)らが学生5人目となる60mオーバーを目指す。 インカレのような学校対校とは違う「個人ナンバー1」決定戦。その称号とユニバ代表を懸けた一戦が幕を開ける。 大会の様子は「あすリートチャンネル」でライブ配信。ロンドン五輪代表の江里口匡史さん(大阪ガスコーチ)、北京五輪代表の竹澤健介さん(摂南大ヘッドコーチ)、ロンドン五輪代表の木﨑良子さん(ダイハツ)といった豪華メンバーが解説を務める。「あすリートチャンネル×月陸Online」のコラボ企画では、動画・記事・SNSの両面で大会を盛り上げていく。 ■あすリートチャンネル「日本学生個人選手権」特設ページ

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top