HOME 国内

2022.05.17

福岡国際マラソン2022のWA大会ラベル格付け「エリート」に認定 前大会と同ラベルに
福岡国際マラソン2022のWA大会ラベル格付け「エリート」に認定 前大会と同ラベルに

日本陸連と福岡陸協は5月17日、「福岡国際マラソン2022」(12月4日予定)の世界陸連(WA)大会ラベルが「エリート」に決定したと発表した。

広告の下にコンテンツが続きます

「エリートラベル」は昨年12月に幕を下ろした「福岡国際マラソン選手権大会」と同ラベル。また、今大会は日本陸連ジャパンマラソンチャンピオンシップシリーズのグレード1にも申請予定としている。エリートラベルは福岡のほか、現時点で大阪国際女子マラソンや防府読売マラソンなど7大会が対象。

前進の福岡国際マラソンは「日本マラソンの父」金栗四三の功績を称え、1947年に「金栗賞朝日マラソン」として熊本で産声を上げ、1974年(28回大会)から「福岡国際マラソン」としてコースを変えながら続けられてきた。世界トップランナーが多く出場し、陸上世界遺産とも言える「ヘリテージプラーク」にも選出されている。昨年3月に経済面や注目度低下を理由に「継続は困難」とし、第75回大会(昨年12月5日開催)を持って幕が下ろされることが決定。だが、今年3月に後継大会が開催されることが決まった。

日本陸連と福岡陸協は5月17日、「福岡国際マラソン2022」(12月4日予定)の世界陸連(WA)大会ラベルが「エリート」に決定したと発表した。 「エリートラベル」は昨年12月に幕を下ろした「福岡国際マラソン選手権大会」と同ラベル。また、今大会は日本陸連ジャパンマラソンチャンピオンシップシリーズのグレード1にも申請予定としている。エリートラベルは福岡のほか、現時点で大阪国際女子マラソンや防府読売マラソンなど7大会が対象。 前進の福岡国際マラソンは「日本マラソンの父」金栗四三の功績を称え、1947年に「金栗賞朝日マラソン」として熊本で産声を上げ、1974年(28回大会)から「福岡国際マラソン」としてコースを変えながら続けられてきた。世界トップランナーが多く出場し、陸上世界遺産とも言える「ヘリテージプラーク」にも選出されている。昨年3月に経済面や注目度低下を理由に「継続は困難」とし、第75回大会(昨年12月5日開催)を持って幕が下ろされることが決定。だが、今年3月に後継大会が開催されることが決まった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

NEWS 2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

2024.02.29

2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

世界陸連(WA)の理事会は英国・グラスゴーで開かれ、世界選手権のトラック種目についての変更点を承認した。 世界選手権のトラック種目のうち、スプリントから800mまでのレースにおいて、準決勝と決勝で9レーン(利用可能な競技 […]

NEWS 2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

2024.02.29

2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

世界陸連(WA)は英国・グラスゴーで理事会を開き、2025年から夏季シーズンを再編すると発表した。 現在の主要カレンダーは、4月からダイヤモンドリーグやコンチネンタルツアーが本格化し、6月あたりに各国選手権が開催。主催す […]

NEWS 2027年世界陸上開催地は中国・北京に!15年以来2度目の実施で、25年東京に続く連続アジア開催に

2024.02.29

2027年世界陸上開催地は中国・北京に!15年以来2度目の実施で、25年東京に続く連続アジア開催に

世界陸連は2月28日、理事会を英国・グラスゴーで実施し、2027年の世界陸上開催地に中国・北京を選出した。 当地は2015年にも開催しており、12年ぶり2度目。2025年は東京で行われることが決まっており、2大会連続のア […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top