月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

5000m田中希実 オレゴンで3種目5レースの締めくくり「これからも挑戦していきたい」/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)9日目

オレゴン世界陸上9日目のイブニングセッションに行われた女子5000m決勝。田中希実(豊田自動織機)がオレゴンでのラストレースに挑んだ。

今大会は800m、1500m、5000mの3種目にエントリー。これが5レース目で、「疲労の不安」もあった。

「3種目挑戦して良かったと思える終わり方をしたい」と話していた田中はスタートラインに立って笑顔を見せる。最後のレース、5000mがスタートした。

普段なら序盤から果敢に前に出ていくが、超スローペースのなか、今回はやや抑え気味の走り出し。「疲労とラストでの勝負」を考えて自分で引っ張ることは考えていなかったという。中盤までは先頭集団についていった。

だが、先頭のペースはどんどんと上がり、前の選手の背中が遠くなっていく。「最後まで食らいつくことができなかった」。15分19秒35の12位。「全部が中途半端になってしまった」と悔しさが残るものとなった。

今回の挑戦を終えて「一つひとつのレースで反省点があった」と激動の日々を振り返る。東京五輪では1500m8位という快挙を成し遂げていた田中。世界陸上では「意識していた」という入賞には届かなかった。

それでも、前人未踏の3種目5レースを走破。今回の結果は目指していたものとは違うのかもしれないが、東京五輪同様に集団のトップへ躍り出るなど攻めのレースを披露した。「これからも挑戦していきたい」。世界で戦う姿は、日本の中長距離を引っ張るエースそのものだった。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com