HOME 高校

2023.02.05

U20棒高跳5m30を持つ北田琉偉と渡邉瑛斗の大塚高コンビ地元でワンツー「将来、2人で世界へ」/日本室内
U20棒高跳5m30を持つ北田琉偉と渡邉瑛斗の大塚高コンビ地元でワンツー「将来、2人で世界へ」/日本室内

日本室内U20男子棒高跳をワンツーした北田琉偉と渡邉瑛斗

◇2023日本室内大阪大会(2月4、5日/大阪城ホール)

日本室内大阪大会の2日目が2月5日に行われ、U20男子棒高跳は地元勢が躍動した。

広告の下にコンテンツが続きます

ともに5m30のベストを持つ渡邉瑛斗と北田琉偉の大塚高3年生同士が高校最後の全国大会で激突。インターハイ王者の渡邉を抑えて、国体チャンピオンの北田が優勝し、全国の舞台でワンツーを果たした。

3年間、切磋琢磨してきた2人が同じユニフォームを着て出る最後の大会。顧問の舩津哲史先生から「ワンツーしてこい」と発破をかけられた。北田は最初の高さである4m90を3回目となるなど苦しい立ち上がりだったが、5m20を2回目に跳んで勝負を決める。一方、渡邉は「最低ライン」としている5m00から試技を始め、5m10といずれも2回目でクリア。5m20を跳べず、「ただただ悔しい」と唇を噛んだ。

北田は「課題が多すぎる」と反省。「公式練習では足が合ったのですが、試合が始まると調子が上がったのか踏み切りで詰まってしました」と言い、「身体をうまく動かせなかった」と振り返る。

同一校で初めて5m30オーバーを果たした2人。先に頭角を現わしたのは渡邉で、北田は「悔しかったし、追いつこうと思って成長できました」と言う。渡邉もまた、「心の中で意識しています」。もちろん、「仲はすごく良いんです」。だかこそ、お互いに一番負けたくない相手でもある。

広告の下にコンテンツが続きます

北田は日体大へ、渡邉は筑波大へ進学。別々の道を歩むことになる。「1年目から5m80を跳んで世界に行きたい」と北田。「インカレで上位争いをしたい」と渡邉。そして、こんな話をしているという。「将来、2人で世界に出られたらいいね」。次に同じユニフォームを着る時は、胸に日の丸が付いているかもしれない。

◇2023日本室内大阪大会(2月4、5日/大阪城ホール) 日本室内大阪大会の2日目が2月5日に行われ、U20男子棒高跳は地元勢が躍動した。 ともに5m30のベストを持つ渡邉瑛斗と北田琉偉の大塚高3年生同士が高校最後の全国大会で激突。インターハイ王者の渡邉を抑えて、国体チャンピオンの北田が優勝し、全国の舞台でワンツーを果たした。 3年間、切磋琢磨してきた2人が同じユニフォームを着て出る最後の大会。顧問の舩津哲史先生から「ワンツーしてこい」と発破をかけられた。北田は最初の高さである4m90を3回目となるなど苦しい立ち上がりだったが、5m20を2回目に跳んで勝負を決める。一方、渡邉は「最低ライン」としている5m00から試技を始め、5m10といずれも2回目でクリア。5m20を跳べず、「ただただ悔しい」と唇を噛んだ。 北田は「課題が多すぎる」と反省。「公式練習では足が合ったのですが、試合が始まると調子が上がったのか踏み切りで詰まってしました」と言い、「身体をうまく動かせなかった」と振り返る。 同一校で初めて5m30オーバーを果たした2人。先に頭角を現わしたのは渡邉で、北田は「悔しかったし、追いつこうと思って成長できました」と言う。渡邉もまた、「心の中で意識しています」。もちろん、「仲はすごく良いんです」。だかこそ、お互いに一番負けたくない相手でもある。 北田は日体大へ、渡邉は筑波大へ進学。別々の道を歩むことになる。「1年目から5m80を跳んで世界に行きたい」と北田。「インカレで上位争いをしたい」と渡邉。そして、こんな話をしているという。「将来、2人で世界に出られたらいいね」。次に同じユニフォームを着る時は、胸に日の丸が付いているかもしれない。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top