HOME 駅伝

2023.01.06

4年生の進路は? 駒大・田澤廉はトヨタ自動車、青学大・近藤SGH、岸本はGMO、ヴィンセントはニューイヤーV2のHondaへ
4年生の進路は? 駒大・田澤廉はトヨタ自動車、青学大・近藤SGH、岸本はGMO、ヴィンセントはニューイヤーV2のHondaへ

駒大のエース田澤廉(2023年箱根駅伝)

2022年度の学生駅伝界は、駒大の箱根駅伝完全優勝、そして出雲駅伝・全日本大学駅伝と3冠で幕を下ろした。

これまで学生長距離を牽引してきた4年生たちは卒業し、新たな舞台へと羽ばたいていく。注目ランナーたちの進路をまとめた。

広告の下にコンテンツが続きます

3冠を達成した駒大の大エースで、オレゴン世界選手権10000m代表の学生最高峰ランナー・田澤廉は、トヨタ自動車へ。大学卒業後も大八木弘明監督の指導を受けてトラックで世界を目指していく。主将の山野力は九電工、箱根で1区を走った円健介は一般就職する。

青学大のダブルエース、近藤幸太郎はSGホールディングス、岸本大紀はGMOインターネットグループの所属となる。中村唯翔もSGホールディングスへ。箱根1区の目片将大は大阪ガスに。横田俊吾はJR東日本、主将の宮坂大器はヤクルトで競技を続ける。

箱根2位と躍進した中大では、箱根6区の若林陽大がKao、フィニッシュテープを切った助川拓海は安川電機へ。出雲、全日本2位の國學院大の主将・中西大翔は名門・旭化成に進む。早大の井川龍人、創価大の葛西潤も同じく旭化成へ。創価大の嶋津雄大はGMOインターネットグループに進む。

順大は主将の西澤侑真がトヨタ紡織、伊豫田達弥は富士通へ加入予定。東京国際大の最強留学生イェゴン・ヴィンセントは、チームメイトの丹所健とともに、全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)連覇のHondaへ進む。また、同大のルカ・ムセンビは一般企業に就職。実業団ランナーではなく、仕事を続けながらレースにも出場していくようだ。

広告の下にコンテンツが続きます

箱根1区区間賞の富田峻平と、日体大のエース藤本珠輝は日立物流で競技を続ける。東洋大の主将・前田義弘は黒崎播磨へ進む。

競技を続ける、続けないに限らず、この4年間を糧に大きく羽ばたく未来を応援したい。

次ページ 箱根駅伝2023区間上位5位以内4年生の進路

2022年度の学生駅伝界は、駒大の箱根駅伝完全優勝、そして出雲駅伝・全日本大学駅伝と3冠で幕を下ろした。 これまで学生長距離を牽引してきた4年生たちは卒業し、新たな舞台へと羽ばたいていく。注目ランナーたちの進路をまとめた。 3冠を達成した駒大の大エースで、オレゴン世界選手権10000m代表の学生最高峰ランナー・田澤廉は、トヨタ自動車へ。大学卒業後も大八木弘明監督の指導を受けてトラックで世界を目指していく。主将の山野力は九電工、箱根で1区を走った円健介は一般就職する。 青学大のダブルエース、近藤幸太郎はSGホールディングス、岸本大紀はGMOインターネットグループの所属となる。中村唯翔もSGホールディングスへ。箱根1区の目片将大は大阪ガスに。横田俊吾はJR東日本、主将の宮坂大器はヤクルトで競技を続ける。 箱根2位と躍進した中大では、箱根6区の若林陽大がKao、フィニッシュテープを切った助川拓海は安川電機へ。出雲、全日本2位の國學院大の主将・中西大翔は名門・旭化成に進む。早大の井川龍人、創価大の葛西潤も同じく旭化成へ。創価大の嶋津雄大はGMOインターネットグループに進む。 順大は主将の西澤侑真がトヨタ紡織、伊豫田達弥は富士通へ加入予定。東京国際大の最強留学生イェゴン・ヴィンセントは、チームメイトの丹所健とともに、全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)連覇のHondaへ進む。また、同大のルカ・ムセンビは一般企業に就職。実業団ランナーではなく、仕事を続けながらレースにも出場していくようだ。 箱根1区区間賞の富田峻平と、日体大のエース藤本珠輝は日立物流で競技を続ける。東洋大の主将・前田義弘は黒崎播磨へ進む。 競技を続ける、続けないに限らず、この4年間を糧に大きく羽ばたく未来を応援したい。 次ページ 箱根駅伝2023区間上位5位以内4年生の進路
箱根駅伝2023区間上位5人の進路(※判明分) 1区 富田峻平(明大) 日立物流 円 健介(駒大) 一般企業 新田 颯(関東学連/育英大) 一般企業 横山魁哉(創価大) トーエネック 2区 近藤幸太郎(青学大)SGホールディングス 田澤 廉(駒大) トヨタ自動車 3区 井川龍人(早大) 旭化成 4区 Y.ヴィンセント(東京国際大) Honda 藤本 竜(國學院大) 家業 5区 四釜峻佑(順大)  日立物流 前田義弘(東洋大) 黒崎播磨 6区 若林陽大(中大) Kao 濱野将基(創価大)一般企業 7区 葛西潤(創価大) 旭化成 千守倫央(中大) 大塚製薬 8区 木本大地(東洋大)セキノ興産 平 駿介(順大) 九電工 9区 岸本大紀(青学大) GMOインターネットグループ 緒方貴典(創価大) トヨタ自動車九州 山野 力(駒大)  九電工 中園慎太朗(法大) 埼玉医科大グループ 10区 西澤侑真(順大) トヨタ紡織 助川拓海(中大) 安川電機 篠原 楓(山梨学大) 富士山の銘水

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

NEWS 第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

NEWS 2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

2024.02.29

2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

世界陸連(WA)の理事会は英国・グラスゴーで開かれ、世界選手権のトラック種目についての変更点を承認した。 世界選手権のトラック種目のうち、スプリントから800mまでのレースにおいて、準決勝と決勝で9レーン(利用可能な競技 […]

NEWS 2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

2024.02.29

2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

世界陸連(WA)は英国・グラスゴーで理事会を開き、2025年から夏季シーズンを再編すると発表した。 現在の主要カレンダーは、4月からダイヤモンドリーグやコンチネンタルツアーが本格化し、6月あたりに各国選手権が開催。主催す […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top