月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

2018年アジア大会800m代表の村島匠が競技引退 「新しい人生を自分らしく生きます」

2018年アジア大会男子800m代表の村島匠が、自身のSNSで競技引退を発表した。

村島は富山商高3年時に北信越大会で1500m、5000m、3000m障害の3種目制覇を達成し、インターハイでは1500mで優勝。順大1年時には3000m障害で関東インカレ優勝、アジア・ジュニア選手権に出場するなど、マルチランナーとして活躍した。当初は箱根駅伝に憧れて長距離に取り組んでいたものの、3年時から中距離に転向。未知の才能を開花させ、4年時には800mで日本インカレを制した。

大学卒業後の2017年5月に行われた静岡国際800mで、当時・日本歴代7位(現15位)の1分47秒01をマーク。同年8月のアジア大会にも出場し、翌年のアジア選手権では6位に入賞した。

現役を続けながらJAAF公認ジュニアコーチの資格を持つ指導者としての一面も持ち、今年5月の静岡国際では自己記録に迫るセカンドベストの1分47秒43をマークしていた。

村島は自身のSNSで周囲への感謝をつづり、「5月末を持ちまして、所属から退き、並びに競技を引退致しました。これまでを糧に模索しながら、新しい人生を自分らしく生きます」とコメント。今後については未定だという。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com