HOME 学生長距離

2022.12.24

箱根駅伝Stories/出雲の歓喜を再び!東京国際大キャプテン宗像聖「前回と同じ9区でリベンジしたい」
箱根駅伝Stories/出雲の歓喜を再び!東京国際大キャプテン宗像聖「前回と同じ9区でリベンジしたい」

東京国際大を主将として引っ張る宗像聖

箱根駅伝Stories

新春の風物詩・箱根駅伝に挑む選手やチームを取り上げる「箱根駅伝Stories」。12月19日から区間エントリーが発表される29日まで、全校の特集記事を掲載していく。

丹所健、山谷昌也、イェゴン・ヴィンセント、ルカ・ムセンビ……そうそうたる顔ぶれがそろう東京国際大の4年生において、2年時から頭角を現した宗像聖。3年時は出雲駅伝の初優勝メンバーとなり、今季は主将として牽引してきた。出雲駅伝で見せたサプライズを、最後の箱根路で再現するつもりだ。

悔しさが残った高校3年時の都大路

10月の出雲駅伝、開会式で選手宣誓を務めたのが、前年に初出場・初優勝の快挙を成し遂げた東京国際大の主将・宗像聖(4年)だった。

宗像は前年5区で区間3位と好走したが、今年は状態が上がらず、「監督とメンバー決めをした際に、『外してください』とお願いしました」と今年はサポートにまわった。

しかし、最後の箱根駅伝に向けては静かに燃えている。

福島・蓬田中時代は野球部で、冬季に特設される駅伝部に1年時から参加。福島県中学駅伝4区で区間賞を獲得して、「高校では陸上をやりたい」と県内の強豪・学法石川高に入学した。

同期は全中3000mで2位に入った横田俊吾(現・青学大)をはじめ、小指卓也(現・早大)、櫛田佳希(現・明大)、中澤雄大(現・中大)ら20人ほど。「入学時の3000mベストは9分40秒くらい。学年でも下のほうだったので、男子のメニューができず、女子と一緒に走っていたんです。やっていけるのかなという気持ちと、女子の練習はやりたくない、という恥ずかしさがありました」と当時を振り返る。

それでも1年の秋からメキメキと力をつけていく。「強い同級生から影響を受けましたね。追いつこうと思って頑張りました」と宗像は言う。2年時は3000m障害で東北大会7位、3年時には同種目でインターハイに出場した。

「高校入学時は自分がインターハイに行けると思っていなかったので、東北大会で3番に入れたのはうれしかったですね。でも、全国大会は予選で落ちてしまって、すごく悔しかった記憶が残っています」

高校駅伝でもレギュラーの座をつかみ、福島県大会は7区で区間賞を獲得。しかし、その後に腸脛靭帯を痛めて、全国高校駅伝を走ることはできなかった。

「大会1週間前の練習で故障をしてしまい、監督から直接メンバーから外すことを言い渡されました。それまでは順調だったので、その時が一番悔しかったですね」

次のページ 出雲駅伝初優勝メンバーになった3年時

箱根駅伝Stories 新春の風物詩・箱根駅伝に挑む選手やチームを取り上げる「箱根駅伝Stories」。12月19日から区間エントリーが発表される29日まで、全校の特集記事を掲載していく。 丹所健、山谷昌也、イェゴン・ヴィンセント、ルカ・ムセンビ……そうそうたる顔ぶれがそろう東京国際大の4年生において、2年時から頭角を現した宗像聖。3年時は出雲駅伝の初優勝メンバーとなり、今季は主将として牽引してきた。出雲駅伝で見せたサプライズを、最後の箱根路で再現するつもりだ。

悔しさが残った高校3年時の都大路

10月の出雲駅伝、開会式で選手宣誓を務めたのが、前年に初出場・初優勝の快挙を成し遂げた東京国際大の主将・宗像聖(4年)だった。 宗像は前年5区で区間3位と好走したが、今年は状態が上がらず、「監督とメンバー決めをした際に、『外してください』とお願いしました」と今年はサポートにまわった。 しかし、最後の箱根駅伝に向けては静かに燃えている。 福島・蓬田中時代は野球部で、冬季に特設される駅伝部に1年時から参加。福島県中学駅伝4区で区間賞を獲得して、「高校では陸上をやりたい」と県内の強豪・学法石川高に入学した。 同期は全中3000mで2位に入った横田俊吾(現・青学大)をはじめ、小指卓也(現・早大)、櫛田佳希(現・明大)、中澤雄大(現・中大)ら20人ほど。「入学時の3000mベストは9分40秒くらい。学年でも下のほうだったので、男子のメニューができず、女子と一緒に走っていたんです。やっていけるのかなという気持ちと、女子の練習はやりたくない、という恥ずかしさがありました」と当時を振り返る。 それでも1年の秋からメキメキと力をつけていく。「強い同級生から影響を受けましたね。追いつこうと思って頑張りました」と宗像は言う。2年時は3000m障害で東北大会7位、3年時には同種目でインターハイに出場した。 「高校入学時は自分がインターハイに行けると思っていなかったので、東北大会で3番に入れたのはうれしかったですね。でも、全国大会は予選で落ちてしまって、すごく悔しかった記憶が残っています」 高校駅伝でもレギュラーの座をつかみ、福島県大会は7区で区間賞を獲得。しかし、その後に腸脛靭帯を痛めて、全国高校駅伝を走ることはできなかった。 「大会1週間前の練習で故障をしてしまい、監督から直接メンバーから外すことを言い渡されました。それまでは順調だったので、その時が一番悔しかったですね」 次のページ 出雲駅伝初優勝メンバーになった3年時

出雲駅伝初優勝メンバーになった3年時

高校卒業後は、「夏合宿に参加させていただいた時に、チームの雰囲気が良くて、この大学でやっていきたいと思えた」という東京国際大に進学した。 同学年には丹所健、山谷昌也、それからイェゴン・ヴィンセント、ルカ・ムセンビと高校時代と同じくハイレベルの選手がいた。 「留学生がチームメートにいる経験がなかったので、最初はどのように接していいのか悩みました。走りも違うので、ただただ『凄いな』と思いましたね。実績のある選手が同期にいたのは心強かったですし、自分も追いついて、チームの軸となるような選手になりたいと思いました」 [caption id="attachment_89482" align="alignnone" width="800"] 東京国際大に入学したばかりの2019年春に撮影した現4年生世代の集合写真。後列右端が宗像[/caption] 1年目は環境の変化もあり、うまく走れなかったという。それでも宗像は冷静に自分を分析していた。 「自分はトラックよりロードのほうが得意ですし、練習に慣れるのに時間がかかるタイプ。2年目からがスタートだと思っていました」 徐々に力をつけていくと、2年時には主力として駅伝デビューを果たす。全日本大学駅伝は4区で区間9位、箱根駅伝は4区で区間13位という結果を残した。 そして、3年時の9月に5000mで13分台に突入。出雲駅伝は5区を好走して、初優勝に貢献した。 「3年時の出雲はチーム内で『絶対に優勝するぞ!』という雰囲気があったんです。初出場の興奮もあり、チームの状態は良かった。ただトップでタスキをもらう経験がなかったのでちょっと力みすぎて、突っ込み過ぎましたね。暑さもあって後半失速したんですけど、区間3位でまとめられて良かったです」 最終6区に入ったヴィンセントの逆転Vではなく、3区・丹所でトップに立っての独走V。チームにとっては大きな自信なったという。 しかし、続く全日本大学駅伝は5位。アンカーを任された宗像は2チームに抜かれて、区間12位に沈んだ。 「全日本はプレッシャーに負けて、気持ちの面で少し弱気になってしまいました。チームに迷惑をかける走りをしてしまい、申し訳なかったです」 前回の箱根は9区を区間9位でまとめたが、再び順位を2つ落とす結果になり、チームは5位でフィニッシュ。「自分の力のなさを痛感しました」と振り返る。 次のページ 9区で前回のリベンジがしたい

9区で前回のリベンジがしたい

今季は三大駅伝の「優勝」を目標に掲げ、主将としてチームを引っ張ってきた。 しかし、ヴィンセント、山谷らを欠いた影響もあり、出雲は8位、全日本は11位と振るわなかった。 「チーム全体として夏は今まで以上に走り込み、質の高い練習をやってきました。出雲と全日本は、その疲労もあったのかなと思います。両駅伝で思うような結果を出せなかった分、『箱根は絶対に勝つぞ』という気持ちでいます。自分の状態を上げていくだけでなく、4年生全員で雰囲気を作っていきたい」 全日本は4区で区間13位と力を発揮できず、同区間で争った高校時代の同期・横田俊吾(青学大)に1分以上の差をつけられた。スピードで勝負できなくても、実業団ではマラソンに挑戦する予定なだけに、箱根では学法石川時代の仲間に負けられない。 「個人的には前回と同じ区間でリベンジしたいと思っています。9区は2区と並ぶ最長区間(23.1km)ですし、自分の持ち味を発揮できる。東京国際大記録が1時間9分04秒なので、1時間8分台で行けるように頑張ります」 出雲駅伝のVメンバー6人のうち、5人がエントリー入りした東京国際大。キャプテンの宗像を中心に、再び「勝利をもぎとる雰囲気」を作り上げていく。 [caption id="attachment_89481" align="alignnone" width="800"] 2022年の箱根駅伝は9区区間9位。最後の箱根路はさらなる構想を誓う[/caption] むなかた・ひじり/2000年8月14日生まれ。福島県平田村出身。180cm・63kg。福島・蓬田中→学法石川高。5000m13分57秒22、10000m29分13秒94、ハーフ1時間6分12秒 文/酒井政人

次ページ:

ページ: 1 2 3

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

円盤投全国トップの田窪一翔 100m10秒5台の畠中とマルティネスの対決 走幅跳全国4位の山崎りりや登場/IH四国

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ四国地区大会は6月15日から17日までの3日間、高知県の春野総合運動公園陸上競技場で開かれる。 男子の注目種目は円盤投。田窪一 […]

NEWS 五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

2024.06.13

五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

“学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権が6月14日(金)から16日(日)までの3日間、神奈川・レモンガススタジアム平塚で行われる。学校対抗のインカレとは違った趣のナンバーワン決定戦。注目の選手たちを見ていこう。 […]

NEWS インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top