月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

全国大会優勝経験者が躍動!女子棒高跳の村田が4m超え、ハッサンが復活のV/IH都府県大会ハイライト北関東

インターハイの都府県大会が各地で開催され、北関東地区(茨城、栃木、群馬、埼玉)の各大会が終了した。

埼玉県大会(5月11日~14日)では男子5000mの小山翔也(埼玉栄3)が14分12秒87の大会新で2連覇を達成。同じく八種競技の竹島祐人(坂戸西3)も大会記録を塗り替える5265点で2年連続優勝を飾った。

女子400mハードルを62秒97で制した阿部友(松山女3)は、七種競技でも4886点を獲得して2種目を制覇したほか、走高跳でも2位に入った。松山女では女子三段跳で昨年のU18大会優勝者である田中美憂(3年)も12m56の大会新で優勝している。女子走高跳では昨年の全中チャンピオンの髙橋美月(埼玉栄)が1m73で1年生優勝を達成。学校対抗は男子が埼玉栄、女子は昌平がそれぞれ優勝した。

群馬県大会(5月14日~17日)は2年生の今井悠貴(前橋育英)が男子1500m、5000mの2冠。タイムは3分59秒54、14分39秒96だった。上位2校が大会記録を上回った男子4×400mリレーは前橋育英が3分14秒22で東農大二を抑えて優勝。

女子棒高跳では5月5日に高校歴代4位の4m03を跳んでいる村田蒼空(前橋女3)が4m00で快勝。昨年の福井インターハイ覇者がその実力を示した。総合は男子が東農大二、女子が新島学園が制した。

茨城県大会(5月18日~21日)では男子スプリントでつくば秀英勢が活躍した。100mでは1年生の小室歩久斗が10秒81(-1.1)で優勝を飾ると、2位に平沼京樹(2年)、3位に會田聖也(1年)とメダルを独占。200mでも會田が1年生優勝を果たしたほか、4×100mリレーで2位、4×400mリレーでもV。走高跳、八種競技を制したつくば秀英は74点で男子総合優勝を果たした。

女子は3年前の全中100m、200m2冠のハッサン・ナワール(土浦日大3)がケガから復調し、100m12秒30(-2.5)で優勝。総合は茨城キリストがトップとなった。

栃木県大会(5月12日~15日)は男子三段跳の金井晃希(作新学院3)が大会記録を28年ぶりに更新する15m33(+0.4)で優勝。両リレーは白鴎大足利が41秒95、3分18秒37で頂点に立った。

女子400mは福田菜々子(白鴎大足利)と長島結衣(真岡女)が大会記録を上回る56秒84でフィニッシュしたが、同タイム着差ありで福田に軍配。100mハードルでは予選で14秒09の大会記録を樹立した中里百葉(3年)が連覇を達成した。学校対抗は男女ともに白鴎大足利が優勝を飾っている。

インターハイ出場を懸けた北関東大会は6月17日~20日に栃木県宇都宮市のカンセキスタジアムとちぎにて南関東大会と併催で行われる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com