HOME 駅伝

2022.11.06

駒大3連覇で3冠に王手!大八木弘明監督「攻めの走りをしてくれた」2年連続アンカー花尾「去年は1人で寂しかった」/全日本大学駅伝
駒大3連覇で3冠に王手!大八木弘明監督「攻めの走りをしてくれた」2年連続アンカー花尾「去年は1人で寂しかった」/全日本大学駅伝

◇第54回全日本大学駅伝(11月6日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km)

大学駅伝日本一を決める全日本大学駅伝が行われ、駒大が3連覇を達成した。2年前に同校が作った大会記録(5時間11分08秒)を4分以上大きく更新する5時間06分47秒の大会新。15回目の優勝となった。

過去2回はコロナ禍のため、走り終えた選手たちは現地で解散。だが、今年は違った。2年連続アンカーを務めた花尾恭輔(3年)の視線の先には仲間たちがいる。「去年は1人で寂しかったですが、今日はみんながいてくれた」。3本指を高々と掲げてフィニッシュした。

大八木弘明監督は「5時間10分台を目標にしていましたがこんなタイムが出るとは。選手たちがよく走ってくれて感謝しています。本当にうれしいです」と満面の笑みを浮かべる。

1区の円健介(4年)は初の大学駅伝ながら区間4位と好発進。青学大が大きく飛び出すが「集団の中でしっかり溜めてラストで追いつこうと思った」と冷静に対応した。ここから「攻めの走りをしてくれた」と指揮官が言うように圧巻のタスキリレーが始まる。

出雲駅伝で衝撃の区間賞デビューを飾ったスーパールーキーの佐藤圭汰は、区間新となる31分13秒で区間2位。最後は創価大の葛西潤(4年)との競り合いに負けて「悔いが残ります」と振り返るも、堂々の伊勢路デビューだった。

「前日から怖かった」という主将の山野力(4年)。頼もしいルーキーに「離して(タスキを)持ってきて」とお願いしていたそうだが、実際はほぼ同時でタスキを受ける。「震えながら走った」と冗談めかすも、そこは主将。しっかりトップへ立った。

ここからは一度もトップを譲らない。こちらも1年生の山川拓馬は「前半、抑えながらも速いペースで」走り出すと、「監督の声で『やってやろう』と思いました」と快走。33分41秒の区間賞で独走態勢を築いた。

篠原倖太朗(2年)も区間2位、安原太陽(3年)は区間4位。決して大崩れしない強さが駒大にあった。そして、驚異的な走りを見せたのが、やはりこの男・田澤廉(4年)。4年連続区間賞を7区49分38秒という圧巻の区間新記録で締めくくった。「走る前の状態が良かったので自分の中で49分台を目標に走りました」と、淡々と振り返るあたり、役者が違った。

出雲駅伝でアンカーを務めた鈴木芽吹(3年)を補欠に温存。それでも他校に影をも踏ませず完勝を果たした。花尾は「3冠が目標だったので(全日本大学駅伝は)絶対に勝たないといけないと思っていました」。そして、「ラスト1冠。優勝して監督を笑顔にしたいです」と語る。

これまで、1998年、2013年と過去2回2冠を果たしたものの、未だ手にしたことのない大学駅伝3冠に王手をかけた駒大。3度目の正直で悲願達成なるか。

■駒大Vメンバー
1区 円  健介(4年) 4位27分17秒    
2区 佐藤 圭汰(1年) 2位31分13秒=区間新(通過2位)
3区 山野  力(4年) 5位34分01秒(通過1位)
4区 山川 拓馬(1年) 1位33分41秒(通過1位)
5区 篠原倖太朗(2年) 2位35分50秒(通過1位)
6区 安原 太陽(3年) 4位37分27秒(通過1位)
7区 田澤  廉(4年) 1位49分38秒=区間新(通過1位)
8区 花尾 恭輔(3年) 1位57分30秒(通過1位)
補欠
東山静也(4年)、青柿響(3年)、鈴木芽吹(3年)、赤星雄斗(3年)、吉本真啓(2年)

◇第54回全日本大学駅伝(11月6日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km) 大学駅伝日本一を決める全日本大学駅伝が行われ、駒大が3連覇を達成した。2年前に同校が作った大会記録(5時間11分08秒)を4分以上大きく更新する5時間06分47秒の大会新。15回目の優勝となった。 過去2回はコロナ禍のため、走り終えた選手たちは現地で解散。だが、今年は違った。2年連続アンカーを務めた花尾恭輔(3年)の視線の先には仲間たちがいる。「去年は1人で寂しかったですが、今日はみんながいてくれた」。3本指を高々と掲げてフィニッシュした。 大八木弘明監督は「5時間10分台を目標にしていましたがこんなタイムが出るとは。選手たちがよく走ってくれて感謝しています。本当にうれしいです」と満面の笑みを浮かべる。 1区の円健介(4年)は初の大学駅伝ながら区間4位と好発進。青学大が大きく飛び出すが「集団の中でしっかり溜めてラストで追いつこうと思った」と冷静に対応した。ここから「攻めの走りをしてくれた」と指揮官が言うように圧巻のタスキリレーが始まる。 出雲駅伝で衝撃の区間賞デビューを飾ったスーパールーキーの佐藤圭汰は、区間新となる31分13秒で区間2位。最後は創価大の葛西潤(4年)との競り合いに負けて「悔いが残ります」と振り返るも、堂々の伊勢路デビューだった。 「前日から怖かった」という主将の山野力(4年)。頼もしいルーキーに「離して(タスキを)持ってきて」とお願いしていたそうだが、実際はほぼ同時でタスキを受ける。「震えながら走った」と冗談めかすも、そこは主将。しっかりトップへ立った。 ここからは一度もトップを譲らない。こちらも1年生の山川拓馬は「前半、抑えながらも速いペースで」走り出すと、「監督の声で『やってやろう』と思いました」と快走。33分41秒の区間賞で独走態勢を築いた。 篠原倖太朗(2年)も区間2位、安原太陽(3年)は区間4位。決して大崩れしない強さが駒大にあった。そして、驚異的な走りを見せたのが、やはりこの男・田澤廉(4年)。4年連続区間賞を7区49分38秒という圧巻の区間新記録で締めくくった。「走る前の状態が良かったので自分の中で49分台を目標に走りました」と、淡々と振り返るあたり、役者が違った。 出雲駅伝でアンカーを務めた鈴木芽吹(3年)を補欠に温存。それでも他校に影をも踏ませず完勝を果たした。花尾は「3冠が目標だったので(全日本大学駅伝は)絶対に勝たないといけないと思っていました」。そして、「ラスト1冠。優勝して監督を笑顔にしたいです」と語る。 これまで、1998年、2013年と過去2回2冠を果たしたものの、未だ手にしたことのない大学駅伝3冠に王手をかけた駒大。3度目の正直で悲願達成なるか。 ■駒大Vメンバー 1区 円  健介(4年) 4位27分17秒     2区 佐藤 圭汰(1年) 2位31分13秒=区間新(通過2位) 3区 山野  力(4年) 5位34分01秒(通過1位) 4区 山川 拓馬(1年) 1位33分41秒(通過1位) 5区 篠原倖太朗(2年) 2位35分50秒(通過1位) 6区 安原 太陽(3年) 4位37分27秒(通過1位) 7区 田澤  廉(4年) 1位49分38秒=区間新(通過1位) 8区 花尾 恭輔(3年) 1位57分30秒(通過1位) 補欠 東山静也(4年)、青柿響(3年)、鈴木芽吹(3年)、赤星雄斗(3年)、吉本真啓(2年)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日)

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日/神奈川・平塚、ハンマー投のみ東海大) ●男子 100m   200m   400m   800m   1500m  東秀太(広島経大3)  3分49秒40 50 […]

NEWS 100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

2024.06.14

100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

◇日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)1日目 “学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権の1日目が行われ、女子100mハードルは髙橋亜珠(筑波大)が13秒35(+0.3)をマーク […]

NEWS パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

2024.06.14

パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

今夏のパリ五輪出場資格の獲得条件となる世界陸連(WA)のワールドランキング(Road to Paris)が更新された。6月7日~12日に行われた欧州選手権の結果が反映され、各種目で日本人が順位を落としている。 パリ五輪の […]

NEWS 久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、第40回U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top