HOME 国内

2022.12.05

駅伝からマラソンへ!2時間8分43秒で日本人トップの28歳・秋山清仁「立てた目標を一つひとつクリアしたい」/福岡国際マラソン
駅伝からマラソンへ!2時間8分43秒で日本人トップの28歳・秋山清仁「立てた目標を一つひとつクリアしたい」/福岡国際マラソン

福岡国際マラソンで日本人トップを占めた秋山清仁(愛知製鋼)

◇福岡国際マラソン2022(12月4日/平和台陸上競技場発着)

昨年、75回の歴史に幕を閉じた福岡国際マラソン選手権の後継となる「福岡国際マラソン2022」が12月4日、福岡市の平和台陸上競技場を発着点とする伝統のコースを引き継いで行われた。

レースは1km3分ペースで進み、中間点通過が1時間3分20秒という展開。レースが動いたのはペースメーカーが外れた30kmからで、「最後の福岡」を制したマイケル・ギザエ(スズキ)、マル・テフェリ(イスラエル)、国士大卒の社会人1年目ヴィンセント・ライモイ(スズキ)ら外国人選手と、地元の久保和馬(西鉄)が抜け出した。

そこから熾烈な優勝争いが繰り広げられ、最後までペースを維持したテフェリが2時間6分43秒で「初代王者」に輝いた。

日本人トップ争いは、ただ1人先頭集団にいた久保が30km過ぎに右足首を痛めてペースダウンしたことで、大混戦に。

大石港与(トヨタ自動車)、赤﨑暁(九電工)とめまぐるしくその座が入れ替わるなか、30km過ぎに後方へ下がっていた秋山清仁(愛知製鋼)が、39.2kmで赤﨑をかわして日本人最上位に浮上。自己新の2時間8分43秒をマークし、7位でフィニッシュした。

「自己ベストを大きく更新できて自信になります。やってきたことが間違いではなかった。今までやってきてよかったです」

秋山はそう語って胸を張った。

日体大時代の2016年と17年、箱根駅伝の6区で2年連続の区間新記録を打ち立て、いずれも区間賞。4年生だった17年は、最優秀選手に贈られる金栗四三杯を手にした。

ただ、トラックでは目立った成績は残しておらず「どうせ1月3日だけの男と思われているだろうと思っていましたし、自信がないまま実業団に入りました」。

転機となったのは、2019年の熊日30キロロード。6位ながら1時間30分24秒の好タイムをマークし、「ロードの適性がある」と感じた渡邉聡監督からマラソンへの挑戦を促された。

当初は「駅伝に執着があった」と秋山は本気になれずにいたという。しかし、昨年の中部実業団駅伝で予選通過できず、個人のレベルアップの必要性を痛感。練習への意識や質が変わっていった。

そして、その成果が適性ありと見られたマラソンで、ついに花開く。大学2年の14年北海道(2時間29分49秒)、20年2月のびわ湖毎日(2時間15分35秒)に次ぐ3度目の挑戦となった今年3月の東京で、2時間10分58秒の大幅自己新。そして、4度目のマラソンで初のサブテンと、日本人最上位の力走を見せた。

「目標通りの結果と日本人トップという実績を残したことで、今まで足りなかった自信が得られたことが一番大きかったです。来年度はMGCに出場できるし、元日には全日本実業団対抗駅伝もある。立てた目標を一つひとつクリアし、まだ破れていない部分の殻を破っていきたいです」

28歳の秋山は、福岡からさらなる飛躍を誓った。

秋山とともに、2時間9分01秒で8位に入った赤﨑、2時間9分08秒で9位の大石が、日本人3位以内で2時間10分以内という条件を満たし、2024年パリ五輪マラソン選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権を獲得。

久保は2時間9分19秒の10位にまとめ、今年3月の東京マラソン(2時間8分48秒)との平均で2時間10分00秒以内のワイルドカード条件をクリア、MGCの出場権を手にした。

文/田端慶子

※記録に誤りがありましたので訂正しました

◇福岡国際マラソン2022(12月4日/平和台陸上競技場発着) 昨年、75回の歴史に幕を閉じた福岡国際マラソン選手権の後継となる「福岡国際マラソン2022」が12月4日、福岡市の平和台陸上競技場を発着点とする伝統のコースを引き継いで行われた。 レースは1km3分ペースで進み、中間点通過が1時間3分20秒という展開。レースが動いたのはペースメーカーが外れた30kmからで、「最後の福岡」を制したマイケル・ギザエ(スズキ)、マル・テフェリ(イスラエル)、国士大卒の社会人1年目ヴィンセント・ライモイ(スズキ)ら外国人選手と、地元の久保和馬(西鉄)が抜け出した。 そこから熾烈な優勝争いが繰り広げられ、最後までペースを維持したテフェリが2時間6分43秒で「初代王者」に輝いた。 日本人トップ争いは、ただ1人先頭集団にいた久保が30km過ぎに右足首を痛めてペースダウンしたことで、大混戦に。 大石港与(トヨタ自動車)、赤﨑暁(九電工)とめまぐるしくその座が入れ替わるなか、30km過ぎに後方へ下がっていた秋山清仁(愛知製鋼)が、39.2kmで赤﨑をかわして日本人最上位に浮上。自己新の2時間8分43秒をマークし、7位でフィニッシュした。 「自己ベストを大きく更新できて自信になります。やってきたことが間違いではなかった。今までやってきてよかったです」 秋山はそう語って胸を張った。 日体大時代の2016年と17年、箱根駅伝の6区で2年連続の区間新記録を打ち立て、いずれも区間賞。4年生だった17年は、最優秀選手に贈られる金栗四三杯を手にした。 ただ、トラックでは目立った成績は残しておらず「どうせ1月3日だけの男と思われているだろうと思っていましたし、自信がないまま実業団に入りました」。 転機となったのは、2019年の熊日30キロロード。6位ながら1時間30分24秒の好タイムをマークし、「ロードの適性がある」と感じた渡邉聡監督からマラソンへの挑戦を促された。 当初は「駅伝に執着があった」と秋山は本気になれずにいたという。しかし、昨年の中部実業団駅伝で予選通過できず、個人のレベルアップの必要性を痛感。練習への意識や質が変わっていった。 そして、その成果が適性ありと見られたマラソンで、ついに花開く。大学2年の14年北海道(2時間29分49秒)、20年2月のびわ湖毎日(2時間15分35秒)に次ぐ3度目の挑戦となった今年3月の東京で、2時間10分58秒の大幅自己新。そして、4度目のマラソンで初のサブテンと、日本人最上位の力走を見せた。 「目標通りの結果と日本人トップという実績を残したことで、今まで足りなかった自信が得られたことが一番大きかったです。来年度はMGCに出場できるし、元日には全日本実業団対抗駅伝もある。立てた目標を一つひとつクリアし、まだ破れていない部分の殻を破っていきたいです」 28歳の秋山は、福岡からさらなる飛躍を誓った。 秋山とともに、2時間9分01秒で8位に入った赤﨑、2時間9分08秒で9位の大石が、日本人3位以内で2時間10分以内という条件を満たし、2024年パリ五輪マラソン選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権を獲得。 久保は2時間9分19秒の10位にまとめ、今年3月の東京マラソン(2時間8分48秒)との平均で2時間10分00秒以内のワイルドカード条件をクリア、MGCの出場権を手にした。 文/田端慶子 ※記録に誤りがありましたので訂正しました

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

円盤投全国トップの田窪一翔 100m10秒5台の畠中とマルティネスの対決 走幅跳全国4位の山崎りりや登場/IH四国

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ四国地区大会は6月15日から17日までの3日間、高知県の春野総合運動公園陸上競技場で開かれる。 男子の注目種目は円盤投。田窪一 […]

NEWS 五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

2024.06.13

五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

“学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権が6月14日(金)から16日(日)までの3日間、神奈川・レモンガススタジアム平塚で行われる。学校対抗のインカレとは違った趣のナンバーワン決定戦。注目の選手たちを見ていこう。 […]

NEWS インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top