月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

プーマジャパンと青学大短距離ブロックがパートナーシップを締結 今後の競技活動を支援


プーマジャパン株式会社(本社所在地:東京都品川区)は21日、青学大部短距離ブロックとのパートナーシップを締結し、トレーニングウェア・競技向けウェアなどのチームウェアをサポートするとともに、チームの競技活動を支援していくことを発表した。

青学大短距離ブロックは、2022年日本選手権女子400m7位の髙島咲季や同400mハードル6位の青木穂花、同800mのヒリアー紗璃苗ら、女子選手を中心に56名の選手が所属。チームスローガンの「百折不撓(ひゃくせつふとう)」を掲げ、目標に向かって挑戦していく活動姿勢は、プーマジャパンの“最速”を求めるアスリートに向けたプロダクト開発、サポートを行う理念に合致し、ブランドミッションである「Forever Faster」と共通する。また、女性アスリートが多く所属し活躍する姿は、2021年からスタートしたスポーツとカルチャーを通じた女性のエンパワーメントを目的としたプーマのブランドキャンペーンの「She Moves Us~私たちが今を変える~」にも通じるとしている。

【PUMAについて】
プーマは、フットウェア、アパレル、アクセサリーのデザイン、開発、販売、およびマーケティングを行うグローバルスポーツブランドであり、“最速”を求めるアスリートに向けたプロダクト開発を通し、70年以上にわたりスポーツとカルチャーの発展を加速させてきた。

現在は、フットボール、ランニング&トレーニング、バスケットボール、ゴルフ、モータースポーツなどのカテゴリーにおいて、各競技に向けたプロダクトとともに、それぞれのスポーツにインスパイアされたライフスタイルプロダクトを提供している。

また、スポーツの持つ素晴らしさをファッションやストリートカルチャーのシーンにも広げる取り組みを進めている。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com