HOME 駅伝

2022.11.13

東京 3大会ぶり節目のV10!アンカー新谷仁美「何もしていない」1分差逆転&61秒差つける爆走/東日本女子駅伝
東京 3大会ぶり節目のV10!アンカー新谷仁美「何もしていない」1分差逆転&61秒差つける爆走/東日本女子駅伝

◇第37回東日本女子駅伝(11月13日/福島市信夫ケ丘競技場発着・9区間42.195km)

北海道から静岡まで18都道県で争われ、中学生からシニアまで各年代のトップ選手が地域を代表してチームを組む今大会。東京が4年ぶり(※20年は中止、3大会ぶり)、節目となる10回目の優勝を果たした。

アンカーを務めたのは新谷仁美(積水化学)。「おいしいところをもらっただけ。ほぼ何もしていないようなもの」と語るが、10000m日本記録保持者で日本代表の底力を見せつけた。トップを行く千葉と60秒差で受けたタスキ。5.8kmでトップに立つとフィニッシュでは61秒差をつけた。2時間17分29秒で10度目の頂点に立った。

新谷にとっても相性の良い大会。現役復帰し、18年に4人抜き、19年には区間新(30分52秒)と好走していた。「自信になります」と笑顔を見せるが、「一人ひとりが8区まで若い力で頑張ってくれた」と言うように、総合力でも東京は強さを見せたといえる。

1区(6km)は群馬の岡本春美(ヤマダホールディングス)が18分50秒の区間賞。東京は1分16秒差の8位だった。2区で道下美槻(立教大)が粘りを見せると、続く小川陽香(順天高3)が区間2位の好走で5位へ。トップの長野を追いかけた。

一兜咲子(大宮中2)も1つ順位を上げて、主将の増渕祐香(名城大3)へ。「中学から陸上を始めてこの駅伝に出るのが一つの目標だった」と言う増渕は区間3位。トップの千葉から35秒差までつめて3位へと浮上した。

6~8区も上位で推移。7区では磯野友希(東京実高3)が区間2位など、千葉との差を最低限で抑えたことで、最終区での逆転劇が生まれた。「10回目の優勝でいい節目、これからに向けていいスタートになった」と新谷。まさに総合力で勝ち取った10度目のタイトルだった。

2位に千葉が入り、埼玉が3位。神奈川、宮城、栃木と続き、地元・福島が7位、長野が8位だった。

■東日本女子駅伝成績
1位 東 京 2.17.29
2位 千 葉 2.18.30
3位 埼 玉 2.19.03
4位 神奈川 2.19.34
5位 宮 城 2.19.54
6位 栃 木 2.20.32
7位 福 島 2.20.41
8位 長 野 2.21.01
9位 静 岡 2.22.11
10位 群 馬 2.23.15
11位 北海道 2.23.50
12位 新 潟 2.24.38
13位 茨 城 2.25.31
14位 山 梨 2.26.43
15位 青 森 2.26.48
16位 秋 田 2.26.57
17位 山 形 2.27.04
18位 岩 手 2.30.13
区間賞一覧
1区(6km) 岡本春美(群馬・ヤマダホールディングス) 18分50秒
2区(4km) 古田島彩(神奈川・白鵬女高2)13分10秒
3区(3km) 村岡美玖(長野・長野東高3)9分45秒
4区(3km) 磯 陽向(栃木・厚崎中3) 9分22秒
5区(5.0857km) 杉森心音(宮城・仙台育英高3) 16分11秒
6区(4.1075km) 長岡みさき(宮城・仙台育英高1) 13分18秒
7区(4km) 岡本姫渚乃(神奈川・白鵬女高2) 13分12秒
8区(3km) 村上美優(千葉・海神中3) 9分20秒
9区(10km) 新谷仁美(東京・積水化学)31分08秒

◇第37回東日本女子駅伝(11月13日/福島市信夫ケ丘競技場発着・9区間42.195km) 北海道から静岡まで18都道県で争われ、中学生からシニアまで各年代のトップ選手が地域を代表してチームを組む今大会。東京が4年ぶり(※20年は中止、3大会ぶり)、節目となる10回目の優勝を果たした。 アンカーを務めたのは新谷仁美(積水化学)。「おいしいところをもらっただけ。ほぼ何もしていないようなもの」と語るが、10000m日本記録保持者で日本代表の底力を見せつけた。トップを行く千葉と60秒差で受けたタスキ。5.8kmでトップに立つとフィニッシュでは61秒差をつけた。2時間17分29秒で10度目の頂点に立った。 新谷にとっても相性の良い大会。現役復帰し、18年に4人抜き、19年には区間新(30分52秒)と好走していた。「自信になります」と笑顔を見せるが、「一人ひとりが8区まで若い力で頑張ってくれた」と言うように、総合力でも東京は強さを見せたといえる。 1区(6km)は群馬の岡本春美(ヤマダホールディングス)が18分50秒の区間賞。東京は1分16秒差の8位だった。2区で道下美槻(立教大)が粘りを見せると、続く小川陽香(順天高3)が区間2位の好走で5位へ。トップの長野を追いかけた。 一兜咲子(大宮中2)も1つ順位を上げて、主将の増渕祐香(名城大3)へ。「中学から陸上を始めてこの駅伝に出るのが一つの目標だった」と言う増渕は区間3位。トップの千葉から35秒差までつめて3位へと浮上した。 6~8区も上位で推移。7区では磯野友希(東京実高3)が区間2位など、千葉との差を最低限で抑えたことで、最終区での逆転劇が生まれた。「10回目の優勝でいい節目、これからに向けていいスタートになった」と新谷。まさに総合力で勝ち取った10度目のタイトルだった。 2位に千葉が入り、埼玉が3位。神奈川、宮城、栃木と続き、地元・福島が7位、長野が8位だった。 ■東日本女子駅伝成績 1位 東 京 2.17.29 2位 千 葉 2.18.30 3位 埼 玉 2.19.03 4位 神奈川 2.19.34 5位 宮 城 2.19.54 6位 栃 木 2.20.32 7位 福 島 2.20.41 8位 長 野 2.21.01 9位 静 岡 2.22.11 10位 群 馬 2.23.15 11位 北海道 2.23.50 12位 新 潟 2.24.38 13位 茨 城 2.25.31 14位 山 梨 2.26.43 15位 青 森 2.26.48 16位 秋 田 2.26.57 17位 山 形 2.27.04 18位 岩 手 2.30.13 区間賞一覧 1区(6km) 岡本春美(群馬・ヤマダホールディングス) 18分50秒 2区(4km) 古田島彩(神奈川・白鵬女高2)13分10秒 3区(3km) 村岡美玖(長野・長野東高3)9分45秒 4区(3km) 磯 陽向(栃木・厚崎中3) 9分22秒 5区(5.0857km) 杉森心音(宮城・仙台育英高3) 16分11秒 6区(4.1075km) 長岡みさき(宮城・仙台育英高1) 13分18秒 7区(4km) 岡本姫渚乃(神奈川・白鵬女高2) 13分12秒 8区(3km) 村上美優(千葉・海神中3) 9分20秒 9区(10km) 新谷仁美(東京・積水化学)31分08秒

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.17

100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

富士通は7月17日、女子100mハードルでパリ五輪代表に内定した田中佑美のオンライン会見を開いた。 日本選手権で2位となった田中。参加標準記録(12秒77)には届かず、ワールドランキングではターゲットナンバー(出場枠)4 […]

NEWS 女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

2024.07.17

女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

女子800mのP.ギル(英国)がプーマとの契約締結を自身のSNSで発表した。 ギルは2007年4月生まれの17歳。800mで今年5月のベルファスト・アイリッシュ・マイラーズ・ミーティング(英国)でU18世界歴代2位、U2 […]

NEWS トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

2024.07.17

トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

関東学連が主催する第19回トワイライト・ゲームス(7月21日)のスタートリストが更新され、男子110mハードルに日本記録を持つ泉谷駿介(住友電工)が出場することがわかった。 泉谷は13秒04の日本記録保持者。今年はこれま […]

NEWS 「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

2024.07.16

「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

スイスのスポーツブランド「On(オン)」およびオン・ジャパンは、レーシングシューズやスパイクシューズを含むランニングシューズコレクションの最高峰「Prism Capsule(プリズム カプセル)」4品番を7月11日から発 […]

NEWS 福井ナイトゲームズのクラウドファンディングがスタート!フィールド内観戦も!支援金はアスリートへの報奨金

2024.07.16

福井ナイトゲームズのクラウドファンディングがスタート!フィールド内観戦も!支援金はアスリートへの報奨金

福井陸協が主催する日本グランプリシリーズG2の「Athlete Night Games in FUKUI 2024」のクラウドファンディングが今年もスタートした。 同大会は「海外のような雰囲気」を目指し、福井陸協がクラウ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top