HOME 学生長距離

2023.01.30

最後の箱根路/エースのプライド示した日体大・藤本珠輝「準備は最善を尽くした」卒業後はマラソンで勝負
最後の箱根路/エースのプライド示した日体大・藤本珠輝「準備は最善を尽くした」卒業後はマラソンで勝負

2023年の箱根駅伝で2度目の2区を駆け抜けた日体大の藤本珠輝

2023年、最後の箱根駅伝を終えた大学4年生ランナーたち。納得のいく走りができた選手や悔いを残した選手、なかにはアクシデントでスタートラインにすら立てなかったエース級もいる。お届けするのは、そんな最上級生たちの物語――。

最終学年は故障に苦しむ

エースとしてのプライドを持って臨んだ4度目の箱根駅伝だった。

広告の下にコンテンツが続きます

昨年に続く2区に出走した日体大・藤本珠輝(4年)は、区間12位と苦しい走りに。チームの順位も9位から12位まで下げてしまった。

「他大学のエースと勝負するのが自分の役割。まだまだ力不足だなと実感しています。チームはシード権獲得(10位以内)を目標にしていたので、流れを作ることができませんでした」(藤本)

1年時から主力として活躍し続け、箱根駅伝は1年時から5区16位、1区8位、2区10位と主要区間を担ってきた。今年度は5月の関東インカレでも1部ハーフマラソンで15年ぶりの大会新となる1時間2分20秒で優勝。学生最後のシーズンを華々しいものにするはずだった。

ところが、その直後に右外脛骨の故障が判明。出場予定だった6月の日本選手権、全日本大学駅伝選考会は欠場を余儀なくされた。

広告の下にコンテンツが続きます

走れない期間は心肺機能を維持するためのエアロバイクや水泳に注力し、ウエイトトレーニングにも積極的に取り組んだ。10月の箱根駅伝予選会には間に合わなかったが、11月5日の非公認レースでは5000mで13分台をマークするまでに回復し、11月末には10000mで自己記録(28分08秒58)に約11秒と迫る28分19秒76をマークした。

これならいける。そう信じて調整を続けた。

「(当日に調子を)90%くらいには持ってきたつもりでした。準備は最善を尽くしてきましたが、夏合宿の溜めがなかったのが影響したと思います」

エースとしての自覚がある分、悔しさは残った。ただ、その奮闘を玉城良二駅伝監督はしっかりと評価している。

広告の下にコンテンツが続きます

「準備期間が短い中で、エース区間を担ってくれました。本人は納得がいっていないかもしれませんが、役割を果たしてくれたと思います。3区終了時で11位といい駅伝ができましたが、彼の存在なくしては実現しなかったです」

卒業後はマラソンで勝負!

1年生の頃から故障が多く、2年時もまともに練習できない時期があった。そうした苦しい時期を乗り越え、3年時には5000mで42年ぶりに日体大記録を更新(13分32秒58)。尊敬する2学年先輩・池田耀平(現・Kao)の後を継ぎ、エースとしての立場を確固たるものにした。そんな大学生活を振り返り、藤本は「良いことも悪いことも含めて、非常に濃い4年間だったと思います」と総括する。

卒業後は日立物流で競技を続ける。「自分が目指すのは、泥臭く、粘り強い走り。マラソンでそれを体現していきたいです」と、長い距離で勝負するつもりだ。

日体大の往路メンバーは、藤本以外は全員3年生以下。次回大会は予選会を経由して、継続中では最長となる76年連続出場と2018年以来のシード権獲得を目指すことになる。

広告の下にコンテンツが続きます

「それぞれが悔しさを感じたと思うので、その思いを忘れずにシードを目指してほしいです」

そう後輩へ夢を託した藤本の表情は、やり切った充足感に満ち溢れていた。

1区の山崎丞(右)からタスキを受け取った

藤本珠輝(ふじもと・たまき:日体大)/2001年1月14日生まれ。兵庫県加古川市出身。西脇工高。自己ベストは5000m13分32秒58、10000m28分08秒58、ハーフ1時間2分13秒

広告の下にコンテンツが続きます

文/松永貴允

2023年、最後の箱根駅伝を終えた大学4年生ランナーたち。納得のいく走りができた選手や悔いを残した選手、なかにはアクシデントでスタートラインにすら立てなかったエース級もいる。お届けするのは、そんな最上級生たちの物語――。

最終学年は故障に苦しむ

エースとしてのプライドを持って臨んだ4度目の箱根駅伝だった。 昨年に続く2区に出走した日体大・藤本珠輝(4年)は、区間12位と苦しい走りに。チームの順位も9位から12位まで下げてしまった。 「他大学のエースと勝負するのが自分の役割。まだまだ力不足だなと実感しています。チームはシード権獲得(10位以内)を目標にしていたので、流れを作ることができませんでした」(藤本) 1年時から主力として活躍し続け、箱根駅伝は1年時から5区16位、1区8位、2区10位と主要区間を担ってきた。今年度は5月の関東インカレでも1部ハーフマラソンで15年ぶりの大会新となる1時間2分20秒で優勝。学生最後のシーズンを華々しいものにするはずだった。 ところが、その直後に右外脛骨の故障が判明。出場予定だった6月の日本選手権、全日本大学駅伝選考会は欠場を余儀なくされた。 走れない期間は心肺機能を維持するためのエアロバイクや水泳に注力し、ウエイトトレーニングにも積極的に取り組んだ。10月の箱根駅伝予選会には間に合わなかったが、11月5日の非公認レースでは5000mで13分台をマークするまでに回復し、11月末には10000mで自己記録(28分08秒58)に約11秒と迫る28分19秒76をマークした。 これならいける。そう信じて調整を続けた。 「(当日に調子を)90%くらいには持ってきたつもりでした。準備は最善を尽くしてきましたが、夏合宿の溜めがなかったのが影響したと思います」 エースとしての自覚がある分、悔しさは残った。ただ、その奮闘を玉城良二駅伝監督はしっかりと評価している。 「準備期間が短い中で、エース区間を担ってくれました。本人は納得がいっていないかもしれませんが、役割を果たしてくれたと思います。3区終了時で11位といい駅伝ができましたが、彼の存在なくしては実現しなかったです」

卒業後はマラソンで勝負!

1年生の頃から故障が多く、2年時もまともに練習できない時期があった。そうした苦しい時期を乗り越え、3年時には5000mで42年ぶりに日体大記録を更新(13分32秒58)。尊敬する2学年先輩・池田耀平(現・Kao)の後を継ぎ、エースとしての立場を確固たるものにした。そんな大学生活を振り返り、藤本は「良いことも悪いことも含めて、非常に濃い4年間だったと思います」と総括する。 卒業後は日立物流で競技を続ける。「自分が目指すのは、泥臭く、粘り強い走り。マラソンでそれを体現していきたいです」と、長い距離で勝負するつもりだ。 日体大の往路メンバーは、藤本以外は全員3年生以下。次回大会は予選会を経由して、継続中では最長となる76年連続出場と2018年以来のシード権獲得を目指すことになる。 「それぞれが悔しさを感じたと思うので、その思いを忘れずにシードを目指してほしいです」 そう後輩へ夢を託した藤本の表情は、やり切った充足感に満ち溢れていた。 [caption id="attachment_91903" align="alignnone" width="800"] 1区の山崎丞(右)からタスキを受け取った[/caption] 藤本珠輝(ふじもと・たまき:日体大)/2001年1月14日生まれ。兵庫県加古川市出身。西脇工高。自己ベストは5000m13分32秒58、10000m28分08秒58、ハーフ1時間2分13秒 文/松永貴允

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.14

大迫傑 GMOインターネットGとの契約は8月末で満了「スケジュール考慮」し継続せず

ボストンマラソンに出場する大迫傑(Nike)が自身のSNSを更新し、GMOインターネットグループとのパートナーシップ契約をを更新しないことを明かした。 大迫は22年秋に同チームとパートナーシップ契約を締結し、チームに参画 […]

NEWS サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

2024.04.14

サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

トム・ジョーンズ招待が米国・フロリダ州で行われ、男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場。10秒04(+1.7)をマークした。 昨年のブダペスト世界選手権で100m、200mを制しているノア・ライルズ […]

NEWS 【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

2024.04.14

【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

4月13日、第1回宮崎県記録会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子110mハードルで高校1年生の髙城昊紀(宮崎西高)が14秒32(+0.8)をマークした。この記録は高1歴代3位タイとなる。 髙城は昨年 […]

NEWS 五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

2024.04.14

五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mにパリ五輪マラソン代表の赤﨑暁(九電工)が出場し、13分30秒62と自己3番 […]

NEWS 学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top