HOME 特集

2023.02.24

三浦龍司、坂東悠汰、塩尻和也らスピードランナー集結!女子は前回2位の猿見田、前々回3位の和田ら/日本選手権クロカン
三浦龍司、坂東悠汰、塩尻和也らスピードランナー集結!女子は前回2位の猿見田、前々回3位の和田ら/日本選手権クロカン

2023年日本選手権クロカンが2月26日に開催される

第106回日本選手権クロスカントリー(福岡・海の中道海浜公園)が2月26日に開催される。

男子(10km)では東京五輪3000m障害7位入賞の三浦龍司(順大)に注目が集まる。前回大会は当日の体調不良で欠場したが、2021年大会では前回Vの松枝博輝(富士通)を下して優勝している。

東京五輪5000m代表で19年覇者の坂東悠汰(富士通)、昨年12月に5000mで13分16秒53の日本歴代7位の好記録をマークしている塩尻和也(富士通)、5000m13分19秒96のベストを持つ砂岡拓磨(コニカミノルタ)らスピード自慢の実業団ランナーも名を連ね、ハイレベルな争いとなりそう。

学生勢では三浦のほか、石原翔太郎(東海大)、溜池一太(中大)、斎藤将也(城西大)、間瀬田純平(早大)など学生駅伝で活躍したメンバーがエントリー。百戦錬磨の実業団選手の間に割って入れるか。

また、昨年11月に5000mの高校記録(13分22秒99)を樹立した吉岡大翔(佐久長聖高・長野)はシニアの部にエントリーしているものの、関係者によると欠場する見込みとのこと。このほか、男子では川瀬翔矢(Honda)、上野裕一郎(セントポールクラブ)、神野大地(セルソース)らが出場を予定している。

女子(8km)は前回大会で2位に入った猿見田裕香(ユニバーサルエンターテインメント)、20年2位、21年3位の実績を持つ和田有菜(日本郵政グループ)、マラソンでも活躍する山口遥(AC・KITA)、15年世界選手権5000m代表の鷲見梓沙(ユニバーサルエンターテインメイト)らがエントリーしている。絶対的な優勝候補は不在のため、群雄割拠の優勝争いになりそうだ。

また、同日にはU20日本選手権クロカンも同時開催され、男子(8km)は昨年のインターハイ3000m障害優勝の齊藤大空(利府高3宮城)、全国高校駅伝1区2位の永原颯磨(佐久長聖高2長野)、5000m13分56秒45の安原海晴(滋賀学園高3)、地元福岡から青木龍翔、谷本昂士郎(ともに大牟田高3)らが登録。

女子(6km)は全国高校駅伝を制した長野東高から名和夏乃子(2年)、窪田舞(1年)がエントリー。松本明莉(筑紫女学園高3福岡)や細谷愛子(立命館宇治高3京都)といった全国大会常連選手も日本一の栄冠を目指して出場する。

レースは2月26日、U20の部が12時50分から、シニアの部が13時50分からスタート。大会の様子はYouTubeにてライブ配信される。

次ページ 日本選手権クロカンの主なエントリー選手

第106回日本選手権クロスカントリー(福岡・海の中道海浜公園)が2月26日に開催される。 男子(10km)では東京五輪3000m障害7位入賞の三浦龍司(順大)に注目が集まる。前回大会は当日の体調不良で欠場したが、2021年大会では前回Vの松枝博輝(富士通)を下して優勝している。 東京五輪5000m代表で19年覇者の坂東悠汰(富士通)、昨年12月に5000mで13分16秒53の日本歴代7位の好記録をマークしている塩尻和也(富士通)、5000m13分19秒96のベストを持つ砂岡拓磨(コニカミノルタ)らスピード自慢の実業団ランナーも名を連ね、ハイレベルな争いとなりそう。 学生勢では三浦のほか、石原翔太郎(東海大)、溜池一太(中大)、斎藤将也(城西大)、間瀬田純平(早大)など学生駅伝で活躍したメンバーがエントリー。百戦錬磨の実業団選手の間に割って入れるか。 また、昨年11月に5000mの高校記録(13分22秒99)を樹立した吉岡大翔(佐久長聖高・長野)はシニアの部にエントリーしているものの、関係者によると欠場する見込みとのこと。このほか、男子では川瀬翔矢(Honda)、上野裕一郎(セントポールクラブ)、神野大地(セルソース)らが出場を予定している。 女子(8km)は前回大会で2位に入った猿見田裕香(ユニバーサルエンターテインメント)、20年2位、21年3位の実績を持つ和田有菜(日本郵政グループ)、マラソンでも活躍する山口遥(AC・KITA)、15年世界選手権5000m代表の鷲見梓沙(ユニバーサルエンターテインメイト)らがエントリーしている。絶対的な優勝候補は不在のため、群雄割拠の優勝争いになりそうだ。 また、同日にはU20日本選手権クロカンも同時開催され、男子(8km)は昨年のインターハイ3000m障害優勝の齊藤大空(利府高3宮城)、全国高校駅伝1区2位の永原颯磨(佐久長聖高2長野)、5000m13分56秒45の安原海晴(滋賀学園高3)、地元福岡から青木龍翔、谷本昂士郎(ともに大牟田高3)らが登録。 女子(6km)は全国高校駅伝を制した長野東高から名和夏乃子(2年)、窪田舞(1年)がエントリー。松本明莉(筑紫女学園高3福岡)や細谷愛子(立命館宇治高3京都)といった全国大会常連選手も日本一の栄冠を目指して出場する。 レースは2月26日、U20の部が12時50分から、シニアの部が13時50分からスタート。大会の様子はYouTubeにてライブ配信される。 次ページ 日本選手権クロカンの主なエントリー選手

日本選手権クロカンの主なエントリー選手

男子 神野 大地(セルソース) 三浦 龍司(順大) 上野裕一郎(セントポールクラブ) 鬼塚 翔太(メイクス) 及川 瑠音(東洋大学) 石原翔太郎(東海大学) 砂岡 拓磨(コニカミノルタ) 間瀬田純平(早稲田大学) 田村 友伸(黒崎播磨) 塩尻 和也(富士通) 坂東 悠汰(富士通) 溜池 一太(中央大学) 小林  青(マツダ) 今井 篤弥(トヨタ自動車九州) 川瀬 翔矢(Honda) 吉岡 大翔(佐久長聖高・長野) 女子 猿見田裕香(ユニバーサルエンターテインメント) 鷲見 梓沙(ユニバーサルエンターテインメント) 大西  響(ユニバーサルエンターテインメント) 西澤 果穂(コモディイイダ) 荘司 麻衣(ユニクロ) 福田 有以(ユニクロ) 倉岡 奈々(鹿児島銀行) 小坂井智絵(日本郵政グループ) 和田 有菜(日本郵政グループ)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.20

エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

6月19日、米国アンチドーピング機構(USADA)は、男子短距離のエリヨン・ナイトン(米国)の暫定資格停止処分を解除することを発表した。 20歳のナイトンは昨年のブダペスト世界選手権200m銀メダリスト。17歳だった21 […]

NEWS 五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

2024.06.19

五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

第108回日本選手権・混成競技が6月22、23日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる。パリ五輪代表選考会を兼ねた一戦の注目選手を見ていく。 男子十種競技の優勝候補は丸山優真(住友電工)。前回は7816点で初優勝 […]

NEWS マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

2024.06.19

マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

陸上界のレジェンドとして1990年代から2000年代に活躍したマイケル・ジョンソン氏(米国)の主催する陸上リーグの詳細が6月19日に発表された。「グランドスラム・トラック」と銘打たれ、25年に開始される予定となっている。 […]

NEWS 女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、森本麻里子(オリコ)が13m37(+2.5)で9位に入った。 昨年のブダペスト世界選手権代表の森本 […]

NEWS ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、男子100mでは東京五輪金メダルのL.M.ジェイコブス(イタリア)が9秒92(+1.5)で優勝した […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top