月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子3000mSCのリンズィー・ヘレナ芽衣とハンマー投のジョイ・マッカーサーが全米学生選手権の出場権獲得/全米学生選手権地区予選

6月8日から11日かけて米国オレゴン州ユージンで開催される全米学生選手権の地区予選が行われ、女子3000m障害のリンズィー・ヘレナ芽衣(バージニア大)と女子ハンマー投のジョイ・マッカーサー(南カリフォルニア大)が本大会出場を決めた。

神奈川県出身のリンズィーは中学時代から長距離や駅伝で活躍。2014年の全中1500mでは東京五輪8位の田中希実(当時・小野南中)らと競り合い、6位入賞を果たしている。市立金沢高校時代にはインターハイ南関東大会1500mで2連覇を飾ったほか、全国高校選抜の2000m障害で優勝した経歴を持つ。高校卒業後は留学のために渡米し、バージニア大では陸上部に所属。クロスカントリーで活躍したほか、今年5月13日には3000m障害で10分05秒68の自己新記録をマークしていた。

全米学生選手権の地区予選は東部(インディアナ州ブルーミントン)と西部(アリゾナ州フェイエットビル)に分かれて行われ、東部地区予選に出場したリンズィーはタイムレースで行われた3組目に出場。10分02秒27と自己記録をふたたび更新して、全体の11番目のタイムで成績上位者に与えられる本戦への出場権を手にした。

また、西部地区予選の女子ハンマー投には5月に日本歴代4位の66m61を投げているマッカーサーが出場し、63m10の12位で本大会へ駒を進めている。

全米学生選手権は今年の男子が100回の記念大会。2019年には男子短距離のサニブラウン・A・ハキーム(当時・フロリダ大)が出場し、100mで9秒97(+0.8)と当時の日本記録を樹立。200mも20秒08(+0.8)と両種目で銅メダルを獲得し、4×100mリレーでも全米学生新の37秒97で優勝を飾った。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com