HOME 駅伝、箱根駅伝

2022.12.10

【箱根駅伝エントリー】東海大 復活の石原翔太郎、川上勇士らがメンバー入りも前回5区2位の吉田響が外れる
【箱根駅伝エントリー】東海大 復活の石原翔太郎、川上勇士らがメンバー入りも前回5区2位の吉田響が外れる

前回惜しくもシードを逃した東海大。エース石原翔太郎の復帰は明るい材料だ

第99回箱根駅伝(2023年1月2日、3日)のチームエントリー16名が12月10日に発表された。

シード奪還に燃える東海大は全日本大学駅伝3区区間賞の大エース・石原翔太郎(3年)が復活のメンバー入り。前々回は3区で快走しているが、どこに配置されるか。

2年連続6区区間6位以内の川上勇士(4年)や前回7区3位の越陽汰(2年)、前回2区の松崎咲人(4年)もメンバー入り。2年連続で復路区間ひとケタの竹村拓真(4年)といった主力選手も順当に登録されている。

箱根未経験者にも主将の宇留田竜希(4年)や10000mで28分27秒77の記録を持つ梶谷優斗(2年)など実力者がそろう。1年生では全日本で1区を任されたスピードランナーの花岡寿哉ら3名がメンバー入りした。

一方、前回5区2位と快走した吉田響(2年)や、前々回出走した佐伯陽生(3年)、入田優希(3年)ら有力どころがメンバーから外れている。

前回は10区でシード圏内から陥落し、8年ぶりに予選会からのスタート。予選会では主力の欠場が相次ぎ9位と苦戦したが、ここにきて戦力を整えた印象だ。持っている力を発揮できれば、上位進出も十分に狙えるだろう。

12月29日に区間エントリー10人と補員6人が発表。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。

●東海大のエントリー選手は次ページ

第99回箱根駅伝(2023年1月2日、3日)のチームエントリー16名が12月10日に発表された。 シード奪還に燃える東海大は全日本大学駅伝3区区間賞の大エース・石原翔太郎(3年)が復活のメンバー入り。前々回は3区で快走しているが、どこに配置されるか。 2年連続6区区間6位以内の川上勇士(4年)や前回7区3位の越陽汰(2年)、前回2区の松崎咲人(4年)もメンバー入り。2年連続で復路区間ひとケタの竹村拓真(4年)といった主力選手も順当に登録されている。 箱根未経験者にも主将の宇留田竜希(4年)や10000mで28分27秒77の記録を持つ梶谷優斗(2年)など実力者がそろう。1年生では全日本で1区を任されたスピードランナーの花岡寿哉ら3名がメンバー入りした。 一方、前回5区2位と快走した吉田響(2年)や、前々回出走した佐伯陽生(3年)、入田優希(3年)ら有力どころがメンバーから外れている。 前回は10区でシード圏内から陥落し、8年ぶりに予選会からのスタート。予選会では主力の欠場が相次ぎ9位と苦戦したが、ここにきて戦力を整えた印象だ。持っている力を発揮できれば、上位進出も十分に狙えるだろう。 12月29日に区間エントリー10人と補員6人が発表。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。 ●東海大のエントリー選手は次ページ
■東海大のエントリー選手16名(カッコ内は学年、出身校) ◎前回11位、予選会9位、全日本10位 宇留田竜希(4年/伊賀白鳳高・三重)主将 川上 勇士(4年/市船橋高・千葉) 佐藤 俊輔(4年/鶴崎工高・大分) 杉本 翔太(4年/東海大望洋高・千葉) 竹村 拓真(4年/秋田工高・秋田) 松崎 咲人(4年/佐久長聖高・長野) 石原翔太郎(3年/倉敷高・岡山) 折口 雄紀(3年/智辯和歌山高・和歌山) 神薗 竜馬(3年/鹿児島実高・鹿児島) 丸山 真孝(3年/中越高・新潟) 梶谷 優斗(2年/滋賀学園高・滋賀) 越  陽汰(2年/佐久長聖高・長野) 水野 龍志(2年/小林高・宮崎) 竹割  真(1年/九州学院高・熊本) 中井 陸人(1年/倉敷高・岡山) 花岡 寿哉(1年/上田西高・長野)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

NEWS 【男子100m】髙城昊紀(宮崎西高1) 10秒52=高1歴代6位タイ

2024.07.13

【男子100m】髙城昊紀(宮崎西高1) 10秒52=高1歴代6位タイ

7月13日、第48回宮崎県高校1年生大会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子100mで髙城昊紀(宮崎西高)が10秒52(+0.5)で優勝を果たした。 髙城のこれまでの100mベストは今月7日に出した1 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top