HOME 高校

2022.12.04

吉岡大翔13分47秒64で制し日本代表へ大きく前進 女子は名城大・米澤奈々香が1着/世界クロカンU20選考会
吉岡大翔13分47秒64で制し日本代表へ大きく前進 女子は名城大・米澤奈々香が1着/世界クロカンU20選考会

男子5000mを制した吉岡(右)、左へ2着の長嶋、3着の東泉

第44回世界クロスカントリー選手権(2023年2月18日/オーストラリア・バサースト)の男女U20日本代表選手選考競技会が12月4日、京都市・西京極補助競技場の第10回京都陸協記録会の中で男女ともに5000mのレースで行われた。

11時15分にスタートした女子は村松結(立命大)や野田真理耶(北九州市立高3福岡)が先頭を引っ張り、3000mを9分48秒で通過。その後、「ペースが落ちて余裕があったので、前に出て引っ張ろうと思いました」と米澤奈々香(名城大)が先頭に立つ。

広告の下にコンテンツが続きます

ラスト1周は澤田結弥(浜松市立高2静岡)や野田との競り合いとなったが、最後の直線で前に出て15分55秒43で1着を死守。それから野田、澤田、溝上加菜(ルーテル学院高3熊本)、古田島彩(白鵬女高2神奈川)、村岡美玖(長野東高3)までが15分台でフィニッシュした。

米澤は12月10日のエディオン・ディスタンスチャレンジin京都にも出場する予定で、今回はタイムよりも着順を意識したレースだったという。次週のレースに向けては「自己ベスト(15分31秒33)を狙って走るので、積極的に前に出ながらタイムを狙っていきたい」と意気込んでいた。

女子の後に行われた男子は長嶋幸宝(西脇工高3兵庫)がスタート直後からレースを引っ張り、1000mを2分41秒で通過。そこから3200m付近で5000m高校記録保持者の吉岡大翔(佐久長聖高3長野)が仕掛け、長嶋、東泉大河(駿河台大)の3人に先頭争いは絞られた。

激しい先頭争いが繰り広げられたが、残り400mを切ったところで吉岡がスパート。13分47秒64で1着フィニッシュし、日本代表入りへ大きく前進した。吉岡の後にも長嶋、東泉、安原海晴(滋賀学園高3)、柴田大地(洛南高3京都)までが13分台をマークした。

広告の下にコンテンツが続きます

世界クロカン選手権のU20日本代表については、今回のレースを参考に上位選手の出場意思を確認した上で選考する予定となっている。

文/馬場 遼

■選考会上位8着までの成績
●男子5000m
吉岡 大翔(佐久長聖高3長野) 13分47秒64
長嶋 幸宝(西脇工高3兵庫) 13分49秒20
東泉 大河(駿河台大) 13分54秒37
安原 海晴(滋賀学園高3) 13分56秒45
柴田 大地(洛南高3京都) 13分57秒02
岡田 開成(洛南高2京都) 14分00秒57
新妻 玲旺(西脇工高3兵庫) 14分04秒44
西澤マハロ(洛南高3京都) 14分04秒47

●女子5000m
米澤奈々香(名城大) 15分55秒43
野田真理耶(北九州市立高3福岡) 15分56秒29
澤田 結弥(浜松市立高3静岡) 15分56秒55
溝上 加菜(ルーテル学院高3熊本) 15分57秒08
古田島 彩(白鵬女高2神奈川) 15分59秒37
村岡 美玖(長野東高3) 15分59秒52
武田 胡春(小倉高2福岡) 16分02秒65
飯塚 菜月(西脇工高3兵庫) 16分06秒57

広告の下にコンテンツが続きます
第44回世界クロスカントリー選手権(2023年2月18日/オーストラリア・バサースト)の男女U20日本代表選手選考競技会が12月4日、京都市・西京極補助競技場の第10回京都陸協記録会の中で男女ともに5000mのレースで行われた。 11時15分にスタートした女子は村松結(立命大)や野田真理耶(北九州市立高3福岡)が先頭を引っ張り、3000mを9分48秒で通過。その後、「ペースが落ちて余裕があったので、前に出て引っ張ろうと思いました」と米澤奈々香(名城大)が先頭に立つ。 ラスト1周は澤田結弥(浜松市立高2静岡)や野田との競り合いとなったが、最後の直線で前に出て15分55秒43で1着を死守。それから野田、澤田、溝上加菜(ルーテル学院高3熊本)、古田島彩(白鵬女高2神奈川)、村岡美玖(長野東高3)までが15分台でフィニッシュした。 米澤は12月10日のエディオン・ディスタンスチャレンジin京都にも出場する予定で、今回はタイムよりも着順を意識したレースだったという。次週のレースに向けては「自己ベスト(15分31秒33)を狙って走るので、積極的に前に出ながらタイムを狙っていきたい」と意気込んでいた。 女子の後に行われた男子は長嶋幸宝(西脇工高3兵庫)がスタート直後からレースを引っ張り、1000mを2分41秒で通過。そこから3200m付近で5000m高校記録保持者の吉岡大翔(佐久長聖高3長野)が仕掛け、長嶋、東泉大河(駿河台大)の3人に先頭争いは絞られた。 激しい先頭争いが繰り広げられたが、残り400mを切ったところで吉岡がスパート。13分47秒64で1着フィニッシュし、日本代表入りへ大きく前進した。吉岡の後にも長嶋、東泉、安原海晴(滋賀学園高3)、柴田大地(洛南高3京都)までが13分台をマークした。 世界クロカン選手権のU20日本代表については、今回のレースを参考に上位選手の出場意思を確認した上で選考する予定となっている。 文/馬場 遼 ■選考会上位8着までの成績 ●男子5000m 吉岡 大翔(佐久長聖高3長野) 13分47秒64 長嶋 幸宝(西脇工高3兵庫) 13分49秒20 東泉 大河(駿河台大) 13分54秒37 安原 海晴(滋賀学園高3) 13分56秒45 柴田 大地(洛南高3京都) 13分57秒02 岡田 開成(洛南高2京都) 14分00秒57 新妻 玲旺(西脇工高3兵庫) 14分04秒44 西澤マハロ(洛南高3京都) 14分04秒47 ●女子5000m 米澤奈々香(名城大) 15分55秒43 野田真理耶(北九州市立高3福岡) 15分56秒29 澤田 結弥(浜松市立高3静岡) 15分56秒55 溝上 加菜(ルーテル学院高3熊本) 15分57秒08 古田島 彩(白鵬女高2神奈川) 15分59秒37 村岡 美玖(長野東高3) 15分59秒52 武田 胡春(小倉高2福岡) 16分02秒65 飯塚 菜月(西脇工高3兵庫) 16分06秒57

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top