月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

福岡国際マラソン2022のWA大会ラベル格付け「エリート」に認定 前大会と同ラベルに

日本陸連と福岡陸協は5月17日、「福岡国際マラソン2022」(12月4日予定)の世界陸連(WA)大会ラベルが「エリート」に決定したと発表した。

「エリートラベル」は昨年12月に幕を下ろした「福岡国際マラソン選手権大会」と同ラベル。また、今大会は日本陸連ジャパンマラソンチャンピオンシップシリーズのグレード1にも申請予定としている。エリートラベルは福岡のほか、現時点で大阪国際女子マラソンや防府読売マラソンなど7大会が対象。

前進の福岡国際マラソンは「日本マラソンの父」金栗四三の功績を称え、1947年に「金栗賞朝日マラソン」として熊本で産声を上げ、1974年(28回大会)から「福岡国際マラソン」としてコースを変えながら続けられてきた。世界トップランナーが多く出場し、陸上世界遺産とも言える「ヘリテージプラーク」にも選出されている。昨年3月に経済面や注目度低下を理由に「継続は困難」とし、第75回大会(昨年12月5日開催)を持って幕が下ろされることが決定。だが、今年3月に後継大会が開催されることが決まった。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com