HOME 特集

2022.10.05

3年ぶり開催!故郷の思い胸に多田修平、坂井隆一郎、高山峻野、兒玉芽生、田中希実、北口榛花ら参戦/栃木国体成年展望
3年ぶり開催!故郷の思い胸に多田修平、坂井隆一郎、高山峻野、兒玉芽生、田中希実、北口榛花ら参戦/栃木国体成年展望

第77回国民体育大会「いちご一会とちぎ国体」の陸上競技が10月6日から10日までの5日間、カンセキスタジアムとちぎで行われる。過去2年はコロナ禍で中止となり、開催は2019年の茨城大会以来3年ぶり。各世代の国内トップ選手が集い、都道府県代表として激しく争う。ここでは成年種目を展望していく。

成年男子では100mが注目種目になるだろう。オレゴン世界選手権で準決勝に進んだ坂井隆一郎(大阪・大阪ガス)や、4×100mリレーでオレゴン世界選手権に出場し、U20世界選手権では金メダルメンバーの栁田大輝(群馬・東洋大)がエントリー。さらに、10秒10の和田遼(京都・東洋大)や10秒11の原田暁(福岡・福岡大)、ドーハ世界選手権4×100mリレー銅メダルメンバーの白石黄良々(鹿児島・セレスポ)も参戦する。

400mに代わって新種目の300mでは、佐藤風雅(那須環境技術センター)や川端魁人(中京大クラブ)、中島佑気ジョセフ(東京・東洋大)のオレゴン世界選手権男子4×400mリレー4位メンバーに加え、日本インカレ200m優勝の鵜澤飛羽(筑波大)らの争いとなりそうだ。110mハードルでは夏場から好調の高山峻野(広島・ゼンリン)に記録面も含めて注目。10000m競歩には東京五輪、世界選手権の20kmでいずれも銀メダルを獲得した池田向希(静岡・旭化成)が世界トップクラスのパフォーマンスを見せる。

走幅跳では8m17の自己記録を持つ山川夏輝(佐賀・佐賀県スポーツ協会)や、8m12の吉田弘道(兵庫・神崎陸協)の他、東京五輪代表の津波響樹(沖縄・大塚製薬)、藤原孝輝(滋賀・東洋大)も優勝候補。三段跳は17m00の伊藤陸(三重・近大高専)と日本インカレ王者・安立雄斗(広島・福岡大)が走幅跳と合わせて2種目に名を連ねた。また、少年種目がないため、徳島インターハイで地元優勝を果たした吉田康晟(徳島・富岡東高)も出場する。やり投に出場する世界選手権9位のディーン元気(兵庫・ミズノ)はどんなアーチを描くか。

成年女子も100mに注目。9月下旬の全日本実業団で日本歴代2位の11秒24をマークした兒玉芽生(大分・ミズノ)が、気象も含めて条件次第で0.03秒差に迫った日本記録を塗り替えるかもしれない。このほか、オレゴン世界選手権4×100mリレー代表の君嶋愛梨沙(山口・土木管理総合)や青山華依(大阪・甲南大)も参戦。100mハードル日本記録(12秒73)の福部真子(日本建設工業)もフラットレースに挑む。

800mには、東京五輪1500m8位の田中希実(兵庫・豊田自動織機)や、田中と同学年でこの種目が専門の塩見綾乃(京都・岩谷産業)、川田朱夏(大阪・ニコニコのり)が出場。5000mには廣中璃梨佳(長崎・日本郵政グループ)が主導権を握るだろう。

今大会の個人最終種目となる5000m競歩は、少年種目にないため、高校生も参戦。U20世界選手権10000m銀メダリストの大山藍(鹿児島・鹿児島女高)が、今夏世界選手権50km代表の園田世玲奈(三重・NTN)に挑む。高校記録(21分33秒44)やU20日本記録(21分24秒40)を更新できるか。

フィールド種目でひと際存在感を放つのは女子やり投の北口榛花(北海道・JAL)。世界3位の投てきを見せてくれるに違いない。走幅跳は世界選手権出場の秦澄美鈴(大阪・シバタ工業)と、日本インカレVの髙良彩花(兵庫・筑波大)を中心に盛り上がるはずだ。

走高跳では、右膝の前十字靱帯断裂から復活し、全日本実業団で日本歴代10位の1m85をマークした津田シェリアイ(大阪・築地銀だこ)が自己ベストをさらに更新できるか。棒高跳は高校生も参戦。高校記録(4m16)保持者の村田蒼空(群馬・前橋女高)や、インターハイ女王の小林美月(東京・明星学園高)は記録にも注目だ。

リレー種目は、これまでの男女それぞれの成年少年共通4×100mに加え、新たに成年少年共通男女混合4×400mが行われる。

男子4×100mでは、大阪から多田修平(住友電工)が出場する見込みで、坂井との強力コンビとなりそうだ。女子4×100mは北海道が成年に世界選手権代表の御家瀬緑(住友電工)と石堂陽奈(環太平洋大)を擁し、少年世代も強力だ。混合マイルは、少なくとも少年世代を男女それぞれ1人ずつ起用するルール。決勝は全種目の最後に行われ、どんなフィナーレを迎えるのだろうか。

※表記に誤りがあり、一部修正いたしました

第77回国民体育大会「いちご一会とちぎ国体」の陸上競技が10月6日から10日までの5日間、カンセキスタジアムとちぎで行われる。過去2年はコロナ禍で中止となり、開催は2019年の茨城大会以来3年ぶり。各世代の国内トップ選手が集い、都道府県代表として激しく争う。ここでは成年種目を展望していく。 成年男子では100mが注目種目になるだろう。オレゴン世界選手権で準決勝に進んだ坂井隆一郎(大阪・大阪ガス)や、4×100mリレーでオレゴン世界選手権に出場し、U20世界選手権では金メダルメンバーの栁田大輝(群馬・東洋大)がエントリー。さらに、10秒10の和田遼(京都・東洋大)や10秒11の原田暁(福岡・福岡大)、ドーハ世界選手権4×100mリレー銅メダルメンバーの白石黄良々(鹿児島・セレスポ)も参戦する。 400mに代わって新種目の300mでは、佐藤風雅(那須環境技術センター)や川端魁人(中京大クラブ)、中島佑気ジョセフ(東京・東洋大)のオレゴン世界選手権男子4×400mリレー4位メンバーに加え、日本インカレ200m優勝の鵜澤飛羽(筑波大)らの争いとなりそうだ。110mハードルでは夏場から好調の高山峻野(広島・ゼンリン)に記録面も含めて注目。10000m競歩には東京五輪、世界選手権の20kmでいずれも銀メダルを獲得した池田向希(静岡・旭化成)が世界トップクラスのパフォーマンスを見せる。 走幅跳では8m17の自己記録を持つ山川夏輝(佐賀・佐賀県スポーツ協会)や、8m12の吉田弘道(兵庫・神崎陸協)の他、東京五輪代表の津波響樹(沖縄・大塚製薬)、藤原孝輝(滋賀・東洋大)も優勝候補。三段跳は17m00の伊藤陸(三重・近大高専)と日本インカレ王者・安立雄斗(広島・福岡大)が走幅跳と合わせて2種目に名を連ねた。また、少年種目がないため、徳島インターハイで地元優勝を果たした吉田康晟(徳島・富岡東高)も出場する。やり投に出場する世界選手権9位のディーン元気(兵庫・ミズノ)はどんなアーチを描くか。 成年女子も100mに注目。9月下旬の全日本実業団で日本歴代2位の11秒24をマークした兒玉芽生(大分・ミズノ)が、気象も含めて条件次第で0.03秒差に迫った日本記録を塗り替えるかもしれない。このほか、オレゴン世界選手権4×100mリレー代表の君嶋愛梨沙(山口・土木管理総合)や青山華依(大阪・甲南大)も参戦。100mハードル日本記録(12秒73)の福部真子(日本建設工業)もフラットレースに挑む。 800mには、東京五輪1500m8位の田中希実(兵庫・豊田自動織機)や、田中と同学年でこの種目が専門の塩見綾乃(京都・岩谷産業)、川田朱夏(大阪・ニコニコのり)が出場。5000mには廣中璃梨佳(長崎・日本郵政グループ)が主導権を握るだろう。 今大会の個人最終種目となる5000m競歩は、少年種目にないため、高校生も参戦。U20世界選手権10000m銀メダリストの大山藍(鹿児島・鹿児島女高)が、今夏世界選手権50km代表の園田世玲奈(三重・NTN)に挑む。高校記録(21分33秒44)やU20日本記録(21分24秒40)を更新できるか。 フィールド種目でひと際存在感を放つのは女子やり投の北口榛花(北海道・JAL)。世界3位の投てきを見せてくれるに違いない。走幅跳は世界選手権出場の秦澄美鈴(大阪・シバタ工業)と、日本インカレVの髙良彩花(兵庫・筑波大)を中心に盛り上がるはずだ。 走高跳では、右膝の前十字靱帯断裂から復活し、全日本実業団で日本歴代10位の1m85をマークした津田シェリアイ(大阪・築地銀だこ)が自己ベストをさらに更新できるか。棒高跳は高校生も参戦。高校記録(4m16)保持者の村田蒼空(群馬・前橋女高)や、インターハイ女王の小林美月(東京・明星学園高)は記録にも注目だ。 リレー種目は、これまでの男女それぞれの成年少年共通4×100mに加え、新たに成年少年共通男女混合4×400mが行われる。 男子4×100mでは、大阪から多田修平(住友電工)が出場する見込みで、坂井との強力コンビとなりそうだ。女子4×100mは北海道が成年に世界選手権代表の御家瀬緑(住友電工)と石堂陽奈(環太平洋大)を擁し、少年世代も強力だ。混合マイルは、少なくとも少年世代を男女それぞれ1人ずつ起用するルール。決勝は全種目の最後に行われ、どんなフィナーレを迎えるのだろうか。 ※表記に誤りがあり、一部修正いたしました

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.17

観客を“より楽しませる”工夫がいっぱい!! 陸上界に携わる有志が欧州選手権を視察

6月7日から12日までの6日間、第26回ヨーロッパ陸上競技選手権がイタリアのローマで開催されたが、日本の陸上界に関わる有志が個人的な活動で集い、チームを作ってこの大会を視察。目の肥えた熱心なファンが多い“陸上の本場”で行 […]

NEWS 110mH古賀ジェレミーが13秒91!11年ぶり高2最高「自信持って楽しみました」全国で13秒8台へ/IH南関東

2024.06.17

110mH古賀ジェレミーが13秒91!11年ぶり高2最高「自信持って楽しみました」全国で13秒8台へ/IH南関東

◇インターハイ南関東地区大会(6月14~17日/東京・駒沢陸上競技場、大井陸上競技場)4日目 夏の福岡インターハイ出場を懸けた南関東地区大会の4日目が行われ、男子110mハードルで古賀ジェレミー(東京2)が優勝した。村竹 […]

NEWS ぴあ株式会社が東京世界陸上とスポンサー契約を締結 多くの大規模イベントでチケッティングサービスの実績

2024.06.17

ぴあ株式会社が東京世界陸上とスポンサー契約を締結 多くの大規模イベントでチケッティングサービスの実績

東京2025世界陸上財団は6月178日、ぴあ株式会社とスポンサー契約を締結したことを発表した。これまで多くのイベントでチケットの販売や入場管理業務の実績を持つ同社は、2025年に開催される東京世界陸上をサポートしていくと […]

NEWS ケジェルチャが10000m世界歴代7位の26分31秒01! アレガヴィも歴代8位 17歳メハリーが26分37秒93

2024.06.17

ケジェルチャが10000m世界歴代7位の26分31秒01! アレガヴィも歴代8位 17歳メハリーが26分37秒93

6月14日、エチオピアの10000m五輪トライアルがスペイン・ネルハで開催され、男子10000mではドーハ世界選手権銀メダルのY.ケジャルチャが今季世界最高、世界歴代7位の26分31秒01で優勝した。 ケジャルチャは東京 […]

NEWS ワニョニイが800m歴代3位の1分41秒70 オマニャラ9秒79 キピエゴンは1500m、5000mで五輪代表に

2024.06.17

ワニョニイが800m歴代3位の1分41秒70 オマニャラ9秒79 キピエゴンは1500m、5000mで五輪代表に

6月14~15日、ケニア・ナイロビでケニアの五輪選考会が開催され、男子800mではブダペスト世界選手権銀メダルのE.ワニョニイが世界歴代3位の1分41秒70で優勝した。 19歳のワニョニイは、昨年の世界選手権銀メダリスト […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top