月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

市船橋・佐藤葵唯がスプリント3冠!200m「イメージ通り」大会新の24秒08/IH南関東

◇インターハイ南関東大会(6月17日~20日/栃木県宇都宮市)

夏の徳島インターハイを懸けた南関東大会3日目に行われた女子200mは、佐藤葵唯(市船橋3千葉)が大会記録を0.13秒更新する24秒08(+1.5)で優勝。佐藤は100m(11秒82/-0.8)、4走を務めた4×100mリレー(45秒48=大会新)を含めて3冠を達成した。

予選は「前半しっかり突っ込んで、ラストをリラックスして走る」という感覚で24秒77(+0.4)。決勝は「予選と同じ前半は突っ込んだまま、ラストは接地のインパクトだけ意識しました」と言う。コーナーを抜けた時には後続と差を広げ、直線でも失速を抑えて推進力が衰えず。狙っていた23秒にわずかに届かなかったが「イメージ通りです」と笑顔を見せた。

100m、4×100mリレーの負荷もあり、やや膝裏に違和感があったというが、「走っている時は気になりませんでした」と佐藤。最終日には4×400mリレー決勝も控えており、出場となれば4冠が懸かる。

インターハイでは「100mは11秒7台、200mは23秒6台を出して優勝したいです」と佐藤。激戦の南関東でつかんだタイトルを背に、徳島で“イチフナ旋風”を巻き起こすつもりだ。

3日目に行われた男子200mは髙須楓翔(成田3千葉)が21秒00(-0.5)をマークして100mに続いて2冠。同800mは服部由弥(法政二3神奈川)が1分56秒62で優勝し、法政二が1~3位を独占した。同5000m競歩は岩下賢弥(3年)と守屋海斗(2年)の保土ケ谷(神奈川)がワンツー。女子800mは勝くるみ(白梅学園3東京)が2分08秒25の好記録で制している。男子ハンマー投は2年生の古谷聖人(小田原城北工・神奈川)が56m35の大幅自己新で優勝した。

地区大会は全11地区で開催。各種目上位6名(競歩、女子棒高跳、三段跳、ハンマー投は上位4位、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)が全国大会に出場。インターハイは8月3日から7日まで徳島県で開催される。

◇南関東大会3日目の優勝者一覧
男子
200m 髙須楓翔(成田3千葉) 21秒00(-0.5)
800m 服部由弥(法政二3神奈川) 1分56秒62
5000m競歩 岩下賢弥(保土ケ谷3神奈川) 22分30秒77
走高跳 福士 湊(明星学園2千葉) 2m04
ハンマー投 古谷聖人(小田原城北工2神奈川) 56m35
やり投 國安大悟(片倉2東京) 61m68

女子
200m 佐藤葵唯(市船橋3千葉) 24秒08(+1.5)=大会新
800m 勝くるみ(白梅学園3東京) 2分08秒25
走幅跳 白土莉紅(成田3千葉) 5m97(+0.1)

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com