HOME 国内

2022.12.15

山西利和がアスリート・オブ・ザ・イヤー!20km競歩で世界陸上連覇/日本陸連アワード
山西利和がアスリート・オブ・ザ・イヤー!20km競歩で世界陸上連覇/日本陸連アワード

アスリート・オブ・ザ・イヤーを受賞した山西利和

日本陸連の年間表彰を発表する「日本陸連 アスレティックス・アワード 2022」が12月15日、都内で開かれた。

2022年においてその活躍が最も顕著であった競技者に贈られる「アスリート・オブ・ザ・イヤー」には、男子20km競歩の山西利和(愛知製鋼)が選ばれた。山西は同種目でオレゴン世界選手権金メダルを獲得。2019年ドーハに続いて世界選手権2連覇を飾った。

ノミネートとなる優秀選手賞には、男子35km競歩でオレゴン世界選手権銀メダルを獲得した川野将虎(旭化成)、女子やり投でオレゴン世界選手権銅メダル・ダイヤモンドリーグ3位に入った北口榛花(JAL)、男子100mでオレゴン世界選手権ファイナリスト(7位)となったサニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)が選出されている。

また、東京運動記者クラブが選出する新人賞は、男子100mでオレゴン世界選手権代表の坂井隆一郎(大阪ガス)、女子100mハードルで日本記録を樹立し、オレゴン世界選手権でも準決勝に進出した福部真子(日本建設工業)が受賞している。

日本陸連選出新人賞は、男子4×100mリレーオレゴン世界選手権代表でU20世界選手権100m6位の栁田大輝(東洋大)、女子競歩でU20世界選手権10000m競歩銀メダルの大山藍(鹿児島女高2鹿児島)が選ばれた。

世界選手権のメインキャスターを長く務めた織田裕二さん、中井美穂さんに特別賞が贈られている。また、「BEST THINK賞」として関西外国語大女子駅伝部と奈良マラソン実行委員会が表彰された。

式典ではオレゴン世界選手権で入賞した選手へ報奨金の授与。日本グランプリシリーズ年間王者である男子・村竹ラシッド(順大)、女子・田中希実(豊田自動織機)も表彰された。

次のページ 日本陸連アスリート・オブ・ザ・イヤー 歴代受賞者

日本陸連の年間表彰を発表する「日本陸連 アスレティックス・アワード 2022」が12月15日、都内で開かれた。 2022年においてその活躍が最も顕著であった競技者に贈られる「アスリート・オブ・ザ・イヤー」には、男子20km競歩の山西利和(愛知製鋼)が選ばれた。山西は同種目でオレゴン世界選手権金メダルを獲得。2019年ドーハに続いて世界選手権2連覇を飾った。 ノミネートとなる優秀選手賞には、男子35km競歩でオレゴン世界選手権銀メダルを獲得した川野将虎(旭化成)、女子やり投でオレゴン世界選手権銅メダル・ダイヤモンドリーグ3位に入った北口榛花(JAL)、男子100mでオレゴン世界選手権ファイナリスト(7位)となったサニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)が選出されている。 また、東京運動記者クラブが選出する新人賞は、男子100mでオレゴン世界選手権代表の坂井隆一郎(大阪ガス)、女子100mハードルで日本記録を樹立し、オレゴン世界選手権でも準決勝に進出した福部真子(日本建設工業)が受賞している。 日本陸連選出新人賞は、男子4×100mリレーオレゴン世界選手権代表でU20世界選手権100m6位の栁田大輝(東洋大)、女子競歩でU20世界選手権10000m競歩銀メダルの大山藍(鹿児島女高2鹿児島)が選ばれた。 世界選手権のメインキャスターを長く務めた織田裕二さん、中井美穂さんに特別賞が贈られている。また、「BEST THINK賞」として関西外国語大女子駅伝部と奈良マラソン実行委員会が表彰された。 式典ではオレゴン世界選手権で入賞した選手へ報奨金の授与。日本グランプリシリーズ年間王者である男子・村竹ラシッド(順大)、女子・田中希実(豊田自動織機)も表彰された。 次のページ 日本陸連アスリート・オブ・ザ・イヤー 歴代受賞者
■日本陸連アスリート・オブ・ザ・イヤー 歴代受賞者 2007年 土佐礼子 2008年 オリンピック男子4×100mリレーメンバー (塚原直貴、末續慎吾、高平慎士、朝原宣治) 2009年 村上幸史 2010年 福島千里 2011年 室伏広治 2012年 室伏広治 2013年 福士加代子 2014年 右代啓祐 2015年 谷井孝行 2016年 オリンピック男子4×100mリレーメンバー (山縣亮太、飯塚翔太、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥) 2017年 荒井広宙 2018年 大迫 傑 2019年 鈴木雄介 2021年 新谷仁美 2021年 池田向希 2022年 山西利和

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

【高校生FOCUS】男子走幅跳・成川倭士(東海大翔洋高)インターハイに出場して狙うは大台到達

FOCUS! 高校生INTERVIEW 成川 倭士 Narukawa Wakushi 東海大翔洋高3静岡 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は成川倭士選手(東海大翔洋高3)です。昨年6月のインター […]

NEWS 円盤投全国トップの田窪一翔 100m10秒5台の畠中とマルティネスの対決 走幅跳全国4位の山崎りりや登場/IH四国

2024.06.13

円盤投全国トップの田窪一翔 100m10秒5台の畠中とマルティネスの対決 走幅跳全国4位の山崎りりや登場/IH四国

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ四国地区大会は6月15日から17日までの3日間、高知県の春野総合運動公園陸上競技場で開かれる。 男子の注目種目は円盤投。田窪一 […]

NEWS 五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

2024.06.13

五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

“学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権が6月14日(金)から16日(日)までの3日間、神奈川・レモンガススタジアム平塚で行われる。学校対抗のインカレとは違った趣のナンバーワン決定戦。注目の選手たちを見ていこう。 […]

NEWS インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top