月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

1日目スタートリストが発表!3種目出場の田中希実は女子1500m予選2組、男子3000m障害予選は山口、三浦、青木の順で登場!/世界陸上

7月15日(現地時間)に開幕するオレゴン世界選手権の1日目のスタートリストが発表された。

日本勢のトップバッターを務める男子走高跳は、日本選手権王者の真野友博(九電工)が予選A組、赤松諒一(アワーズ)がB組に入り、予選通過標準の2m30に挑む。

トラックで先陣を切る男女混合4×400mリレーは、日本は2連覇を狙う地元米国、東京五輪金メダルのポーランドと同じ予選1組となった。

イブニング・セッションでは、男子3000m障害予選は山口浩勢(愛三工業)、三浦龍司(順大)、青木涼真(Honda)の順に登場。3組3着+6の決勝進出条件の中でどんなレースを見せるか。東京五輪金メダルのソフィアン・エル・バッカリ(モロッコ)が1組、今季7分台を連発しているラメチャ・ギルマ(エチオピア)は2組に入った。

男子走幅跳予選は2大会連続入賞を目指す橋岡優輝(富士通)がA組、初代表の山川夏輝(佐賀県スポ協)がB組に。予選通過標準記録は前回や東京五輪と同じ8m15に設定された。

女子1500m予選は、3種目に挑む田中希実(豊田自動織機)が五輪2連覇中のフェイス・キピエゴン(ケニア)と同じ2組、卜部蘭(積水化学)は1組に入った。

なお、男子100mは午前の部の予備予選を終えた段階で、組み分けが発表される。

このほか、男子20km競歩では日本の最大のライバルと見られた東京五輪金メダルのマッシモ・スタノ(イタリア)がエントリーしていない。また、女子1500mでは前回覇者のシファン・ハッサン(オランダ)も登録しなかった。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com