HOME 高校・中学

2023.03.30

【高校生FOCUS】女子400mH 瀧野未来(京都橘高)「一番の目標は3冠。チームで日本一を取りたい!」
【高校生FOCUS】女子400mH 瀧野未来(京都橘高)「一番の目標は3冠。チームで日本一を取りたい!」

高校ラストシーズンに挑む瀧野未来選手(提供写真)

FOCUS! 高校生INTERVIEW
瀧野 未来  Takino Miku
京都橘高2京都

活躍中の注目高校アスリートをフォーカスして紹介するこのコーナー。今回は、昨年の徳島インターハイ女子400mハードルで高2歴代4位となる58秒54の好タイムで優勝。また、秋の栃木国体少年A300mHやU18大会300mも制し、高校の主要3大会を優勝した瀧野未来選手(京都橘2)にインタビューしました。新年度からは3年生となって高校最後のシーズンに突入。個人種目だけでなく大きな目標も掲げています

広告の下にコンテンツが続きます

昨夏のインターハイVで自信

――高校の最終学年を迎えますが、この冬の練習ではどんな点を意識して取り組みましたか。
瀧野 インターハイや国体で優勝できましたが、逆脚でのハードリングが苦手でした。400mハードルのハードル間の歩数は、5台目まで16歩、6台目以降が17歩。前半は逆脚を挟むので、タイムを縮めていくには、その逆脚を克服することが重要なポイントになると思っています。チームに100mHの強い選手がいるので、そうした選手と一緒にトレーニングを積むなどしてハードル技術の向上に努めてきました。

――手応えはいかがですか
瀧野 だいぶ逆脚も上達してリズム良く走れるようになってきました。苦手意識があってこれまで前半から突っ込んでいけなかった大きな要因でしたが、今シーズンは前半から積極的なレースを心掛けていきたいと思っています。走り込みでスタミナ強化にも努めてきたので今からレースに出るのが楽しみです。

――大活躍だった2022年シーズンで一番印象に残っている大会を教えてください。
瀧野 400mハードルのインターハイ決勝です。昨年のシーズン前半は気持ちで負けていることが多かったのですが、インターハイでは周りの支えもあって、気持ちの弱さを克服して優勝できたので特に印象に残っています。それまでは、レースでは常に怖い気持ちや緊張でカチカチになっていたのですが、インターハイを経て、秋の国体やU18大会では、自信を持ってレースに臨むことができるようになりました。

――インターハイはいろんな意味でターニングポイントになったレースでしたね。
瀧野 はい。インターハイは高校生にとっては大きな大会で、そこで自分の力を発揮し優勝できたことが自信につながったと思います。その後は、気持ちの面でもしっかりコントロールできるようになり、強気でレースに臨めるようになりました。

広告の下にコンテンツが続きます

――全国大会では、常に結果を残しています。その秘訣はありますか。
瀧野 全国大会以外の他の大会ではいっぱい失敗してきており、大きな大会で後悔だけはしたくないという思いで臨んでいます。1年生のU18大会(300m)で優勝した時に、周りの方々がすごく喜んでくれたことはもちろん、雑誌や新聞などで取り上げていただいて、「日本一になるって違うんやなぁ~」と実感しました。優勝することでみんながそんなに喜んでくれるなら、またがんばって一番になって、周囲の人たちの笑顔が見たいと強く思うようになり、それが土壇場での集中力のアップにつながっていると思います。

――チームメイトの支えも大きいですか。
瀧野 京都橘では、レース前になると、部員みんなで送り出してくれます。ルーティンなどはありませんが、みんなから勇気と元気をもらって挑めるので、それがパワーになっていると思います。

――2023年はどんな1年にしたいですか。
瀧野 インターハイでは400mハードルで連覇して、4継(4×100mリレー)とマイル(4×400mリレー)も優勝して3冠が一番の目標です。タイムとしては400mハードルは高校記録(57秒09)の更新、4継は44秒台、マイルは3分40秒を切って頂点に立ちたいですね。京都橘はまだリレーで勝っていないので、チームで日本一をつかみ取りたいと思っています。

FOCUS! 高校生INTERVIEW 瀧野 未来  Takino Miku 京都橘高2京都 活躍中の注目高校アスリートをフォーカスして紹介するこのコーナー。今回は、昨年の徳島インターハイ女子400mハードルで高2歴代4位となる58秒54の好タイムで優勝。また、秋の栃木国体少年A300mHやU18大会300mも制し、高校の主要3大会を優勝した瀧野未来選手(京都橘2)にインタビューしました。新年度からは3年生となって高校最後のシーズンに突入。個人種目だけでなく大きな目標も掲げています

昨夏のインターハイVで自信

――高校の最終学年を迎えますが、この冬の練習ではどんな点を意識して取り組みましたか。 瀧野 インターハイや国体で優勝できましたが、逆脚でのハードリングが苦手でした。400mハードルのハードル間の歩数は、5台目まで16歩、6台目以降が17歩。前半は逆脚を挟むので、タイムを縮めていくには、その逆脚を克服することが重要なポイントになると思っています。チームに100mHの強い選手がいるので、そうした選手と一緒にトレーニングを積むなどしてハードル技術の向上に努めてきました。 ――手応えはいかがですか瀧野 だいぶ逆脚も上達してリズム良く走れるようになってきました。苦手意識があってこれまで前半から突っ込んでいけなかった大きな要因でしたが、今シーズンは前半から積極的なレースを心掛けていきたいと思っています。走り込みでスタミナ強化にも努めてきたので今からレースに出るのが楽しみです。 ――大活躍だった2022年シーズンで一番印象に残っている大会を教えてください。 瀧野 400mハードルのインターハイ決勝です。昨年のシーズン前半は気持ちで負けていることが多かったのですが、インターハイでは周りの支えもあって、気持ちの弱さを克服して優勝できたので特に印象に残っています。それまでは、レースでは常に怖い気持ちや緊張でカチカチになっていたのですが、インターハイを経て、秋の国体やU18大会では、自信を持ってレースに臨むことができるようになりました。 ――インターハイはいろんな意味でターニングポイントになったレースでしたね。 瀧野 はい。インターハイは高校生にとっては大きな大会で、そこで自分の力を発揮し優勝できたことが自信につながったと思います。その後は、気持ちの面でもしっかりコントロールできるようになり、強気でレースに臨めるようになりました。 ――全国大会では、常に結果を残しています。その秘訣はありますか。 瀧野 全国大会以外の他の大会ではいっぱい失敗してきており、大きな大会で後悔だけはしたくないという思いで臨んでいます。1年生のU18大会(300m)で優勝した時に、周りの方々がすごく喜んでくれたことはもちろん、雑誌や新聞などで取り上げていただいて、「日本一になるって違うんやなぁ~」と実感しました。優勝することでみんながそんなに喜んでくれるなら、またがんばって一番になって、周囲の人たちの笑顔が見たいと強く思うようになり、それが土壇場での集中力のアップにつながっていると思います。 ――チームメイトの支えも大きいですか。 瀧野 京都橘では、レース前になると、部員みんなで送り出してくれます。ルーティンなどはありませんが、みんなから勇気と元気をもらって挑めるので、それがパワーになっていると思います。 ――2023年はどんな1年にしたいですか。 瀧野 インターハイでは400mハードルで連覇して、4継(4×100mリレー)とマイル(4×400mリレー)も優勝して3冠が一番の目標です。タイムとしては400mハードルは高校記録(57秒09)の更新、4継は44秒台、マイルは3分40秒を切って頂点に立ちたいですね。京都橘はまだリレーで勝っていないので、チームで日本一をつかみ取りたいと思っています。

みんなを笑顔にできれば

――陸上を始めた時期ときっかけを教えてください。 瀧野 小学校4年生からです。母が元々、陸上選手で長距離をやっていたこともあり、母の勧めでクラブに入会しました。母は全国都道府県女子駅伝にも京都代表で出場していたと聞いています。最初は長距離をやっていましたが、ラストスパートの強化のために夏場に短距離を始めたのをきっかけです。 ――ハードルはいつ始めましたか。 瀧野 小6の時です。コーチから勧められてハードルを始め、全国大会にも出場することができました。長距離でも大会には出ていましたが、短距離のほうが速くなりおもしろくなってきたので、中学からは短距離を専門に取り組んできました。 ――中学では短距離以外にも取り組みましたか。 瀧野 人数の関係で冬は駅伝にも出て毎年タスキをつないでいました。振り返ると、そうした長距離で基礎体力やスタミナを強化してきたこと、小学校時代のハードルの経験が今の400mや400mハードルに役立っていると感じています。 [caption id="attachment_96562" align="alignnone" width="800"] 22年インターハイ400mHで優勝した瀧野未来選手[/caption] ――あこがれの選手はいますか。 瀧野 あこがれというより目標としているのが(山本)亜美先輩(立命大/京都橘高出身)です。亜美先輩と勝負できる存在に早くなりたいと思っています。できれば日本選手権など大きな大会で少しでも近づいて、いずれは追い越せるようがんばりたいです。そう思えるようになれたのもインターハイの優勝がきっかけですし、高校記録の更新も、亜美先輩ができなかった高校記録を更新して、これまでお世話になった方々に恩返しがしたいという気持ちが強いです。 ――休日の過ごし方を教えてもらえますか? 瀧野 自宅から歩いて行ける距離にホテルの温泉施設があるので、休みの日にはよく入りにいってリラックスしています。 ――得意な科目や苦手な教科は。 瀧野 得意なのは球技を除く体育です(笑)。陸上はもちろんですが、マット運動は得意です。国語が好きです。苦手は理系科目です。 ――将来の目標を教えてください。 瀧野 職業などはまだ考えていませんが、陸上はこの先も続けていくつもりで、まずはパリ五輪出場が目標です。その先も亜美先輩と一緒に世界大会に出場して結果を残すことが目標です。また、選手を続けていく上で、周囲の人たちから応援してもらえる選手でいたいと常々思っています。結果を残してみんなを笑顔にできればいいですね。 構成/花木 雫

瀧野未来のプロフィールをチェック

◎たきの・みく/2005年6月19日生まれ。京都・男山東中-京都橘高。小学校6年時の17年全国小学生交流大会80mハードルで8位。中学でも1年時から全国大会(18年ジュニア五輪C100m)に出場し、2年時の19年全中では100m7位、200m4位と2種目入賞を果たした。3年時の20年全国中学生大会は200mで4位に入っている。高校では1年時の21年U18大会300mを制すると、2年時の22年はインターハイ(400mH)、国体(300mH)、U18大会(300m)をいずれも異なる種目で優勝した。100mからハードル種目まで記録を持つマルチスプリンター。主な自己ベストは100m11秒88(22年)、200m24秒69(21年)、300m38秒42(22年)、400m55秒14(22年)、300mH42秒03(22年)、400mH58秒54(22年) [caption id="attachment_96563" align="alignnone" width="800"] 瀧野未来選手(22年インターハイ)[/caption]

次ページ:

ページ: 1 2 3

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top