HOME 国内

2023.02.05

市山翼が勝負強さを見せる2度目の2時間7分台「MGC出場権と日本人トップはうれしい」/別大マラソン
市山翼が勝負強さを見せる2度目の2時間7分台「MGC出場権と日本人トップはうれしい」/別大マラソン

23年別府大分毎日磨マラソンでMGC出場権を獲得した市山

◇第71回別府大分毎日マラソン(2月5日/大分・うみたまごスタート、ジェイリーススタジアムフィニッシュ)

国内招待選手の市山翼(小森コーポレーション)がセカンドベストの2時間7分44秒で日本人トップの3位。10月15日のパリ五輪代表選考レース・マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)出場権を獲得した。

広告の下にコンテンツが続きます

「MGC出場権と日本人トップを狙っていたのでうれしいです」と笑顔を見せた。

ペースメーカーが先導する1km3分のペースのなか、しっかりと集団の中で勝負の時を待っていた市山。30kmでペースメーカーが離れ、海外招待の2選手が一気に飛び出すなか、市山は日本人集団の前方に出た。

市田孝(旭化成)が前に出た後も、その背後にピタリとつけ、市田の勢いが衰えたとみるや、日本人集団を牽引。終盤、木村慎(Honda)や聞谷賢人(トヨタ紡織)との争いとなったが、2人を振り切ってトップ3を確保した。

埼玉・大宮東高時代の5000m自己ベストは、卒業直前の3月にマークした14分56秒87だった。中央学院大時代で箱根駅伝に出場したのは3年時の18年大会の2区のみ。それも区間17位に終わり、学生の中では際立つ選手ではなかった。

広告の下にコンテンツが続きます

だが、19年春に実業団(埼玉医科大AC)に進むと10000mで28分台をマーク。20年春のびわ湖毎日でマラソンに初挑戦した。その年の夏に小森コーポレーションへ移籍。3度目のマラソンとなった21年のびわ湖毎日では2時間7分41秒の大幅自己新で駆け抜けた。

22年の別大は途中棄権、夏の北海道マラソンでは2時間17分台と不本意な成績が続いたものの、昨年12月の防府読売では2時間9分43秒で6位に入っている。

7回目のマラソンとなった今回、自己ベストにはあと3秒届かず「悔しい」ともこぼしたが、2年ぶりの2時間7分台に手応えをつかんだ様子。この春から実業団5年目に突入する26歳は「パリ五輪代表へ少しでも近づきたい」と今秋へ向けて意気込みを口にした。

◇第71回別府大分毎日マラソン(2月5日/大分・うみたまごスタート、ジェイリーススタジアムフィニッシュ) 国内招待選手の市山翼(小森コーポレーション)がセカンドベストの2時間7分44秒で日本人トップの3位。10月15日のパリ五輪代表選考レース・マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)出場権を獲得した。 「MGC出場権と日本人トップを狙っていたのでうれしいです」と笑顔を見せた。 ペースメーカーが先導する1km3分のペースのなか、しっかりと集団の中で勝負の時を待っていた市山。30kmでペースメーカーが離れ、海外招待の2選手が一気に飛び出すなか、市山は日本人集団の前方に出た。 市田孝(旭化成)が前に出た後も、その背後にピタリとつけ、市田の勢いが衰えたとみるや、日本人集団を牽引。終盤、木村慎(Honda)や聞谷賢人(トヨタ紡織)との争いとなったが、2人を振り切ってトップ3を確保した。 埼玉・大宮東高時代の5000m自己ベストは、卒業直前の3月にマークした14分56秒87だった。中央学院大時代で箱根駅伝に出場したのは3年時の18年大会の2区のみ。それも区間17位に終わり、学生の中では際立つ選手ではなかった。 だが、19年春に実業団(埼玉医科大AC)に進むと10000mで28分台をマーク。20年春のびわ湖毎日でマラソンに初挑戦した。その年の夏に小森コーポレーションへ移籍。3度目のマラソンとなった21年のびわ湖毎日では2時間7分41秒の大幅自己新で駆け抜けた。 22年の別大は途中棄権、夏の北海道マラソンでは2時間17分台と不本意な成績が続いたものの、昨年12月の防府読売では2時間9分43秒で6位に入っている。 7回目のマラソンとなった今回、自己ベストにはあと3秒届かず「悔しい」ともこぼしたが、2年ぶりの2時間7分台に手応えをつかんだ様子。この春から実業団5年目に突入する26歳は「パリ五輪代表へ少しでも近づきたい」と今秋へ向けて意気込みを口にした。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.17

メルボルン五輪女子円盤投金のフィコトバ・コノリー氏が死去 バスケ選手としても活躍

1956年メルボルン五輪女子円盤投金メダルのO.フィコトバ・コノリー氏(チェコスロバキア→米国)が4月12日に亡くなったことを欧州陸連が発表した。91歳だった。 フィコトバ・コノリー氏はメルボルン五輪を五輪新の53m69 […]

NEWS パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

2024.04.17

パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

今夏のパリ五輪・パラリンピックで日本選手団が着用する公式スポーツウエアが4月17日に公開された。 メーカーはアシックス。ジャケットは赤を基調に、パリの日の出をイメージしたデザインがあしらわれている。寒暖差が予想されるため […]

NEWS 男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

2024.04.17

男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

4月15日、伝統の第128回ボストンマラソンが米国で開催され、男子はS.レンマ(エチオピア)が2時間6分17秒で、女子はロンドン・ドーハ世界選手権5000m金メダルのH.オビリ(ケニア)が2時間22分37秒で優勝した。 […]

NEWS やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

2024.04.16

やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

男子やり投のディーン元気(ミズノ)が、4月16日に行われたプロ野球の中日対ヤクルトの始球式を行った。 背番号は88で、「87m60(の日本記録)を超えたい」という思いを込めたという。ディーンはワンバウンドながら球速139 […]

NEWS 静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

2024.04.16

静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

日本グランプリシリーズの第39回静岡国際陸上競技大会(5月3日/静岡・エコパスタジアム)のエントリーリストが4月15日に主催者から発表されている。 男子では200mに昨年のブダペスト世界選手権代表・鵜澤飛羽(筑波大)や飯 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top