HOME 国内

2022.11.09

日本陸連が「ファン投票」開催中!北口榛花、サニブラウン、栁田大輝らノミネート!「ベストチャレンジ賞」が新設
日本陸連が「ファン投票」開催中!北口榛花、サニブラウン、栁田大輝らノミネート!「ベストチャレンジ賞」が新設

日本陸連はオンラインにて「JAAFファン投票2022」を開催中だ。

オレゴン世界選手権をはじめとした2022年の日本陸上界を振り返り、各テーマのナンバーワンをファンからの投票で決定する。

今年は、昨年と同様のトップアスリートを対象とした「ベストパフォーマンス賞」、U20・高校・中学を対象とした「ネクストジェネレーション賞」が設定。

「ベストパフォーマンス賞」にはオレゴン世界選手権で2連覇を飾った男子20㎞競歩の山西利和(愛知製鋼)、同女子やり投で銅メダルに輝いた北口榛花(JAL)ら代表組や、日本選手権チャンピオンらがノミネート。11月6日の全日本大学駅伝MVPの田澤廉(駒大)も世界選手権代表として入っている。

「ネクストジェネレーション賞」には、オレゴン世界選手権、U20世界選手権両代表となった栁田大輝(東洋大)、U20世界選手権女子ハンマー投で史上初の銅メダルに輝いた村上来花(九州共立大)、徳島インターハイMVPの紺野稜真(九里学園高3山形)、林美希(中京大中京高2愛知)らがノミネートされた。

さらに、ノミネート選手に限らず陸上の普及・発展にチャレンジした人・団体に贈られる「ベストチャレンジ賞」」を新設。3部門のナンバーワンが決まる。

投票、ノミネート選手一覧は日本陸連サイトから。

投票締め切りは11月13日(日)23時59分まで

日本陸連はオンラインにて「JAAFファン投票2022」を開催中だ。 オレゴン世界選手権をはじめとした2022年の日本陸上界を振り返り、各テーマのナンバーワンをファンからの投票で決定する。 今年は、昨年と同様のトップアスリートを対象とした「ベストパフォーマンス賞」、U20・高校・中学を対象とした「ネクストジェネレーション賞」が設定。 「ベストパフォーマンス賞」にはオレゴン世界選手権で2連覇を飾った男子20㎞競歩の山西利和(愛知製鋼)、同女子やり投で銅メダルに輝いた北口榛花(JAL)ら代表組や、日本選手権チャンピオンらがノミネート。11月6日の全日本大学駅伝MVPの田澤廉(駒大)も世界選手権代表として入っている。 「ネクストジェネレーション賞」には、オレゴン世界選手権、U20世界選手権両代表となった栁田大輝(東洋大)、U20世界選手権女子ハンマー投で史上初の銅メダルに輝いた村上来花(九州共立大)、徳島インターハイMVPの紺野稜真(九里学園高3山形)、林美希(中京大中京高2愛知)らがノミネートされた。 さらに、ノミネート選手に限らず陸上の普及・発展にチャレンジした人・団体に贈られる「ベストチャレンジ賞」」を新設。3部門のナンバーワンが決まる。 投票、ノミネート選手一覧は日本陸連サイトから。 投票締め切りは11月13日(日)23時59分まで

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.21

5000m廣中璃梨佳が出場取り止め 青木益未、佐藤圭汰らも欠場へ 日本選手権正式エントリー発表

日本陸連は6月21日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)の正式エントリー選手を発表した。 日本選手権は6月7日まで参加申し込みが行われ、14日に […]

NEWS 七種競技・山﨑有紀「自己ベストで優勝」大玉華鈴「6000点目指したい」/日本選手権混成

2024.06.21

七種競技・山﨑有紀「自己ベストで優勝」大玉華鈴「6000点目指したい」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 女子七種競技の日 […]

NEWS 世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

2024.06.21

世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 男子十種競技で前 […]

NEWS 20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

2024.06.21

20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

6月20日、富士通は所属する競歩の髙橋英輝が同日付で引退することを発表した。 髙橋は岩手県花巻市出身の31歳。小学校ではサッカー、中学校ではソフトテニス部だったが、陸上の大会前になると特設された陸上部に所属し、長距離ラン […]

NEWS ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

2024.06.21

ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

7月7日に行われる第44回ゴールドコーストマラソンに先立ち、大会事務局は6月20日、21日に男女の招待選手を発表した。 日本からは男女17人の選手が招待。男子ではパリ五輪マラソンの補欠に選ばれている川内優輝(あいおいニッ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top