HOME 駅伝

2022.11.03

黒崎播磨が悲願の初V!細谷恭平&田村兄弟らが区間賞、九電工、トヨタ自動車九州が続く/九州実業団毎日駅伝
黒崎播磨が悲願の初V!細谷恭平&田村兄弟らが区間賞、九電工、トヨタ自動車九州が続く/九州実業団毎日駅伝

◇第59回九州実業団毎日駅伝(福岡・7区間80.2km)

来年1月1日の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)の予選会となる、第59回九州実業団毎日駅伝が行われ、黒崎播磨が3時間52分29秒で初優勝を飾った。これで12年連続35回目の全日本大会出場決定。

黒崎播磨は1区の田村友佑が区間賞発進。2区以降、一度もトップを譲らず4~6区は田村友伸、細谷恭平、長倉奨美と連続区間賞と盤石の走りを見せた。今年のニューイヤー駅伝では6位だった黒崎播磨がうれしい初九州制覇。

2位には九電工が入り、トヨタ自動車九州は3位。名門・旭化成は5位。8位の戸上電機製作所までがニューイヤー駅伝の切符をつかんだ。

ニューイヤー駅伝は2023年1月1日、群馬県庁を発着とする7区間100kmで争われる。

■第59回九州実業団毎日駅伝 成績
1位 黒崎播磨 3時間52分29秒
2位 九電工 3時間54分03秒
3位 トヨタ自動車九州 3時間54分23秒
4位 安川電機 3時間55分49秒
5位 旭化成A 3時間55分53秒
6位 三菱重工 3時間56分48秒
OP 実業団混成チームA 3時間57分37秒
7位 西鉄 3時間59分01秒
OP 実業団混成チームB 4時間00分29秒
8位 戸上電機製作所 4時間00分41秒
―以上全日本出場権獲得―  
OP 実業団混成チームC 4時間02分22秒
9位 ひらまつ病院 4時間07分07秒
10位 日置市役所 4時間6分03秒
11位 旭化成延岡 4時間16分33秒
12位 IBUUKI R.B 4時間16分33秒
13位 大分選抜 4時間17分58秒
14位 京セラ鹿児島 4時間18分13秒
15位 佐賀陸協選抜 4時間20分21秒
16位 国分自衛隊 4時間28分50秒

●区間賞一覧
1区 田村友佑(黒崎播磨) 36分58秒
2区 ベナード・コエチ(九電工) 18分40秒
3区 牧瀬圭斗(トヨタ自動車九州) 31分21秒
4区 田村友伸(黒崎播磨) 27分21秒
5区 細谷恭平(黒崎播磨) 38分03秒
6区 長倉奨美(黒崎播磨) 31分39秒
7区 大塚祥平(九電工) 47分01秒

◇第59回九州実業団毎日駅伝(福岡・7区間80.2km) 来年1月1日の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)の予選会となる、第59回九州実業団毎日駅伝が行われ、黒崎播磨が3時間52分29秒で初優勝を飾った。これで12年連続35回目の全日本大会出場決定。 黒崎播磨は1区の田村友佑が区間賞発進。2区以降、一度もトップを譲らず4~6区は田村友伸、細谷恭平、長倉奨美と連続区間賞と盤石の走りを見せた。今年のニューイヤー駅伝では6位だった黒崎播磨がうれしい初九州制覇。 2位には九電工が入り、トヨタ自動車九州は3位。名門・旭化成は5位。8位の戸上電機製作所までがニューイヤー駅伝の切符をつかんだ。 ニューイヤー駅伝は2023年1月1日、群馬県庁を発着とする7区間100kmで争われる。 ■第59回九州実業団毎日駅伝 成績 1位 黒崎播磨 3時間52分29秒 2位 九電工 3時間54分03秒 3位 トヨタ自動車九州 3時間54分23秒 4位 安川電機 3時間55分49秒 5位 旭化成A 3時間55分53秒 6位 三菱重工 3時間56分48秒 OP 実業団混成チームA 3時間57分37秒 7位 西鉄 3時間59分01秒 OP 実業団混成チームB 4時間00分29秒 8位 戸上電機製作所 4時間00分41秒 ―以上全日本出場権獲得―   OP 実業団混成チームC 4時間02分22秒 9位 ひらまつ病院 4時間07分07秒 10位 日置市役所 4時間6分03秒 11位 旭化成延岡 4時間16分33秒 12位 IBUUKI R.B 4時間16分33秒 13位 大分選抜 4時間17分58秒 14位 京セラ鹿児島 4時間18分13秒 15位 佐賀陸協選抜 4時間20分21秒 16位 国分自衛隊 4時間28分50秒 ●区間賞一覧 1区 田村友佑(黒崎播磨) 36分58秒 2区 ベナード・コエチ(九電工) 18分40秒 3区 牧瀬圭斗(トヨタ自動車九州) 31分21秒 4区 田村友伸(黒崎播磨) 27分21秒 5区 細谷恭平(黒崎播磨) 38分03秒 6区 長倉奨美(黒崎播磨) 31分39秒 7区 大塚祥平(九電工) 47分01秒

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top