HOME 駅伝

2022.06.02

早大・新駅伝監督の花田勝彦氏が就任会見 「日本を代表するような選手を育成したい」
早大・新駅伝監督の花田勝彦氏が就任会見 「日本を代表するような選手を育成したい」

箱根駅伝で総合優勝13回を誇る駅伝の名門、早稲田大学の駅伝監督に同大OBの花田勝彦氏が6月1日付で就任し、2日に早大の大隈会館で就任会見が行われた。

「早稲田大学競走部の駅伝監督を拝命したこと、非常に光栄に思っております。OB、OGや多くの早稲田ファンの皆さんの期待に応えられるようなチーム作りをしていきたいと思います」と就任にあたり抱負を口にした花田氏。今年の箱根駅伝で早大は、上位候補の一角に挙げられながらも、まさかの13位でシード権を逃しており、花田氏はその再建を託されることになった。

エスビー食品在籍時にオリンピックに2度(1996年アトランタ大会、2000年シドニー大会)出場した実績がある花田氏は、04年からは上武大駅伝部の監督として、同大を箱根駅伝初出場に導いた。そして、16年からはGMOインターネットグループ(GMOアスリーツ)監督としてトップ選手を指導し、チームをニューイヤー駅伝初出場に導いたほか、多くのマラソンランナーを育成。しかしながら、今年3月31日付で退任していた。

その退任の報告を、恩師である瀬古利彦氏にした際に、「相楽監督が苦労しているので、一緒に早稲田の練習を見に行かないか」と誘われたのをきっかけに練習を見に行くようになり、競走部の藤本浩志部長から駅伝監督へのオファーを受けたという。「母校をサポートできれば思っていた」という花田氏にとっては思わぬオファーだったが、承諾し、正式に就任に至った。

「練習を見始めてからまだ1ヵ月半ぐらいなので、チーム状況をしっかり掴めていませんが、個別に見ると非常に能力の高い選手はいます。今、駅伝では、特に箱根駅伝では、上位校から離されていますので、強豪校と競い合えるようなチーム作りをしていきたいと思っております。やはり皆さんが期待するのは駅伝の優勝だと思いますので、そこを目指していかなければならないと思っています」

一方で、駅伝だけでなく、“世界を舞台に活躍する”選手の育成も使命として課される。

「私は瀬古さんに『世界を目指してやってほしい』と言われて早稲田に来て、私自身もそれを目指して競技をやっていました。駅伝だけではなく、個人をしっかり育てるということも大事だと考えています。これから指導する中で、日本を代表するような選手を育成していきたい。そういった選手や、そこに近づいていく選手が、6人、8人、10人と揃っていけば、出雲駅伝や全日本大学駅伝、箱根駅伝と、戦えるチームになっていくと思います」。花田新監督自身がそうであったように、在学中だけでなく、将来をも見据えて、世界で戦える選手育成を誓っている。

また、相楽豊前監督も、チーム戦略アドバイザーとして、花田監督とともに引き続きチームの指導に当たる。「コーチ時代も含めて、17年間このチームに携わってきた経験値などを含めて、花田監督にいろいろ提案、協議をしながら、2人で“令和版”の強くて魅力ある早稲田大学競走部を作るために貢献していきたいと思います」と相楽氏。他に指導スタッフが入るかは未定だが、ひとまずは花田&相楽の2人体制で戦うことになる。

チームにとっては、まずは10月の箱根駅伝予選会突破が関門となる。そこは、花田監督のこれまでの指導者としての経験が生きてきそうだ。「上武大学で12年間、箱根駅伝を目指したチーム作りをやっていましたので、予選会のノウハウはあると思っています。ただ非常に高速化していますので、ノウハウを生かしつつも、GMOでの6年間の指導など、いろんなものをミックスしながら、確実に予選会を通るようなチーム作りをしていきたいなと思っています」

決して油断はないが、自信を覗かせる花田氏。新生早稲田がいよいよ指導。名門復活へ、その手腕に期待がかかる。

■花田勝彦氏プロフィール
1971年6月12日生まれ、50歳。滋賀・彦根東高時代からインターハイで入賞するなど全国大会で活躍。早大入学後は1年から箱根駅伝に出場し、1年3区6位、2年3区3位と好走すると、3年では4区区間賞でチームの8年ぶりとなる総合優勝にも貢献した。卒業後はエスビー食品に入社。五輪には96年アトランタ、00年シドニーと2大会連続で出場を果たし、シドニーの10000mでは15位に入った。04年に引退後は上武大の駅伝監督に就任。16年から今年3月までGMOインターネットグループで指揮を執った。

箱根駅伝で総合優勝13回を誇る駅伝の名門、早稲田大学の駅伝監督に同大OBの花田勝彦氏が6月1日付で就任し、2日に早大の大隈会館で就任会見が行われた。 「早稲田大学競走部の駅伝監督を拝命したこと、非常に光栄に思っております。OB、OGや多くの早稲田ファンの皆さんの期待に応えられるようなチーム作りをしていきたいと思います」と就任にあたり抱負を口にした花田氏。今年の箱根駅伝で早大は、上位候補の一角に挙げられながらも、まさかの13位でシード権を逃しており、花田氏はその再建を託されることになった。 エスビー食品在籍時にオリンピックに2度(1996年アトランタ大会、2000年シドニー大会)出場した実績がある花田氏は、04年からは上武大駅伝部の監督として、同大を箱根駅伝初出場に導いた。そして、16年からはGMOインターネットグループ(GMOアスリーツ)監督としてトップ選手を指導し、チームをニューイヤー駅伝初出場に導いたほか、多くのマラソンランナーを育成。しかしながら、今年3月31日付で退任していた。 その退任の報告を、恩師である瀬古利彦氏にした際に、「相楽監督が苦労しているので、一緒に早稲田の練習を見に行かないか」と誘われたのをきっかけに練習を見に行くようになり、競走部の藤本浩志部長から駅伝監督へのオファーを受けたという。「母校をサポートできれば思っていた」という花田氏にとっては思わぬオファーだったが、承諾し、正式に就任に至った。 「練習を見始めてからまだ1ヵ月半ぐらいなので、チーム状況をしっかり掴めていませんが、個別に見ると非常に能力の高い選手はいます。今、駅伝では、特に箱根駅伝では、上位校から離されていますので、強豪校と競い合えるようなチーム作りをしていきたいと思っております。やはり皆さんが期待するのは駅伝の優勝だと思いますので、そこを目指していかなければならないと思っています」 一方で、駅伝だけでなく、“世界を舞台に活躍する”選手の育成も使命として課される。 「私は瀬古さんに『世界を目指してやってほしい』と言われて早稲田に来て、私自身もそれを目指して競技をやっていました。駅伝だけではなく、個人をしっかり育てるということも大事だと考えています。これから指導する中で、日本を代表するような選手を育成していきたい。そういった選手や、そこに近づいていく選手が、6人、8人、10人と揃っていけば、出雲駅伝や全日本大学駅伝、箱根駅伝と、戦えるチームになっていくと思います」。花田新監督自身がそうであったように、在学中だけでなく、将来をも見据えて、世界で戦える選手育成を誓っている。 また、相楽豊前監督も、チーム戦略アドバイザーとして、花田監督とともに引き続きチームの指導に当たる。「コーチ時代も含めて、17年間このチームに携わってきた経験値などを含めて、花田監督にいろいろ提案、協議をしながら、2人で“令和版”の強くて魅力ある早稲田大学競走部を作るために貢献していきたいと思います」と相楽氏。他に指導スタッフが入るかは未定だが、ひとまずは花田&相楽の2人体制で戦うことになる。 チームにとっては、まずは10月の箱根駅伝予選会突破が関門となる。そこは、花田監督のこれまでの指導者としての経験が生きてきそうだ。「上武大学で12年間、箱根駅伝を目指したチーム作りをやっていましたので、予選会のノウハウはあると思っています。ただ非常に高速化していますので、ノウハウを生かしつつも、GMOでの6年間の指導など、いろんなものをミックスしながら、確実に予選会を通るようなチーム作りをしていきたいなと思っています」 決して油断はないが、自信を覗かせる花田氏。新生早稲田がいよいよ指導。名門復活へ、その手腕に期待がかかる。 ■花田勝彦氏プロフィール 1971年6月12日生まれ、50歳。滋賀・彦根東高時代からインターハイで入賞するなど全国大会で活躍。早大入学後は1年から箱根駅伝に出場し、1年3区6位、2年3区3位と好走すると、3年では4区区間賞でチームの8年ぶりとなる総合優勝にも貢献した。卒業後はエスビー食品に入社。五輪には96年アトランタ、00年シドニーと2大会連続で出場を果たし、シドニーの10000mでは15位に入った。04年に引退後は上武大の駅伝監督に就任。16年から今年3月までGMOインターネットグループで指揮を執った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.14

4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top